アジサイの季節

2018.6.5(火) 晴れのち曇りのち雨
e0181373_20571560.jpg
 アジサイが次々と咲いています。カシワバアジサイと名前の分らないアジサイ。
 ピンクのアナベル。昨夏に白馬村の道の駅で、花の咲いているのを買って来ました。定着してくれてよかった!
e0181373_21021916.jpg
 白のアナベルは、2年前に白絹病で壊滅状態になったのですが、生きた根が残っていたのでしょうね。今年は2本咲いてくれました。ホタルブクロも同じで、再び広がってきました。夏が心配ではありますが、なるようになるさ!
e0181373_21040726.jpg
 切り戻したマーガレットがまた満開です。強いですねえ!
e0181373_21022893.jpg
e0181373_21030597.jpg
 品種名の分るアジサイは少ないのですが、次のはダンスパーティー。
e0181373_21031181.jpg
 Yさんに挿し木苗をいただいて、13年に初開花とブログに書いているので、もう6年以上になるヤマアジサイ。ブルーの色が爽やかです。
e0181373_21032877.jpg
 調べてみるとウズアジサイ(オタフクアジサイ)は2010年に植えています。Sさんが挿し木した苗だとAさんがもらってきてくれてから、早や8年も経つのか。大きくなるわけです。
e0181373_21033455.jpg
 その時にクロジクアジサイも一緒にいただきました。これは後からの挿し木。緑の入ったカラーとともに、日陰のせいかノッポになりました。
e0181373_21033961.jpg
 庭が出来た初めの頃にカイヅカイブキの下に植えたアジサイが、上を塞がれて伸びることができなくなり、遂に裏側に新天地を求めました(笑)
 状況が分かりにくいかもしれませんね。カイヅカイブキの生け垣の幅が約1m。下枝を切ってもらった空間に、アジサイを植えた当初は、問題はなかったのですが、生長とともに斜めに茎を伸ばさざるを得なくなります。ところがイブキ自体も南側に伸びていくのか、近年はアジサイの形が大きく崩れて花も咲かなくなりました。代わりに、いつの間にかイブキの北側に空間が広がっていて、そこで花を咲かせることになったのです。冬の剪定時に枝を残してもらったこともありますが、これほどたくさんのアジサイが咲いたのは初めて。下からピンク、ガクアジサイ、上の白いのは「墨田の花火」。
e0181373_21034779.jpg





by kochira703 | 2018-06-05 22:15 | 花木 | Comments(2)
Commented by small-talk at 2018-06-06 07:44
墨田の花火、ですか!
なるほど、ガクアジサイは、花火みたいですね。
というか、花火が花みたいなのかな(笑)
Commented by kochira703 at 2018-06-06 21:03
small-talkさん、こんばんは。
古典的園芸植物のネーミングは風流。
昔の人は教養が高いのかセンスありますね。
<< 梅雨時の花 六甲高山植物園 3 >>