2012年 11月 28日 ( 1 )

宝塚ガーデンフィールズ

2012.11.28(水)    晴れ
 植花夢から宝塚ガーデンフィールズへ。宝塚在住の友人Kさんと駐車場で待ち合わせ、一緒にランチのあと園内を回りました。「惜しいなあ」「この後どうなるんやろ」と、歩いている人みんなが、そんな思いを抱いているように見えました。
e0181373_20235541.jpg
e0181373_20234092.jpg
e0181373_20241785.jpg
e0181373_20235815.jpg
e0181373_20243427.jpg
e0181373_20241522.jpg
e0181373_20245135.jpg
e0181373_20243738.jpg
e0181373_20251229.jpg
e0181373_20245220.jpg

 2003年に開園した、ポール・スミザーさん作庭の英国風ナチュラルガーデン「シーズンズ」。(「ガーデンフィールズ」というのは他の施設も合せた呼称なのです) 都会の真ん中にこんなに「自然」豊かな庭園があるなんて、地域の財産のように思えます。宝塚ファミリーランドだった頃からの大きな木を生かし、農薬も使わず、10年経ってとても落ち着いた「自然」ができ上がっているのに、あまりにももったいない。
 庭が小さくて集客力がなく採算が合わないということだそうですが、都会のオアシスのようなこの庭を残すために、例えば宝塚市が阪急から借りて管理していくとか、何か方法はないものでしょうか?!
by kochira703 | 2012-11-28 21:09 | Comments(0)