ヤマボウシの花

2018.5.16(水) 晴れのち曇り
e0181373_21063790.jpg
 小さな黄緑だったヤマボウシの花が、大きく白くなりました。後ろには、去年は枝を切っていないから、格別に大きくなった楷の木。おそらくは花にやった肥料が、楷の木まで育てているのでしょうね。それはちと困りもの。
 角度を変えて。今年は花数が多い気がする。
e0181373_21064988.jpg
 楷の木の下で咲くのはデルフィニウムとペンステモン。奥にムラサキセンダイハギ。肉眼だと紫の花色が繋がるのですが・・・
e0181373_21070284.jpg
e0181373_21071252.jpg
 ペンステモン・ハスカーレッドが宿根してくれるようになったので、よかった!
e0181373_21072404.jpg
 ピンクのもペンステモンですね。徳島のTさんにいただたばかり。
e0181373_21074419.jpg
 黄色の葉はバイカウツギ・ベルエトワール。植えて3,4年目ですが、半分枯れかかっていたのが、元気回復。来年は花が咲くかな(と、期待)。
e0181373_21075042.jpg
 バイカウツギが今年は蕾もいっぱい。
e0181373_21081358.jpg
 2015年1月にバラの剪定講習会に行って実習で使ったのが、事前に申し込んでいたホワイトアローという白いバラ。病気に強いというのが選択理由。何でも植えて3年目ぐらいから本格的に咲きますね。これも蕾をたくさん付けています。
e0181373_21082416.jpg
 白い花と言えば、ホタルブクロが初開花。後ろに植わっていたのが、前へ前へ、即ち南へ南へと競りだしてきました。
e0181373_21091504.jpg
 郵便局で偶然出会った花友だちMさんを誘って、庭を案内。その後Iちゃんを迎えに。小学校までは徒歩40分の距離で、最後の方は1人だけになるので、新潟の気の毒な辛い事件もあって、家にいる限りは迎えに行こうと決めています。
 行く時はウォーキングのつもりで早歩き。途中で出会ってからはお供(笑)今日は遠くから通う2人だけになってから、水筒を「シェイク」して「ビール」を作りながらの下校。2人分の「ビールの泡」に驚いてあげなきゃならないから、ばあばもテンション上がります(笑)
 午前中は大工さんが来ていたし、庭仕事をしたのは夕方1時間ほど。この土日がオープンガーデンなのに、月曜日からほとんど庭仕事ができていません。でも花いっぱいの4月の庭がどうなったのか、それを見てもらったらいいんだから、汚いものを除けたらそれでいいかと。自然体でいこうと思います。
 6時にはオープンガーデンのハーブクッキー用に、ハーブを採りに友人が来てくれたので、また「舞姫」自慢(笑)



by kochira703 | 2018-05-16 22:04 | 花木 | Comments(4)
Commented by small-talk at 2018-05-17 07:03
新潟の事件、長閑な街で起きたのが、ショッキングですよね。
沿線に大学などもある、新潟市の郊外ですからね。
Commented by ちこ at 2018-05-17 22:15 x
ベンステモン? 可愛いですね。ピンクも可愛い!
櫂の木 大きくなりましたね。秋が楽しみです。
40分も歩くのなら お迎えに行ってあげてください。
あのニュースはやり切れません。
Commented by kochira703 at 2018-05-17 22:55
small-talkさん、こんばんは。
やりきれない事件が多すぎます。家の近くにも凶悪な人間は潜んでいると考えないといけないのが、恐いことです。
Commented by kochira703 at 2018-05-17 23:11
ちこさん、こんばんは。
この秋がよく冷えたら黄葉が素晴らしいだろうなと、楽しみにしておきます。が、さて・・?
下校途中の心配は、地震津波、車、凶悪犯と、危険がいっぱいの時代ですね。無事に成長してくれることを願っています。
<< クレマチス つる性ミニバラ・舞姫 >>