人気ブログランキング |

鳴門花見山の枝垂れ桜

2018.3.28(水) 晴れ
e0181373_21113207.jpg
 一昨日の朝、池田に行くときに高速から見た花見山は、まだ蕾のピンクが濃くて、2分咲きくらいかと思ったのですが、2日間で一気に咲いて、今日は満開。
e0181373_21124059.jpg
 花見山に来るのは4回目。今年はウンナンオウバイが不調でしたが、写真にするとその方が爽やかな感じです。マサキの黄色い若葉は変わらず旺盛でした。
e0181373_21111030.jpg
e0181373_21121978.jpg
       
e0181373_21131899.jpg
 大塚美術館にゴッホのヒマワリが集結というネット情報で、美術館は近くなのに行ったことがない、ヒマワリ7作品を並べて見ることができる、花見山にも去年は行かなかった、よし桜のいい時を狙って鳴門に行こうと相談していたのが、今日になりました。
 途中でNさんの友だちも一緒に行きたいとなって、三田から2人来られました。まずは大塚国際美術館から。陶板だから写真もOK、触ってもよしということでしたが、私が撮ったのは2点。
 これは日本に渡ってきて戦火で焼けてしまったという、幻の作品。写真集か何かから復元したのだそうです。バックが紺色のヒマワリは、もちろん初めて見ましたが、一番いいなと思いました。 
       
e0181373_21135383.jpg
 写真陶板なので所詮は偽物ですが、想像以上によくできていて、その技術に感心しました。原寸大だというのと世界各地のものが一時に見られるというのが、ここの売りで、とにかく広い!一日いても全部は見られないかもしれません。1,000点以上の作品(製品?)がある中で、興味深かったのが、「ナイル・モザイク」という大きなモザイク画。案内人の「葡萄棚」という言葉でよく見たら、古代エジプトの風俗やら自然やら。面白いとシャッターを押しました。これはごく一部分です。
 帰って来て検索したら、絶滅したはずの恐竜がいるとか謎の生物が描かれているとかで、けっこう有名な様子。YouTubeで改めて鑑賞しましたよ。
e0181373_21160612.jpg
 帰りがけに風の通る庭にも来てくれて、オープンガーデンの季節到来です。




by kochira703 | 2018-03-28 22:23 | 花巡り | Comments(2)
Commented by ちこ at 2018-03-29 21:22 x
すごいさくらですね。実際に目にしたら ため息でしょうね。
バックの青のひまわり きれいですね。
Commented by kochira703 at 2018-03-29 22:45
ちこさん、こんばんは。
10年目くらいの若い木ですが、山の斜面一帯に植えられています。
3年前に知ったのですが、年ごとに花見客が増えているのも当然ですね。
<< 植えっぱなし6年のチューリップ開花 原種チューリップ開花 >>