人気ブログランキング |

諭鶴羽のヤマボウシ

2019.6.24(月)  晴れ
e0181373_21280387.jpg
 一昨年一緒にヤマボウシを見に諭鶴羽山に登った方から、今年はヤマボウシが花をいっぱい付けていると聞いたので、見頃の時に連れて行ってとお願いしていました。
 それが今日の山行。頂上手前の木々も、枝に雪が積もったよう。
e0181373_21280826.jpg
e0181373_21281444.jpg
 ウリハダカエデやテイカカズラの花も見えました。
e0181373_21282264.jpg
 山頂から少し下った所に、諭鶴羽神社があり、その横の休憩所から見た沼島(ぬしま)。霞んでいなければ、その向こうに徳島が見えます。
e0181373_21282808.jpg
 諭鶴羽登山453回目という彼女が、一番に見せたかったのが、この木。ヤマボウシ広場と名付けられたこの場所は、右手斜面の上に平和記念塔があるのです。
e0181373_21283414.jpg
 平和記念塔への石段を上がって写すと、圧倒的な花数。感動しました。登山口からしばらくは杉が植林されていて、ヤマボウシが出てくるのは、7、8合目くらいから(かな?)ですが、中でも一番の堂々たる大木。きっと自生していたのを残して、周辺を整地したのだろうと想像しました。記念塔建立が昭和の終わりだったから、30数年ではこれほどには生長しないですよね?
e0181373_21284053.jpg
e0181373_21284912.jpg
 向き合ってもう1本のヤマボウシ。終盤に入ったからかピンクに染まっています。
e0181373_21285437.jpg
 ほの暗い下り道から後ろを振り返ってみた景色も素晴らしかったです。ロープが写り込まないように駆け戻ることも厭いません。何しろ最初の花を見た途端に、私の足取りは軽くなったそうですから(笑)
e0181373_21290050.jpg
 6時半に迎えに来てもらって、諭鶴羽ダムに車を置いて、登り始めたのが6時50分。頂上が8時7分だったか?頂上までは人に会うことはなかったのですが、神社には数人。登山姿のグループやら、長野県からの人やら。
 下り道では現役時代の知り合いの女性2人と、相次いですれ違い、「あら、まあ~!」。それぞれが別々で登っています。
 私より年上の彼女は、4月に屋久島に行くので足慣らしと、1月から諭鶴羽登山を始めて、今日は101回目だとか!登山を始めてから減量はできるは、血圧・血糖値・コレステロール値は下がるはで、ジム通いよりいいとおっしゃっていました。
 私を案内してくれた方も普段は1人で登っておられるので、私以外の3人は山での顔なじみなのでした。
 10時半には帰宅し、庭を一巡りしてもらったら、11時過ぎ。それから昼寝。目が覚めて遅めの昼食を食べたら、すぐまた昼寝。起きて3時のおやつを食べても、まだ眠れそう(笑)こんなことをしていてはイカンと、気力を振り絞って庭仕事に。水やりしながら後悔しきり。感動と後悔に満ちた一日でした(笑)
 そうそう、帰り道では鹿の親子にも遭遇したのでした。
e0181373_00221075.jpg




by kochira703 | 2019-06-24 23:03 | 花巡り | Comments(10)
Commented by small-talk at 2019-06-25 07:27
諭鶴羽山、展望が最高ですよね。
その節はありがとうございました。
ヤマボウシの季節も素晴らしいのですね。
前の記事になりますが、筑波の植物園にも行かれたとのこと。
あの植物園は、珍種は絶滅危惧種がたくさんあって、面白いですよね。
Commented by cynchia at 2019-06-25 07:36
おはようございます、
山に行ってないですね。
出掛けたい。
Commented by yzarsakura at 2019-06-25 10:01
ヤマボウシが、あんな大木になるとは!!
うちのヤマボウシの周りも、もっと整備して日当たりをよくしてやろうと、思ったことでした。
ユヅルハ山、懐かしい!
Commented by kochira703 at 2019-06-25 22:06
small-talkさん、こんばんは。
以前にも筑波実験植物園が面白いと、small-talkさんの記事だかコメントだかで、教えていただいていたので、ぜひ行きたいと思っていました。
友人の転居先が筑波だったので、図らずもそれが実現したのでした。

Commented by kochira703 at 2019-06-25 22:08
cynchiaさん、こんばんは。
私も久しぶりの山歩きで、楽しかったです。
時々行けたらいいのですが・・。
Commented by kochira703 at 2019-06-25 22:13
くいさん、こんばんは。
なかなか立派な木でしょう?!
邪魔するものがなくて、伸び伸びと育って、幸せな木ですよね。
山の上だけれど、海からの霧で湿り気も十分なようです。
一緒に行ったのも含めて5回目の諭鶴羽登山でした。
Commented by ちこ at 2019-06-25 22:23 x
ほんとに雪が葉の上にあるようですね。あのように咲いているのは始めて見ました。実際の木を見るともっとすてきでしょうね。
Commented by kochira703 at 2019-06-26 23:02
一昨年行った時にも見たのでしょうが、あまり記憶に残っていない。今年は花がびっしりだからと誘っていただいて、本当に感動しました。
Commented by cheese223 at 2019-07-04 23:12 x
こんばんわ、今日諭鶴羽山に登っていたら顔なじみの方から山ぼうしのことがブログに出てるよとお聞きしました。 本当にあの時早く行って見ておいでと声をかけてくださらなければ山ぼうしとの出会いはなかったと思います。あの後こんな俳句を作ってみました。「咲き揃て白く浮き立つ山法師」今日の句会に出句したら一点も選句されずがっかりですが、このブログの写真を見て改めてこの花の魅力に思いを馳せました。この写真の2日後再度訪れると強風に煽られて白い花びらが親木のぐるりを舞うように散り始めていてこれも風情がありました。更にその2日後に行ってみますともうすっかり凋落して見る影もありません。花の命は短かきこと思い知りました。美しいお花たちの写真これからも見せてくださいね。
Commented by kochira703 at 2019-07-06 00:12
cheese223さん、こんばんは。
コメントをありがとうございました。
我々はヤマボウシの最高の時に出合えて、ラッキーでしたね。
2日後には散り始め、更に2日後には見る影も無いと伺えば、一期一会という言葉が思い浮かびます。
今日見た雑誌に、摩耶山のお寺に素晴らしいヤマボウシの木があると出ていました。
確か樹高12m、周囲11mだったと思いますが、諭鶴羽のヤマボウシの樹高はどれくらいなんでしょうね?
木の姿の美しさは引けを取っていません。
なんて比べることはないですね。
また来年も見頃の時を教えていただいて、見に行きたいと思います。
<< オリエンタルリリーも開花 タニカを切り戻す >>