人気ブログランキング |

久しぶりのアケビの実

2019.10.13(日) 曇り時々晴れ
e0181373_22092450.jpg
 プレハブ物置の半分を覆っているアケビ。アケビは2種類あると夫が言っていましたが、これが何なのかは不明。20年近く植わっていて、こんなに立派な実は初めて。色づいた大きなのを、用があって来ていたNさんと二人して賞味。種ばかりですが、自然の、上品な甘さは得も言われないですね。
 この実とは反対の側で、私が受粉させたのは、何故か極小サイズのが1つ。夏に伸びすぎた蔓を切ったからか。可哀想にアケビは邪魔もの扱いです。
 近くで咲くリコリス。先日偶然のことからハマオモトヨトウを発見した、あのリコリスです。間にもう1本あったのです。花も蕾の時に食べられたのが分りますよね。一時は倍以上の本数があったのに・・。ハマオモトヨトウが知らない間に球根にまで侵入してたのかなあ?
e0181373_22093390.jpg
 別の場所にも1本。こちらは被害に遭っていません。
e0181373_22093664.jpg
 タイワンホトトギス・青龍というラベルが残っています。花に青味があるのです。ホトトギスが本格的に咲く時季になりました。
e0181373_22095301.jpg
e0181373_22095970.jpg
 プレランサもホトトギスも、もう10年選手です。枯れるけれど消えてしまいはしない、という感じで生きています。
e0181373_22100577.jpg
 昨夜は台風情報、台風被害が気がかりで、落ち着きませんでした。Wちゃん宅は多摩川の近くなのです。マンションの3階で安全ではあるのですが、今にも氾濫しそうな濁流や、各地の被害状況を見ていると、関東地方でどれほどの被害が発生するのかと、不安に駆られました。
 一夜が明けると長野や東北も、堤防の決壊や川の氾濫で大きな被害、という表現を遙かに超えるような非常事態。呆然とするばかりでした。被災された方々の心痛、これからの苦悩や苦労を思うと、言葉がありません。
 いつどこで起こるか分らない巨大災害。南海地震と津波の不安が、日常生活をしていても常に意識の底流にあるので、人ごととは思えません。次々と天災が起こる、大変な時代を我々は生きているのですねえ。




by kochira703 | 2019-10-13 23:15 | 花木 | Comments(6)
Commented by small-talk at 2019-10-14 09:12
僕の家は、何とか被害がありませんでした。
マンションって、防音性が良いから、逆に周囲の状況が分からない怖さもあると思いました。
Commented by 夕菅 at 2019-10-14 17:57 x
アケビ、豊作ですね。
最近こちらの直売所で「ポポー」という果物を試し買いしました。
アケビとバナナの中間のような味でしたが、多分もう買わない(笑)。
ハマオモトヨトウってリコリスにも入るのですか!たいへんですね。
Commented by kochira703 at 2019-10-14 21:27
small-talkさん、こんばんは。
「何とか」という言葉から、周辺は大変だったのかなと想像しますが、ともあれ被害がなくてよかったです。
Commented by kochira703 at 2019-10-14 21:34
夕菅さん、こんばんは。
ハマオモトヨトウ、まだ見かけます。何度も点検しているのに、いつの間にか大きくなっているんですよ。
ポポー、子どもの頃にお隣のうちにあって、台風の頃に落ちた実を拾って食べていました。
バナナのような記憶。アケビとの中間と言われたら、そうそうと思います。
お隣は火事に遭って家を建て替えたので、その時にポポーも無くなりました。
Commented by ちこ at 2019-10-14 21:51 x
立派なアケビですねえ。お邪魔しましたお嫁さんが大好きで ちいさかったですが たくさんなっていましたが最近実はたくさんつくのですが あと一息と言うときに全部落ちてしまいます。どうしたのでしょうか。
Commented by kochira703 at 2019-10-20 22:20
ちこさん、こんばんは。
うちもアケビはさほど生りません。生い茂って大変なので、私が通りすがりにもチョンチョン切るからでしょうか。
収穫は写真の分だけなんですよ。
<< 庭木の剪定 オキザリス・ボーウィ >>