2018年 11月 09日 ( 1 )

カリアンドラ再出発

2018.11.9(金) 曇り
e0181373_20203641.jpg
 今年はこれまでよく咲いていた花が、けっこう消えてしまいました。この赤花ネムノキ(カリアンドラ・エマルギナタ)も、昨春に地植えして元気いっぱいだったのが、冬越しに失敗。2013年に愛知県のMさんからいただいたのを、鉢植えのまま管理すること4年。数10㎝の高さまで育っていましたが、昨冬の寒さには耐えられなかったのです。
 遅いかと思いつつ秋に挿し木したのが1本だけあって、5㎝からの再出発でしたが、30㎝ほどに伸びました。今年は暖冬の予報。ガーデンルームに取り込んで、大事にしてやりましょう!
 マクロレンズに付け替えたので、花のアップを・・・次はランタナ。
e0181373_20204968.jpg
 ゼラニウムにも厳しい年でした。
e0181373_20204357.jpg
 シュウメイギクも大半が白絹病で消えました。元気なのはこの種類だけ。北向きの玄関脇に植えているから、環境的にいいのだろうと思います。それをメインガーデンに移植したら、今頃小さな花を咲かせました。
       
e0181373_20205446.jpg
 この場所に淡いピンクのシュウメイギクがあったのですが、やはり白絹病で枯れて2、3年花を見ていませんでした。それが今年、これはあのピンクの子孫に違いないと思う花が、これまた小さく咲きました。根の先が残っていたのでしょうね。来年どうなるか、楽しみです。仲良く2種類咲いてくれるといいのですが。    
e0181373_20211528.jpg
 ヒキオコシの花です。切り戻して姿良く咲かせたいものですが、何故か一度も実行できていません(汗)
e0181373_20212096.jpg
 今日もNaさん宅に行って、野菜をもらって、ラケナリアとムスカリをプランターごと、いくつも! 持ち帰って植え替えをしています。ラケナリアは地植えでは無理なようだから、久しぶりにプランターを購入。“何でも地植え”派の私だから、プランターを自分で買うのは初めて。これまであったのは、みな夫の使っていたもの。だんだん処分していたのですが、譲り受けたラケナリアを大事に育ててみようかな、と。

by kochira703 | 2018-11-09 21:32 | 花木 | Comments(2)