人気ブログランキング |

2011年 08月 03日 ( 1 )

庭のお邪魔虫たち

8月3日(水)  晴れ
 “チャリティ・ツアー・オブ淡路島”というボランティア活動があります。言ってみれば“走る募金活動”ですが、大阪府立長吉高校が始めて今年で10年。ランナーたちがタスキをつないで、長吉高校~淡路島一周~長吉高校のコース250kmを走りながら、募金を呼び掛けるのです。
 今日は岩屋で、淡路高校の生徒たちにタスキをわたし、五色まで。明日は南淡路の外周を走り、由良~津名まで。明後日に津名~岩屋から学校へ戻ります。今日、Nさんは淡路高校の生徒が走るのをサポート。私は明日福良で募金します。
 これまでネパールの教育支援のための募金だったのですが、今年は東日本大震災で親を亡くした高校生への奨学金にもするとのことです。もし走っているのを見かけられましたら、協力してあげてくださいね。
 ルリマツリの花です。挿し木した2本を別の場所に植えてほったらかしていますが、丈夫。淡い水色はこの時季に嬉しいのですが、四方に枝を伸ばす、半ツル性植物の扱いが、私にはまだつかめていません。
e0181373_21513156.jpg
e0181373_21515727.jpg

 ロシアンセージもほそほそと咲いています。花も葉も繊細で、見かけはひ弱そうですが、ここでもう何年かを過ごしています。
e0181373_2152174.jpg

 さてここからは虫の話。
 “オシロイバナの蜜を吸うスズメガ”を見に、懐中電灯を持って行ってきましたが、遭遇せず。庭とは言え、夜には何かしら気味悪さが潜んでいます。ギィギィ、バタバタバタという音に近づくと、アブラゼミがひっくり返ってバタついていました。かぶさっていた葉を除ける勇気なく、そのままに。次に細い尻尾が草むらに入っていったのは、動きがトカゲじゃなかった!ヘビ?
e0181373_22144196.jpg

 欅の幹にびっしりと蝉が止まっています。近づいても飛び立ちません。一目30匹の中にアブラゼミが1匹。あとはクマゼミでした。全体をざっと見上げて、100匹近く。他の木、ハクモクレンや楷の木などにはほとんどいません。欅の樹液が好物なのでしょうか?
 写真を撮ったあと、両手で押さえて一度に2匹ゲット。弱っていたのか、とりあえずと思って牛乳瓶に入れておいたら、気づけば死んでいました。(訂正 翌日コープに牛乳瓶を返却しようとしたら、生きていました!)
 それにしてもクマゼミが激しく飛び交う光景はちょっと異様です。
 半月あまり格闘してきたカナブンは2、3日前からバタッといなくなりました。蜂や虻はまだブルーベリー畑を飛んでいます。落果は一時ほどひどくはありませんが、それでも1本につき10数個。落果はカナブンだけのせいではないのですが、刺されるものにはおとなしい私です。(結局、弱いモノいじめなんかなあ?!)
 いま格闘しているのはスズメガの幼虫。物置周りのシマサルナシは監視していますが、棚の方は時折見て歩くだけなので、大量発生かもしれません。歩けば目に付くのですから。
 今日はゴマの葉を検分。2㎝前後のがけっこういました。小さくても角がピンと立っているので、それと分かります。ゴマやシマサルナシのような柔らかめの大きな葉に、ちょんちょんと卵を産みつけているようです。
 ゴマにはバッタの小さなのもいっぱい。これも葉を食べて困ります。葉が命のコリウスなどもボロボロに。素早い動きで捕まえさせてくれません。
 昨年一昨年に大格闘したイラガは、さすがに少なくなりましたが、時々刺されます。
by kochira703 | 2011-08-03 23:08 | 小動物 | Comments(0)