人気ブログランキング |

2011年 10月 10日 ( 1 )

シモバシラの花

2011.10.10(月)    晴れ
 数年前にAさんから「要るか?」と言って、茎から氷の結晶が伸びている写真を見せられたシモバシラ。Aさんは姫路の奥地、うちは南国淡路、こんな霜柱が立つわけないと思って、「要りません」と答えた私でした。ところが去年、花友だちのブログで白い小花が綺麗に咲いているのを見て、自分の早合点を悔いたのです。恐る恐る「まだありますか?」と尋ねて、花芽つきのシモバシラをもらったのでした。
シモバシラの花_e0181373_19494710.jpg
シモバシラの花_e0181373_19495848.jpg

 カメラの前を平気で飛び交って、蜜を吸う蛾がいます。大きな目がチャームポイント?!
 シモバシラはその冬の最初の寒波の日に、枯れた茎の根元から水分が出て凍る現象が見られます。それで組織が壊れるので1回きりのことだとか。初霜の日が楽しみになりました。霜が下りれば次は雪というわけで、ユキヨセソウ(雪寄草)という別名があります。関東以西に自生していて、耐寒性も耐暑性もある多年草だそうです。こんなのが「風の通る庭」向き! シソ科の白花、シベの淡い紫もいいですね。
シモバシラの花_e0181373_195062.jpg

 一番上の写真で、シモバシラの奥に赤紫が写っているのは、これもAさんからいただいたルリスズカケソウ。前に蕾の写真をアップしましたが、これが花が咲いた状態です。咲き始めは白い花粉が目立っています。
シモバシラの花_e0181373_1950194.jpg
シモバシラの花_e0181373_19504242.jpg

by kochira703 | 2011-10-10 20:19 | Comments(0)