人気ブログランキング |

カテゴリ:花木( 412 )

久しぶりのアケビの実

2019.10.13(日) 曇り時々晴れ
e0181373_22092450.jpg
 プレハブ物置の半分を覆っているアケビ。アケビは2種類あると夫が言っていましたが、これが何なのかは不明。20年近く植わっていて、こんなに立派な実は初めて。色づいた大きなのを、用があって来ていたNさんと二人して賞味。種ばかりですが、自然の、上品な甘さは得も言われないですね。
 この実とは反対の側で、私が受粉させたのは、何故か極小サイズのが1つ。夏に伸びすぎた蔓を切ったからか。可哀想にアケビは邪魔もの扱いです。
 近くで咲くリコリス。先日偶然のことからハマオモトヨトウを発見した、あのリコリスです。間にもう1本あったのです。花も蕾の時に食べられたのが分りますよね。一時は倍以上の本数があったのに・・。ハマオモトヨトウが知らない間に球根にまで侵入してたのかなあ?
e0181373_22093390.jpg
 別の場所にも1本。こちらは被害に遭っていません。
e0181373_22093664.jpg
 タイワンホトトギス・青龍というラベルが残っています。花に青味があるのです。ホトトギスが本格的に咲く時季になりました。
e0181373_22095301.jpg
e0181373_22095970.jpg
 プレランサもホトトギスも、もう10年選手です。枯れるけれど消えてしまいはしない、という感じで生きています。
e0181373_22100577.jpg
 昨夜は台風情報、台風被害が気がかりで、落ち着きませんでした。Wちゃん宅は多摩川の近くなのです。マンションの3階で安全ではあるのですが、今にも氾濫しそうな濁流や、各地の被害状況を見ていると、関東地方でどれほどの被害が発生するのかと、不安に駆られました。
 一夜が明けると長野や東北も、堤防の決壊や川の氾濫で大きな被害、という表現を遙かに超えるような非常事態。呆然とするばかりでした。被災された方々の心痛、これからの苦悩や苦労を思うと、言葉がありません。
 いつどこで起こるか分らない巨大災害。南海地震と津波の不安が、日常生活をしていても常に意識の底流にあるので、人ごととは思えません。次々と天災が起こる、大変な時代を我々は生きているのですねえ。




by kochira703 | 2019-10-13 23:15 | 花木 | Comments(5)

ボンテンカ初開花

2019.9.30(月)  晴れのち曇り
e0181373_21040617.jpg
 サルビア・アズレアのブルーがしみじみ美しい。アズレアは空色の意味だとか。1回は切り戻したのですが、途中から中に入っていけなくなるから、細い茎が曲がって倒れ、てんでに咲いています。綺麗なスカイブルーに促されて、今日はこの小道沿いの草むしり。
e0181373_21041295.jpg
e0181373_21041592.jpg
 瓦屋さんの処分場で拾ってきた、長短あるレンガ(みたいですが、瓦工場でもレンガを焼くのかな?)を敷いた小道が、春以来久しぶりに向こうまで開通しました(笑)先日も片付けを途中で投げ出していたのです。
 引きむしったのはエリゲロン、シオン、雑草。アズレアだけはそのまま花を咲かせます。アズレアは切り戻し1回では到底ダメで、2回、3回と切り戻して姿よく、今度こそはと思うのでした(笑)
e0181373_21044882.jpg
 レンガの小道の端からメインガーデン方向を見ると、チェリーセージとアメジストセージ。アメジストセージはようやく花穂も伸びて、色が出てきました。
e0181373_21042105.jpg
 丸亀のHさんに3年ぐらい前にいただいたボンテンカが、今年初めて花を咲かせました。勢いよく伸びた枝に、うつむいて開花。アベルモスクスやハイビスカスと同じ、象さんの鼻をしているから、アオイ科の花とすぐ分りますね。
e0181373_21044026.jpg
e0181373_21043666.jpg


by kochira703 | 2019-09-30 21:45 | 花木 | Comments(4)

青空と一緒に

2019.9.26(木)  晴れ
e0181373_20163157.jpg
 明日から天気は下り坂という天気予報があったので、今日は青空バックの写真を撮りました。ソラナム・ラントネッティとジャスミン・ホワイトプリンセス。
 シコンノボタンとノボタン・コートダジュール。
e0181373_20164502.jpg
e0181373_20165091.jpg
 銅葉ヒマも青空に綺麗だとカメラに収めたら、異変が・・・葉が無くなってしまった一枝。よく見ると、アンズにいたヒロヘリアオイラガ。
e0181373_20170150.jpg
 写真の右下に1匹、左上に2匹。10数匹を捕殺しました。これまで木の葉に付くとばかり思っていましたが、草も食べるのですねえ! 思ってもみなかったから、気づかないうちに最大級に育っていました。葉をみな食べて、太い葉脈だけ残しています。
e0181373_20170651.jpg
 黄花コスモスとルリマツリ。
e0181373_20171408.jpg
 カリアンドラ・エマルギナタ。バックの右は楷の木、左は白木蓮。
e0181373_20171918.jpg
 今日も用があって庭仕事が出来ませんでした。でもまだこう暑くては、本格始動もママなりませんね。

 今日初めて写真のトリミングをしてみました。偶々クリックしたら、以前に娘が触っていた画面が出てきて、あれこれいじり、自分でもこんなことができるのかと驚きましたよ。1枚目の写真は色と光を、2,3枚目は電信柱の傾きを修正。面倒くさくなって、それでお終い。



by kochira703 | 2019-09-26 20:40 | 花木 | Comments(4)

カリアンドラ・エマルギナタ

2019.9.20(金)  曇りのち雨
e0181373_21183678.jpg
 消えたものを嘆いても仕方ないのですが、一昨年の夏のカリアンドラ・エマルギナタが忘れられません。いただいたのを鉢植えで管理すること4年。大きく生長したのを地植えにして、満開時には百個もあろうかという花が咲いて、それはそれは見事だったのですが、冬を越せませんでした。小さな挿し木苗が1本あったのが幸いでした。
e0181373_21184055.jpg
       
e0181373_21184487.jpg
 今日は午前中植木屋さんが来て、"ジャングル地帯”に分け入ってもらいました(笑)しなきゃいけないと思っていたことを頼んで、剪定枝などのゴミも捨ててもらって、最後にはイラガ退治まで・・・肩の荷がずいぶん軽くなりました。
 昨日伐ったイヌエンジュだかエンジュだか。切り口が綺麗なので、何に使う当てもないのですが、幹を切り分けて残してもらいました。
e0181373_21185340.jpg
 ブルーベリー畑を這わしていたホースと鳥除けネットとの片付けを、先日Nさんに頼んでいましたが、植木屋さんが午前中で終わるので、お昼のお弁当を持って来てくれることに。
 ところが12時前から雨がぱらつき始めたのです。本降りにならないうちに急いで作業を片付けていたら、中に入ったのは1時半にもなっていました。
 お昼を食べ、TVを見ながらお喋りし、一時は庭にも出たのですが、出た途端に雨が大粒になり、「また出直すわ」(畑仕事もしてくれるつもりだったようです)と言ってNさんは帰っていきました。
e0181373_21185851.jpg
 メインガーデンの奥のヒガンバナが終わった時、(もう一ヵ所のヒガンバナ・・遅いなあ・・?)と考えて、慌ててアベルモスクスの植木鉢を移動したのが、1週間くらい前。3日前には10㎝ほどの花茎(ちょうど写真の左ほどの)が、1晩で伸びてきて、それが今日は蕾を膨らませました。明日辺り開花しそうだから、芽が出て花が咲くまで4,5日しかかからないのですね。
 隣の赤いのはガーベラです。



by kochira703 | 2019-09-20 22:15 | 花木 | Comments(6)

エンジュ?

2019.9.19(木)  晴れ
e0181373_21272952.jpg
 19年前に夫が植えた木。夫の友人が来られた時にエンジュだと聞いて、後からネットを検索し、イヌエンジュじゃないかと思っていました。それを今日は根元からチェンソーで挽いてもらいました。
 写真が最後の姿です。空に向かって真っ直ぐ伸びる枝を、毎年切っていたので、初めの頃の勢いが幾分衰えています。
 アップする前にイヌエンジュかどうか確かめておこうと検索。今度はなんだかエンジュのような木がしてきました。ともあれ、もうありません。混み合っている所の大きな木を、少しずつ減らしていこうと思っています。
 今日切ってもらったのは他に、信州大実というアンズの太枝、ロウヤガキ、虫食いで枯れ死寸前のスモモ、カリンの太枝、ハクモクレンの新枝、ヒラドツツジ、ユキヤナギを3株、隣家にはみ出したニシキギの枝。
 明日も半日、細々した所をしてもらうことにしました。
e0181373_21280077.jpg
 ピンクのシュウメイギクが咲きました。


by kochira703 | 2019-09-19 21:58 | 花木 | Comments(0)

ブッドレア・ムーンシャイン

2019.9.13(金)  雨のち曇り
e0181373_20174780.jpg
 2015年の7月にあわじオープンガーデンの研修会で行った、愛知県の「花遊庭」。そこで買って来た、黄金葉のブッドレア・ムーンシャイン。花は繰り返し咲いています。蝶がよく集まるとは言うけれど、ここに集中しているのを見かけたことはありません。
 左下は同じ葉色のオウゴンシモツケ。同色を並べて植える癖がここでも(汗)明るい葉色が効果的な場所を考えて植えればいいのにと、後から反省しても、植え替えは面倒(笑)
 その左のギョリュウバイは、ブッドレアより半年早く植えて、5年目。オウゴンシモツケはそれより古株。イマイチ決まらない場所です。
 後ろの葉が疎らな木が、この間から虫退治に励んでいたアンズ。
e0181373_20175472.jpg
 違う角度から。ブッドレアは椿の木の奥。その向こうはブルーベリー畑。
e0181373_20175989.jpg
 椿の木の下にはリュエリア。ポツポツと咲いて写す機会がありませんでした。
e0181373_20180366.jpg
 美しくないものはアップしない主義ですが(?)、被害の様子をご覧ください。何度も見たこの木に、今日もまた10数匹。まあ新芽は出てくるから問題はないのですが、来年の発生を抑えるために捕殺に励んでいます。
e0181373_20180951.jpg
 あまり多くはありませんが、朝のうち雨が降って、水やりもしなくてすみました。気温も低く、絶好のガーデニング日和。久しぶりに6時間以上働いて、充実感だけはたっぷりです。




by kochira703 | 2019-09-13 20:59 | 花木 | Comments(2)

見頃のノボタン・コートダジュール

2019.9.12(木)  晴れ
e0181373_21373181.jpg
 8月上旬から咲き始めたノボタン・コートダジュールが満開。今年は木が大きく育ったので、写真を撮ろうとすると邪魔をする、ハマボウの横に伸びた枝を切りました。トンネルのようになっていたので、それはそれで気に入っていたのですが、花優先です。
 一昨年の冬の寒さで地上部が枯れた後、周囲に数本の新枝が出ました。昨年はそれが枯れなかったので、今年は2mくらいに生長しています。
e0181373_21373617.jpg
 反対側から。紫色が右半分しか見えませんが、幹というには細い、枝というか、茎というのは草本だし・・・数本をシュロ紐で緩くまとめて結んでいます。大きくなった時を想定しないで植えているから、狭くて困ったもの。
e0181373_21374176.jpg
 4本出ていたヒガンバナがみんな開花。
e0181373_21375586.jpg
 義母の部屋から見るナツユキカズラ。アーチからはみ出して、ニシキギを伝って横にも広がっています。これも一夏で2,3mは蔓を伸ばすのですね。
e0181373_21380441.jpg
 キンミズヒキは庭のあちこちに咲いてはいますが、ここは花壇だから、植えたものではありません。
 ダイコンソウを数本植えていたので、川崎に行くまでは、ダイコンソウが残ってくれたと思っていたのです。ところが帰って来たらキンミズヒキになっていたという訳(笑)葉が違うのだから、よく見れば分るのに、思い込みって恐いですね。
       
e0181373_21381086.jpg
 今日も虫退治。新たにハマオモトヨトウも加わり、終日かかりました。目を閉じるとイラガやモンクロシャチホコの残像が(笑)



by kochira703 | 2019-09-12 22:09 | 花木 | Comments(2)

何回目の花盛り?~ナツユキカズラ

2019.9.10(火)  晴れ
e0181373_20461874.jpg
 ナツユキカズラがまた白さを増してきました。朝、庭に出るときに、ニシキギの向こうがふわーっと真っ白に見えます。
e0181373_20460580.jpg
 角を曲がると、ジャスミン・ホワイトプリンセスとソラナム・ラントネッティの花。写真では紫色が見えませんが、この3つの花木が花盛り。何度目かの花盛りは、葉を枯らして落とす木々や立ち枯れる花の多いこの時季の救いです。
e0181373_20461047.jpg
 ジャスミンの脇を通り、ソラナムのトンネルをくぐると、ナツユキカズラの正面に出ます。
e0181373_20564351.jpg
 でもブルーベリー畑から、すなわち南側が、植物にとっては「正面」ですね。真っ白いドームになっています。
e0181373_20462451.jpg
 朝は青空が少しだけで、にわか雨でも来ないかと気を持たせる雲行きでしたが、後はかんかん照り。
e0181373_21005387.jpg
 かんかん照りの下、今日も毛虫退治に励みました。ブルーベリー畑の横のアンズの木にも、モンクロシャチホコとイラガ。今年は大発生です。アンズの木が大きいので、脚立の最上段に上がって、細枝を引き下げて、葉ごと切除して袋に入れる作業には、細心の注意を払います。
 それからアブチロンの葉巻虫。タカサゴフヨウにはフタトガリコヤガ。
 夕方、水やりしていたら、また別の場所のアンズの葉も透けて見えます。明日も眼鏡を掛けて毛虫退治ですね、きっと。
 アンズには虫がよく付くけれど、ジャスミンやナツユキカズラは虫の心配がない。ソラナムにはカメムシですが、毛虫ほど捕殺に困らない。葉裏の卵を見つけるのが一番。成虫は手で掴んで、ペットボトルに水を入れ、台所洗剤を少し落とした中に投げ込むと死んでしまう。
 強くなったなあ、私(笑)


by kochira703 | 2019-09-10 21:22 | 花木 | Comments(10)

原種系ハイビスカス開花

2019.9.1(日)  曇り
e0181373_20530090.jpg
 大きくなったノボタン・コートダジュールが満開。大木になっていた別の1本が、前の冬の寒さで枯れたから、この木を大きくしたいと、のしかかっていたキソケイの方を、今年は少し切りました。
 今日の感動は冬に徳島のTさんからいただいた、原種系ハイビスカス。ピンクの色もニュアンスがあって、エレガントな感じがします。
e0181373_20535709.jpg
 同じ原種系ハイビスカス・ロバツスの透明感のあるピンクとも、
e0181373_20541131.jpg
 可愛い感じのアニソドンティアのピンクとも違い、それぞれにそれぞれの花色。
e0181373_20541960.jpg
 アニソドンティアは鉢植えにされ、ちょっと勢いに欠けます。
 いま勢いがあるのは、紫の小花が満開のソラナム・ラントネッティと、白い小花が芳香を漂わせているジャスミン・ホワイトプリンセス。
e0181373_20543893.jpg
 原種系ハイビスカスの初花は昨日咲いた様子。クレロデンドルム・ウガンデンセも留守中に開花していました。30~31日とバスツアーで、四万十川と四国カルストに行っていました。傘を差すことは無かったのですが、時折小雨が降って来たり、霧がさーっと流れて来て真っ白になったり、晴れていったり。バスの中からハギやススキの花を見かけました。四国カルストは1400mぐらいあるので、秋が始まっていました。
e0181373_20545563.jpg
 ガーベラやツルバキアも咲いています。
e0181373_20534026.jpg
e0181373_20534823.jpg
 明日から川崎に行くので、帰って来たら庭はどうなっているか、ちょっと恐いかも。水分たっぷりで何もかもが生長著しいのです。黄花コスモスの間にも小道があったんですよ(笑)
e0181373_21244684.jpg



by kochira703 | 2019-09-01 21:29 | 花木 | Comments(4)

復活!

2019.8.21(水)  曇り
e0181373_20314115.jpg
 今朝になると、カメラのレンズに付いていた小さな水滴が消えていたので、装着して試し撮りすると、昨日は動かなかったピント合わせも自動ででき、写真もご覧の通り。ダメになったと思っていたカメラが復活しました!
 ご心配をお掛けしました。濡れたのがレンズだけだったので助かったのですね。やれやれ。
e0181373_20314720.jpg
e0181373_20313415.jpg
 コバンソウの前に植えていたセントーレアが枯れました。那須高原から飛行機に乗ってやってきたネペタも消えて無くなっていました。高温多湿には弱いそうだから仕方ないですね。
 高温多湿で白絹病も多発。いろいろ手当もしてみましたが、この頃は諦めの境地。あまり心が悲しまなくなっています。
e0181373_20315843.jpg
 夏は南方系の植物に任せることにしましょう!




by kochira703 | 2019-08-21 20:46 | 花木 | Comments(4)