人気ブログランキング |

2013年 08月 26日 ( 1 )

カリアンドラ・エマルギナタ

2013.8.26(月)   雨のち曇り
 午前中は気温23℃と猛暑が嘘のような一日でした。朝のうちに染色用のブルーベリーの落果を、野の花工房に届け、午後から庭仕事。蚊の襲来を受けました!
 聞いたこともないような名前だと思いますが、「カリアンドラ・エマルギナタ」を検索すると、これをくださったMさんのブログが出てきて、その詳しいレポートに驚嘆しました。それによると、メキシコ原産のマメ科の常緑低木で、赤いパフ状の花は、約20個の小花の集合体。それぞれに約20本ある雄しべが、繊細な美しさを作っているようです。「カリアンドラ」は「美しい雄しべ」の意味だとか。頷けます。
 7月末に開花したあと休んでいたのが、再び。(周年開花とか) 耐寒性がないとお聞きしたので、鉢植えにしたのを、緑の中に置いて撮影。
e0181373_2051958.jpg
e0181373_20511637.jpg
e0181373_20512358.jpg

 Mさんのブログには、写真に見えている粒々の蕾が、真夜中にほぐれるように開いていく様子がアップされています。開花途中も美しいので、ぜひご覧になってくださいな。
 今日はもう一つ赤い花が咲いていました。丸亀のHさんに種をいただいたアベルモスクス。開花も3回目になり、夏の庭に定着しました。小さなハイビスカスの風情。熱帯アジア原産のアオイ科。寒さに弱いので1年草扱い。
e0181373_21183625.jpg
e0181373_2118452.jpg

 シベの形も千差万別で、面白いですね。
 

 

 
by kochira703 | 2013-08-26 21:24 | Comments(4)