人気ブログランキング |

2015年 08月 28日 ( 1 )

ワタの実

2015.8.28(金)  晴れ
e0181373_21381010.jpg

 大阪・船場界隈の名建築めぐりのツアーに参加。昭和4年竣工の綿業会館に行ってきました。大阪の空襲で一帯は焼け野原となりましたが、鉄筋コンクリートの強み。今も現役のビルです。圧巻は綿花のバックの釉薬タイルの壁。6月に行った神戸のジェームズ邸で見て感動したのと同じ泰山タイルです。
e0181373_2235846.jpg
e0181373_2262338.jpg
e0181373_2263624.jpg
e0181373_2264415.jpg

 内部の各部屋は、会員の好みに応じて使えるようにと、欧米の様々な建築様式を模して造られているとか。タイルの部屋は「ジャコビアン風」の談話室。玄関は「イタリアンルネサンス」
e0181373_22122293.jpg

 ここは何だったか? 天井に石膏の鳥と花。
e0181373_2213527.jpg
e0181373_2214281.jpg

 周囲の木のように見えるのは、イランだったかの大理石。時計の文字盤のうっすらと緑色なのも大理石。床にはアンモナイトの化石がある大理石。一階などは沖縄の大理石だと説明がありました。大阪が繁栄していた頃の豪華な建築で、国の重要文化財になっています。
e0181373_22551070.jpg

e0181373_22142576.jpg

 ここでランチを食べた後、古い建築を見ながら歩いて、「船場ビルヂング」へ。大正14年建築の、賃貸住宅と貸事務所が一緒になっている、当時最先端の集合住宅です。ちょっと日本離れした、素敵な空間ですね。地面は木製煉瓦(?)。
e0181373_22354210.jpg
e0181373_22355374.jpg

 次に「芝川ビルヂング」。ここも今も使われているので、遠慮っぽく見学。ビアガーデンに使われている屋上で説明を聞いて解散。お店をのぞきながら下りました。
 この建物は戦前にはニッカウヰスキーの大阪出張所となっており、ビルのオーナーはニッカの大株主として、マッサンの支援者だったとか。
e0181373_22475181.jpg
e0181373_22482191.jpg

by kochira703 | 2015-08-28 23:01 | Comments(4)