人気ブログランキング |

2019年 10月 21日 ( 1 )

白花のセキヤノアキチョウジ

2019.10.21(月)  曇りのち雨
e0181373_20050950.jpg
 丸亀のHさんからいただいたセキヤノアキチョウジが、3回目の花盛り。白く小さな花が咲き始めて、蕾もびっしりで、オーバーに言えば、白く霞んで見える様には、感動します。右から左から写しました。写真ではその良さが伝わらないのが残念です。
e0181373_20045853.jpg
e0181373_20050377.jpg
 セキヤノアキチョウジの株元に、まだ秋咲きスノーフレークが咲いていました。それぞれのサイズ感が分らないまま、色を揃えたのでしょうね、きっと。
e0181373_20051439.jpg
 白花ホトトギスも満開になっていました。
e0181373_20044142.jpg
 19日に川崎を出て、新大阪駅で津山行きのハイウェイバスに乗り換え、加西市へ行って来ました。半年も前に出席の返事を出していた会があったのです。宿泊する懇親会で、夕方6時集合。出張していた娘婿は、19日の夜に帰国。ドタキャンするより直接行ってみようかと。
 翌20日は近くにある加西フラワーセンターに寄ることにしました。同じ部屋に泊まった人と2人で、あれこれ話しながら、のんびり園内を回りました。
 球根ベゴニアの温室で、担当の人から聞かせてもらったのですが、1本に雄花と雌花が咲き、右の黄色いシベが見えるのが雌花。左が雄花。どれも雄花は八重で大きく派手。
 こちらでは受粉させて育てているそうで、発芽してから7ヶ月で開花するとか。どんな花が咲くのか待つのは楽しいだろうなあ。
e0181373_21191700.jpg
 池の向こうにある建物が、ベゴニアなどの温室。ダリアが見頃でした。菊花展も開催されていました。池を一周して、さあ、どんなルートで帰ったらいいのかと、受付で案内をしていた人に聞きました。車でもないと不便な場所で、しかも土地勘もないのです。
e0181373_21192127.jpg
 最寄り駅までのコミュニティバスが日曜日は運行していないから、という会話に、近くにいた男性が入ってきて、駅の方向に行くから送ってあげるよと。渡りに助け舟。親切な方に感謝です。
 これが、昨日カタバミのハートの葉に反応した理由。世の中には優しい心も充ち満ちていますよね。逆の事象ばかりがクローズアップされるけれど。
 さて最寄り駅は、北条鉄道の北条駅。一両編成のワンマン列車。田舎の風景とレトロな駅舎がノスタルジックで、楽しい20分ほどの列車旅。粟生駅に着き、隣接するJR加古川線に乗り換え、さらに加古川駅で新快速に、明石駅で普通にと乗り換えを繰り返し、JR舞子駅で降りて、明石海峡大橋の橋脚を上がって、淡路島行きのバスに乗るという、面白い体験をして帰って来ました。



by kochira703 | 2019-10-21 21:15 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)