人気ブログランキング |

2019年 11月 11日 ( 1 )

大覚寺の嵯峨菊

2019.11.11(月) 曇り
e0181373_19334987.jpg
 かつては門外不出となっていた、大覚寺の嵯峨菊。江戸時代には各地で菊作りが奨励され、江戸、伊勢、肥後、美濃等の古典菊が作出されていました。江戸・肥後と並んで三大名菊と賞されていた嵯峨菊は、もともとは大沢池辺りの野菊だったそう。嵯峨天皇が手折られたそれを、長い歴史の中で、品種改良し栽培様式を洗練させていった、「雅な」菊です。
e0181373_19335843.jpg
 御殿の上から観賞するためでしょうか、草丈は2mと高く、花の数も上から3・5・7輪と決まっています。葉についても何か書いていましたが、ため息が出て、覚えるのはストップしましたよ(笑)
e0181373_19342101.jpg
e0181373_19343366.jpg
e0181373_19344122.jpg
 大沢池の周囲全部が昔は大覚寺境内だった等々、講師の先生の諸々の説明を聞かず、綺麗な紅葉の色に見入って写真を撮っていました。
e0181373_19350324.jpg
 でも真面目に聞いてもいるんですよ。聞いたことの大半は、右から左だけれど(笑)今回覚えたのが、金の蝉。
 江戸時代に東福門院和子が住まいしていた御殿を下賜された、寝殿造りの建物に、蔀戸(しとみど)を上げた時の留め具に、金色の蝉がいました。何のための飾りかというと、防火のおまじない。蝉が飛び立つときに・・・と聞いて、笑ってしまいましたが、昔の大工さんや職人さんは火事にならないようにと、祈る気持ちだったんだろうなと思ったことでした。
e0181373_19351478.jpg
e0181373_19352447.jpg
 嵯峨御所とも呼ばれ、皇族が門跡(住職)を務めてきたので、立派な勅使門や、寝殿造りの優美な佇まいなどに、格式の高さがうかがえます。また生け花の嵯峨御流の家元だけに、和服姿の女性も出入りして、お寺の雰囲気とは違うものがありました。

 この11月末で民生委員を若い人に替わってもらうことになりました。2期6年を手伝ってもらった協力員さん2人と、今日は解散会のランチに出かけました。務めはなくなってもランチ会は続けようって(笑)



by kochira703 | 2019-11-11 21:22 | 花巡り | Comments(6)