人気ブログランキング |

2019年 10月 20日 ( 1 )

ホトトギスが見頃に

2019.10.20(日) 曇り
e0181373_21181832.jpg
 川崎に行く前には咲いていなかったホトトギスが見頃になっていました。メダカの鉢の横で場所を占めて10年以上。
e0181373_21181546.jpg
 上の写真のトワダアシの植木鉢の下辺りにあるホトトギスも満開です。
e0181373_21182384.jpg
 ホトトギスの奥のオレンジ色はランタナ。再度の満開。
e0181373_21182563.jpg
 今日の3時前に帰宅。それからすぐに庭に出て、まずは気になっていたダイコンの防虫ネットを開いて、虫のチェック。行く前に、昨年さんざん見慣れた、紡錘形の幼虫を見つけていたのです。時間も無くて、何という虫だったか、何に大量発生していたのだかも思い出せないまま出かけました。 
 そして今日見た畝の上に、バラゾウムシに似た虫がいて、一挙に思い出したのです。去年ニンジンを全滅させられた、それは緑色だけど、ダイコンのは白っぽい体。そう、ヤサイゾウムシだったのです。1週間前に見た幼虫が、成虫になっていたのか?これはまた厄介な! 
 数を数えていないのですが、ゾウムシの成虫を数匹、幼虫を数匹捕殺。他にもダイコンの中心に入って食べているのやら、萎れた葉を巻いて中にいるのやら、何やら。防虫ネットをしていても結構いましたが、綺麗なのもあって、まあ大丈夫かな。
 それからハマオモトヨトウの捕殺。まだいるんですよ!
 黄色のリコリスをチェックに入ったら、その辺り一面にカタバミが新しく発芽。行く前にエリゲロンを引きむしっておいたのですが、その後に一番乗りしたのがカタバミだったという訳です。
 カタバミのハートの形をした葉がびっしりなのを見て、たくさんのハートマークにふっと心がほころんだのは、帰路に人の親切を受けたからでしょうね。
 睡魔が近寄って来たので、その話はまた明日。






by kochira703 | 2019-10-20 22:11 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)