2015年 04月 14日 ( 1 )

こんぴら歌舞伎

2015.4.14(火)  曇り時々雨
e0181373_2134737.jpg
e0181373_214274.jpg

 今日、遊びに行った先は、ここ。2年余り前に実家の母と琴平に泊って、金丸座を訪れ、この江戸時代の芝居小屋で興行される「こんぴら歌舞伎」を、一度は見てみたいと強く思いました。昨年もツアーに申し込んだけれど、催行されず、ようやく念願が叶ったのでした。
 友だち6人誘いあって、桝席に座り込んで、芝居見物の雰囲気を楽しんできました。
 竹を格子に組んだ天井に、提灯が格好良く決まっています。
e0181373_21184586.jpg
e0181373_21185454.jpg
e0181373_2119440.jpg

 座った前に、幅20cmもない、仕切りかと思いきや、中ほどの桝席にお客を案内する通路。
e0181373_2147771.jpg
e0181373_2147265.jpg

 演目は『伊勢音頭恋寝刃(こいのねたば)』でしたが、この細い板の上を、役者が走ったのにはびっくり。密書を3人が取りあって追いかけっこをするドタバタ場面で、花道だけでなく客席の間まで走り回るのでした。大いに盛り上がりました。役者の息遣いが聞こえるような、手を伸ばせば触れるような近くで、演技を観ることができる醍醐味は、芝居小屋ならでは!
 淡路に着いた頃には日が差してきて、明日からは庭にお客が来るし、ガーデニング三昧だと張りきったのですが、夜の天気予報が、明日は荒れ模様と伝えているではありませんか!
e0181373_22141275.jpg
e0181373_22142422.jpg
e0181373_22143153.jpg

 終った花もそのままにして、咲いている時の綺麗な姿を想像してもらうことにしようかな?
 もう、あきらめモードです(笑)
by kochira703 | 2015-04-14 22:17 | Comments(2)