人気ブログランキング |

タニカを切り戻す

2019.6.23(日) 曇り一時雨
e0181373_21114066.jpg
 軒下で越冬したユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが、ちょうどいい具合。引かずに少し残していたロベリアもまだ見られます。       
e0181373_21125231.jpg
 以上の2枚はアーチの奥。アーチ左横で大きく生長していたグラス、タニカを、遂に切りました。6年間植えっぱなしだったのです。通路にまで覆い被さっていて、もう限界。
e0181373_21130633.jpg
 グラスが垂れて下がっていた、陰になる部分では何も育ちません。そこにコリウスを植え、後ろ側には山アジサイの植木鉢を並べて、何とか取り繕っています。
 タニカは固くて、電動の手持ち芝刈り機を出して来ましたが、絡んで使えず、鎌やら鋏やら。結局は鋏で時間かけて切りました。ドーム型になってしまったけど、これ以上無理!
 6日頃に切ったのですが、早くもツンツン伸びています。木も剪定すると自然樹形の美しさがなくなるのと同じで、元の姿の良さを損ねます。植え替えの方がいいのだろうと思いますが、手には負えません。
e0181373_21125965.jpg
 アーチをくぐってから左側を写しましたが、緑が鬱蒼としています。
e0181373_21131357.jpg
 瓦の小道を左に進むと、オレンジのランタナ。ピンクのランタナは繁殖力旺盛で、触ると痛くもあり、さすがの私も撤去。こちらは冬に切り戻すと、程よく収まっています。
 右の白い小花はギンバイカですが、留守中に見頃を過ぎていました。
e0181373_21121838.jpg
 ギンバイカの奥の白い木の幹はハクモクレン。その下でシナノアキギリが、これも留守中に見頃を過ぎていました。
e0181373_21122282.jpg
 瓦の小道を、ユーフォルビアから右方向に進むと、ヘメロカリスの咲く所。
e0181373_21114880.jpg
e0181373_21115521.jpg
e0181373_21124631.jpg
 更に進むとマユミの木の下でエクメア・ガモセパラが3度目の開花。ピンクの花が咲き終わると、赤に。これは、調べてもいませんが、萼が残るのでしょうか? 最後は褐色に変化。その3段階が一緒に。
e0181373_21120408.jpg
 今日は息子家族が賑やかにジャガイモ掘り。
 夕方に少しだけ雨。





by kochira703 | 2019-06-23 22:07 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)
Commented by small-talk at 2019-06-24 20:41
初夏の花が、盛りだくさんですね。
少々蒸し暑い日が続きますが、花にとっては良い日和なのでしょうね。
Commented by kochira703 at 2019-06-24 23:12
small-talkさん、こんばんは。
関東とこちらとはだいぶ気候が違うようです。
まだ暑さもさほどでなく、今日の山登りも爽やかでした。
何しろ梅雨入りしていないのですから。
ホントどうなっているんでしょうね。
<< 諭鶴羽のヤマボウシ 見頃のモナルダ >>