人気ブログランキング |

2013年 08月 25日 ( 1 )

オーナメンタルグラス 2

2013.8.25(日)  雨のち曇り
 よく降ってくれたので落ち着いた1日になりました。3時には雨も上がって涼しく、ようやくその気になって、畑の大雑草に挑みました。オーナメンタル(装飾的)ではないグラス類を抜いたのです!
 さて奥峰子さんによると、かつてはオーナメンタルグラス=イネ科と考えられていたが、現在は4つ、即ちトゥルー・グラス(イネ科)、セッジ(カヤツリグサ科)、ラッシュ(イグサ科)、キャットテール(ガマ科)に分類されるのが一般的。竹や笹を含んだりもするようです。
 オーナメンタルグラスは、1930年代にドイツのカール・フォールスター氏が植栽デザインに取り入れたのが最初だとか。その後1980年代にギボウシが大流行した頃から、人気が高まったそうです。
 私がオーナメンタルグラスへの関心は、宝塚ガーデンフィールズに行ったり、ポール・スミザーさんの本を読んだりしたのが、多分きっかけになったと思います。しかしそれ以前から、庭のエノコログサやカヤツリグサを引き残したり、ヒメイ(姫藺)かと思われる雑草を植えたりして、未だに困っていることからして、突き詰めると、夏草生い茂り、ススキの穂が揺れる、田舎の風景に対する郷愁に由来するのではないかと思います。見て落ち着くというのは、そういうことなのでしょう。
 本を読みながら、よくよく考えて、庭の一画をグラスガーデンにするのだけは止めました。理由:手に負えなくなる(笑)  
e0181373_21362930.jpg
e0181373_21382055.jpg
e0181373_21371873.jpg

 上の写真3枚で丸くつながるこの一画、シマアシ・ベアグラス・ヤハズススキ・斑入りヤブラン・ヤブラン・斑入りササ等が入り乱れ、無法地帯になりました。園芸種撤退です。
 レモングラスも今年は葉が巻き込み、外の葉は倒れて、のしかかっています。
e0181373_21501598.jpg

 一昨年植えたこのグラスも、ここでは似合いません!何をどう配するかが問題ですよね。
e0181373_21511489.jpg

 思えばグラス類もけっこう増えてきました。まだちゃんと植えていないので写真になりませんが、複数の花友だちから何種類かのグラスをもらっています。まずそれを植えて、見かけて欲しいと思ったら買って、ほどほどにしておこうと思います。大きなプラ鉢に植えて広がらないようにするのも、株分けするのも、大変そう! 憧れるけど、力仕事がだんだんと難しくなるから、困ることになるは必定。種が飛んでも困るし、グランドカバーにはならないそうだし、まあ、ほどほどでいいかっ!
 以上、勢い込んで本を読み始めましたが、至ってつまらない結論になりました。
 
by kochira703 | 2013-08-25 22:47 | Comments(12)