人気ブログランキング |

2019年 10月 28日 ( 1 )

背高さんたち(笑)

2019.10.28(月)  晴れ
e0181373_21153091.jpg
 色が濃くなって、アメジストセージらしくなってきました。切り戻しても1m超えです。今日はこの奥の、更に背の高い花を・・・
 南アフリカが原産のレオノティス。カエンキセワタ、ライオンズイヤーとも言います。2013年に宝塚のガーデンフィールズの挿し木教室でもらったので、7回目の開花になります。
 昨年一昨年と、強靱なレオノティスでさえ白絹病の餌食になっていたのですが、挿し木苗を作って消滅を免れました。好きな花という訳ではないのですが、ユニークな花姿は存在感があるし、背の高さで空間に変化が出るから、無くしたくはないのです。
e0181373_21155282.jpg

e0181373_21155659.jpg

 カエンキセワタと背比べをしているのが、サルビア・イオダンタ。2016年に熊本県の花友だちからいただいたので、4回目の開花になります。綺麗な色は「シクラメンパープル」と呼ばれているようです。
e0181373_21160009.jpg

e0181373_21161219.jpg

e0181373_21161522.jpg

 カエンキセワタもイオダンタも2回切り戻したのですが、それでも2m超え。幸い大きな台風が来なかったので、倒れずにダイナミックな花姿を見せています。
 「幸い」という言葉を使うだけでも、心に刺さるものがあります。「幸い」ではなかった、被害を受けた地域、いまだ元の生活に戻れない人々の悲惨な状況が、気の毒でなりません。毎年毎年、各地に甚大な被害をもたらす天災。これからどうなっていくのだろうと、不安が心底にいつもうごめいています。
e0181373_21162172.jpg

 背の高い花の下で咲くサルビア・コクシネア。夏の淡いピンクが、涼しくなるにつれてアプリコット色になっていきます。咲いたばかりのこんな花を見ると、ほっとします。
e0181373_21162476.jpg

 ガーデニング日和。家から一歩も出ずに、庭仕事。





by kochira703 | 2019-10-28 22:06 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)