野菊のように

2018.11.6(火)  晴れ
e0181373_21223517.jpg
 丸亀のHさんに2012年にいただいたモンゴルノギク。増えもせず、消えもせず、です。咲き進むにつれて色が濃くなっていきます。もっと優遇しなければ!
 キヨスミヤマシラギクは2011年に宝塚の友人が山野草店で買ってきてくれたもので、庭のあちこちで自然の野菊の景を作っています。
       
e0181373_21231130.jpg
e0181373_21372188.jpg
e0181373_21221136.jpg
 「自然の」というのは、ほったらかしという意味なんですね(笑)ノジギクも、元は園芸種の小菊も、みな倒れた所から花を咲かせて、有り難いことに、自然な感じなのです。
e0181373_21215722.jpg
 コバノランタナと一緒に。
e0181373_21215146.jpg
 気づけばアスクレピアスも咲いていました。後ろには黄色のバラ。全くほったらかしでも数輪が開花。実に強いバラです。
e0181373_21214304.jpg
 メインガーデンでもアガパンサスの葉の上で咲いています。花が無い時だから、黄色が点在するのもいいかなと、倒れて見苦しいのも気にしません。
e0181373_21220387.jpg
 「もうエンドウの種を蒔かんといかんよ」とNさんが来てくれて、畑を作り、種蒔きも終了。




by kochira703 | 2018-11-06 21:56 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)
Commented by ちこ at 2018-11-07 17:21 x
菊もいいですよね。でもなぜか我が家では育ちません。今年は2種類の強そうな菊を買ってみました。来年咲いてくれたらいいなあ。
Commented by kochira703 at 2018-11-07 21:55
ちこさん、こんばんは。
キクは丈夫だからいいですよね。
でも蔓延るから抜いてばかりいたら、大分減らしてしまいました。減れば寂しいし、悩むところです(笑)
<< 立冬の庭 ソラナム・ラントネッティ >>