人気ブログランキング |

2019年 04月 21日 ( 1 )

オープンガーデン終わる

2019.4.21(日) 曇り
e0181373_19341931.jpg
 曇り空の今日のオープンガーデン。驚いたのは福井県からの訪問。聞けば今年からオープンガーデンを始めるので、見学にいらっしゃたのだとか。遠くから来られたことは勿論ですが、それよりも23人だったかのメンバー(オープンガーデンの庭主)が、若いことに何より驚いたのでした。
 淡路のオープンガーデンは参加する庭が年ごとに減っています。今年で18回目ともなると、庭主の高齢化が進みますよね。そんな寂しい状況なので、今から始まるオープンガーデンを想像すると、余所事ながらワクワクします。話をしていると、こちらもエネルギーを分けていただけるようでした。第1回が5月の18、19日と、淡路と同じ開催日のようです。地域に根づく楽しいイベントとなりますように!  
e0181373_19342644.jpg
 朝は辛うじて花びらをとどめていたチューリップが、順に散っていき、夕方には2本だけになりました。代わって美しいのはデルフィニウム。同じ時に同じ苗を数本植えたのですが、生長の状態がずいぶん違います。一時に咲けばゴージャスなのに残念なことに。
e0181373_19343070.jpg
 朝のヒマな時間帯に、畑の大根とカモミールを壺に活けてくれました。それはそれで綺麗じゃないのと(笑)右に置いた赤っぽいのは、コキア(ホウキグサ)で作った箒。細かいゴミまで掃けて、ちょっと感動します。  
       
e0181373_19344436.jpg
 アイリス、シレネが咲きました。背の高い花が咲くと、水仙などが終わった後の見苦しさもカバーしてくれます。
e0181373_19350249.jpg
 今朝のささやかな感動は、勝手に出てきたムラサキツユクサ。色違いが3つ、仲良く並んで咲いていたこと。自然交配していろんな色が出るのです。
e0181373_19350843.jpg
 菜の花を小型にしたような花は、今年初めての花。徳島のYさんからいただいたウォード。昔のヨーロッパで藍色の染料にも使われていたというハーブだとか。野の花の感じがうちの庭には合います。
e0181373_19354375.jpg
 花が咲いてみないと雰囲気が分らないので、スパラキシスの間を片付けて、ウォードの他にも新しくいただいた苗を幾種類か植えてみました。
e0181373_19355238.jpg
 メラスフェルラ・ラモーサがびっしりと固まって咲いています。植えっぱなしで数年。あちこちで増えていきます。南アフリカ原産の球根は強いからいいですね。
e0181373_19360854.jpg
 赤花ヒョウタンボクも今年はびっしり花を付けましたが、ゲッケイジュやマユミなどの奥になっているので、気づかれない方も多かったかもしれません。
e0181373_19363220.jpg
 ブルーベリー畑の中から。ハクモクレンの葉が大きくなっています。
e0181373_19363929.jpg
 今日の訪問はちょうど50人。大勢の皆さんに庭の花を愛でていただいて、4月のオープンガーデンが終わりました。
 5月は18~19日です。18日は甥の結婚式で、私はいないのですが、友人たちが開いてくれることになりました。本当に仲間がいてこそできるオープンガーデンです。手伝ってくれる友人たち、苗を下さる花友だち、実行委員会の皆さんのおかげです。そして見に来てくださる方々がいて、初めてオープンガーデンになるのですよね。皆々さま、心よりありがとうございます!






by kochira703 | 2019-04-21 21:29 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)