ベロニカ・グレース

2019.1.2(水) 晴れ
e0181373_21233297.jpg
 ベロニカ・グレースの銅葉の色が冴えてきました。以前にも植えたことがあるのですが、3年ぐらいで消滅。12月に徳島の園芸店にみんなで行った時に、安い値段(確か280円くらい)で見つけたので、冬の花壇の彩りにもなるし、穂状の紫の花は好みだしと、カラーリーフを揃えて買ったのでした。
e0181373_21233815.jpg
 寒さで葉色や花色が変化しています。ガーデンルームに入れているランプの妖精に、儚げな薄紫の花が咲き始めました。葉色も綺麗になっています。
e0181373_21393442.jpg
 純白で咲きだしたクリスマスローズ・ニゲルの花びら(正しくは萼ですが)も、ピンクに染まっています。
 ブログを遡ると、ここにニゲルを植えたのは13年。15、16年がピークで、その頃の喜びは忘れられませんが、16年夏には白絹病が入り、17年夏にニゲルは激減。18年夏には他のクリスマスローズ全体に広がって、私もだんだんと諦めの境地に到っているのです。なるようになれ!消えるものは消えろ!
e0181373_21234742.jpg
 代わって咲く花もあるさ、とラケナリア・ヴィリディフローラに、優しくお年玉の液肥をやりました(笑)
e0181373_21393916.jpg

by kochira703 | 2019-01-02 22:30 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)
Commented by small-talk at 2019-01-03 09:05
クリスマス・ローズって、最近人気がありますよね。
僕が知らなかっただけ、なのかもしれませんが。。
確かに美しい花です。
ブログを遡ると、仰りますが、続けていると備忘録になりますよね。
Commented by kochira703 at 2019-01-03 20:54
small-talkさん、こんばんは。
ガーデニングの三種の神器として、バラ・クレマチス・クリスマスローズがブームになったようですよ。
どれも美しい花ばかりですよね。
Commented by 夕菅 at 2019-01-04 00:03 x
遅ればせながら明けましておめでとうございます。
風の通る庭には真冬は来ないようですね。
銅葉といえばこちらで植えたヤブコウジの葉が寒くなったら銅葉になって驚きました。
ニゲルの園芸種は白く咲いてピンクに変わることが多いですね。

Commented by ちこ at 2019-01-04 21:10 x
ラナケリア ヴィリデフローラ きれいな色ですね~冬には珍しい色。 もう春が近いのですね~。
Commented by kochira703 at 2019-01-04 21:31
夕菅さん、今年もよろしくお願いします。
寒さで色が変わるのも新鮮でいいですよね。
ヤブコウジも銅葉になるとは、寒さも厳しそうですね。
クリスマスローズはもう移植されましたか?
Commented by kochira703 at 2019-01-04 21:34
ちこさん、翡翠色と言われる花色が珍しいでしょう?!
来年はもっと大きな花房になるよう、肥料を投入してみます。
<< ミツバハマゴウ・プルプレア 元旦の庭 >>