人気ブログランキング |

カテゴリ:1年草( 53 )

こんな花も咲いています

2019.5.16(木)  晴れ
e0181373_22411124.jpg
 こぼれ種のオルラヤが庭のあちこちで満開。これまたこぼれ種の紫のチドリソウも見頃。小さなマンテマの花もようやく咲いて来ました。オルラヤとマンテマ。
e0181373_22411665.jpg
 ラグラスとマンテマ。マンテマは雑草のように増えますが、野の花ガーデンらしくて好みの花です。このラグラスもネコジャラシっぽいグラスで、いい感じです。     
       
e0181373_22412716.jpg
e0181373_22413288.jpg
 ペンステモン・ハスカーレッドの花も地味で目立ちません。
e0181373_22414080.jpg
e0181373_22414513.jpg
 写真の右の方、白い小花がペンステモン。褐色の長い穂は、ブルビネラの枯れた花穂です。
e0181373_22415003.jpg
 ふわふわグラスのスティバも今が花時。一年草のフロックスと。
e0181373_22421303.jpg
 こぼれ種スイトピーの花が咲いてみたら、何と紫が白に変異していました!
e0181373_22420382.jpg
 左端のスイトピーしか植えていないのですが、何故に白?中央の濃い紫の花穂はデルフィニウム。植えた場所が悪かった!
e0181373_22421963.jpg
 こちらは植えた場所が良かったか、大きくしっかり育ったカラーです。白にグリーンが入る花は、グリーン ゴッデスという品種のようです。右の花は4月のオープンガーデンに咲いていたので、花持ちは1ヶ月以上という優れもの。
       
e0181373_22422541.jpg
e0181373_22423070.jpg
 甥の結婚式のために明日の午後から出かけます。今日はNさんが来てくれて、掃除をみんな引き受けてくれました。私は未だに植え替えやガラクタの片付け。夕方5時まで、2人黙々と作業。何とか準備ができました。
 そんな時、オープンガーデンに来られないからと、お客が2人。お顔に覚えがあるから、よく来てくれる方のようでした。さっと案内しましたが、珍しい花ばかり、手入れがよく出来て、と言いながら見てくれたので、これでまあ安心です。
 Nさんが帰ってから、たっぷり水やりをしていたら、途中で真っ暗になって中断。残りは明日に持ち越しですが、水やりしながら、頑張ってよと花たちによく言い聞かせました(笑)

 




by kochira703 | 2019-05-16 23:25 | 1年草 | Comments(8)

スイトピーに突然変異?!

2019.4.30(火) 曇り
e0181373_20141728.jpg
 明日からは5月。5月と言えばアヤメ。日本のアヤメもだいぶ咲き進んできましたが、今日は新しく加わったダッチアイリス。オランダのアヤメも色鮮やかですっきりとしています。
黄色も爽やかな色です。シレネとガラクトーシスを植えた時には、芽が出ていなかったのかなあ?存在を忘れていたとしか言いようのない密植。 
e0181373_20143430.jpg
 ジャーマンアイリスの方は時にぼってりと見え、時に華やかさに見とれ(笑)ドイツは質実剛健のイメージですが、アヤメはゴージャスに咲きますね。
 タマネギの後はカモミール畑になりました。
e0181373_20144657.jpg
 反対側は早くも鬱蒼と。右奥にスナップエンドウの壁が出来ていたのですが、先日の大風で半分崩壊。茎は折れているけれど、まだ枯れてはいません。
 今日は息子の友人たちが泊まっているのですが、収穫体験をしてもらいました。小さな子どもたちが早々に引き上げた後、大人4人、終いには黙々と(笑)収穫体験と言えば余暇だけど、もはや労働だねと笑ったぐらい、沢山の実が生っていました。
e0181373_20145211.jpg
 畑にはカモミールとコキアが溢れています。ここの白はスイートアリッサム。アロンソワやバージニアストックが咲いている所ですが、勢いのあるのがサルビア・パープルボルケーノとムラサキツユクサ。ボルケーノ(火山)が爆発したように広がっています。銅葉の葉が年中あるのが好都合で、小道の脇に植え広げていたら、今や辺り一面です。
e0181373_20160583.jpg
e0181373_20161685.jpg
e0181373_20162220.jpg
 オルラヤもだいぶ咲いて来ました。
       
e0181373_20163111.jpg
e0181373_20163889.jpg
 好みのスイトピー。種が落ちてあちこちで。今日の発見は突然変異。この写真ではスイトピーとも見分けがたいですが、一種類しか植えていないのに、白が出たのです。
e0181373_20164387.jpg
 自然交配していろいろな色が出現するのは、ムラサキツユクサやリナリアで見てきました。青いエキウムやアマに白が出ることもあります。このスイトピーもそれでしょうか?
 どんな色が出るだろうかと咲くまで残すから、庭中にムラサキツユクサ。ここにも3色。以前にも写しましたが、このピンクが一番色濃く、何だか痛々しいほどの色です。(写真は少し淡く写っています)
 まあとにかく自然に任せておくと、それがどうしたってもんですが、思いがけない花が咲いて面白いです。
e0181373_20164971.jpg





by kochira703 | 2019-04-30 20:59 | 1年草 | Comments(4)

オンファロデスの霞

2019.4.26(金) 晴れのち曇り
e0181373_20492888.jpg
 青みがかった細い葉の上に、無数の真っ白い花が散らばって、カスミソウより霞んで見えるオンファロデスです。一面がぼーっと白く、一瞬息を呑むほどの美しさ。写真ではそれが伝わりませんが、このところの朝の感動です。
 今年は後ろのホントのカスミソウも揃って、いい感じになりました。
e0181373_20493850.jpg
 カスミソウの並びはシャスターデージーとシレネ。ミツカドネギも白を添えています。
e0181373_20494668.jpg
 スパラキシスは終わり、代わって優しいオレンジ色のトリトニアが咲いて来ました。後ろの花壇の白もオンファロデスです。
e0181373_20502732.jpg
e0181373_20503335.jpg
 昨日は庭の左半分だけで作業。右半分は見るのが恐かった(笑)
 予報では風速7mだったのに、夜に予報を見ると11mに変っていました。風速が2桁になると、さすがに持ちこたえられません。アグロステンマは倒れ、中には折れているのもありました。スイトピーやヤグルマソウの傾いたのを直して、今日の作業は終わり。
e0181373_20504719.jpg
 バーバスカムとウォード。写真を撮りながら作業を小一時間して、三宮へ用があって出かけました。次からの写真の色が違うのは昨日の夕方に撮ったものだからです。
e0181373_20510207.jpg
 バーバスカムの下で咲いているのは、徳島のTさんからいただいたもの。宿根リナリアと聞いた気がするのですが、花を見ればリナリアだけれど、普通に売っている宿根リナリアはもっと背が高くて花が細いですよね。また尋ねてみなきゃ。(後日記:リナリア・ネオンライツという品種だと教えていただきました)
e0181373_20510790.jpg
 これも近くのリクニス・フロスククリ。
e0181373_20511577.jpg
 小ぶりの春咲きグラジオラスがいい色で咲いて来ました。今の季節に次々と咲いてくる球根の花は、南アフリカ原産のアヤメ科の植物ですね。フリージアに始まり、スパラキシス、バビアナ、メラスフェルラ・ラモーサ、春咲きグラジオラス、イキシア、トリトニア、ワトソニア。植えっぱなしでOKだし、どんどん増えるしで、うちの庭はこれなしでは成り立ちません。
e0181373_20512964.jpg




by kochira703 | 2019-04-26 22:01 | 1年草 | Comments(12)

小花ワールド(笑)

2019.4.23(火) 曇り
e0181373_21161654.jpg
 ピンクの花が増えたと指摘を受けた今年。確かに、アークトチスのピンクの大きな花を喜んでいます。ラナンキュラス・ラックスやデルフィニウムの華やかな花も増えました。見栄えを意識してのことですが、元々は小さな花、青い花が好きだったのです。もちろん今も。
 だから今日の写真は小花ワールド(笑)
 こぼれ種で小さな白い花を咲かせるオンファロデスは、無くてはならない花。後ろに咲くのは、丸亀のHさんからいただいたカスミソウ。どちらもこれから真っ白になってくれるはず。
e0181373_21162540.jpg
 ミツカドネギの白は終わりですが、シャスターデージーの白が開花スタート。
e0181373_21163300.jpg
 こぼれ種のワスレナグサとオンファロデス。これも好きな組み合わせ。
e0181373_21164276.jpg
 そこに去年は真っ白なツツジが咲いたのですが、今年は花が疎ら。
e0181373_21164981.jpg
 この一角も、ともにこぼれ種のオンファロデスとチドリソウ。
e0181373_21165843.jpg
 ここはセリンセやスイトピーなどの種がこぼれた花畑。オンファロデスもあるのですが、奥に隠れてしまいました。
e0181373_21171284.jpg
e0181373_21173184.jpg
 小花の間に引き締め役のアイリス。
e0181373_21171863.jpg
 花畑の奥の明るい一角。こぼれ種で何年も咲き継いでいるフクロナデシコやラグラスやオルラヤ。
 昨年Nさんにいただいて植えたナデシコが、いくつか残っていたので、今年の苗も追加して、花壇の縁取りの瓦も移動して、野菜畑に領土を拡大(笑)
e0181373_21174785.jpg
 濃いピンクのオキザリス。小さくて可愛いと置いているので、増殖中。
e0181373_21174083.jpg
 今日は植木屋さんを頼んで、アンズの縮葉病やアブラムシの付いた葉を除去するために、軽い剪定をしてもらいました。それから蕾を付けていないシマサルナシを、間引き剪定しました。





by kochira703 | 2019-04-23 21:51 | 1年草 | Comments(2)

アマ

2019.4.7(日)  晴れ
e0181373_21371013.jpg
 すっきりした姿に優しい水色の花。風に大きく揺れる、儚げなアマだけれど、意外に強い。リナムとかフラックスとかの名も。昔は北海道で栽培され、麻に製品化されていたようです。種は亜麻仁油に。大きな実が沢山出来るので、油もしっかり絞れそうです。
e0181373_21370378.jpg
 アマは青い花の花壇の奥で咲いています。種を直播きしました。
e0181373_21371972.jpg
 ネモフィラの青。
e0181373_21372541.jpg
 ヘリオフィラの青。
e0181373_21374087.jpg
 ファセリア・トロピカルサーフの青。
e0181373_21372930.jpg
 以上4つの青い花は似てもいますが、それぞれに個性があって甲乙付けがたく、"みんな違ってみんないい”ですね。
 タマネギ畑にもアマ。タマネギはリナリアやカモミールに負けそうです。ひょろ、ひょろっと葉が伸びているのが見えますか?(笑)奥の、茶色っぽい若葉が出た蔓は、シマサルナシです。
e0181373_21374838.jpg
e0181373_21375597.jpg
 アマとセリンセ。早生のタマネギと大根の白い花も見えています。
e0181373_21380310.jpg
 花友だちFさんから誘いがあって、諭鶴羽ダムの花見に。期待通りに山桜が山をピンクに染めて、最高の花見時。ここに来る道中も山桜の景色が素晴らしく、中2日で開花が一気に進んだと分ります。ダム湖周囲の桜のトンネルを車で一周して、ダムの上からソメイヨシノと山桜が競演する絶景を眺めて、春を満喫しました。
e0181373_21391484.jpg




by kochira703 | 2019-04-07 22:33 | 1年草 | Comments(2)

1週間ぶりの庭

2019.3.25(月) 晴れのち曇り
e0181373_21085097.jpg
 昨夕に帰宅し、さっと庭を見て、義母の病院へ。週末にはブログ再開しますと書きながら、週明けになってしまいました。川崎に行ってからも、花粉症の症状がひどくなって(と思っていたら)、土曜日には熱まで出て、これは風邪だなと気づいたという、笑えない話(笑)
 花粉症との付き合いも長くなりました。病院に行くのも面倒だから、市販の目薬と全然効き目のない塗り薬を持っていただけ。娘が内服薬とスプレーを買ってきてくれましたが、薬を飲んだ日にしんどくなったので、今日は手が出ませんでした。スプレーはしたけれど、効いたのやらどうやら? 花大好き人間に、花粉は何と酷い仕打ちか!杉であれ檜であれ、避けて飛ぶのが礼儀じゃないかと怒ってやりたいですねえ(笑)
 さてハクモクレンは見事に散っていました。タマネギ用のコンテナいっぱい拾ってくれていましたが、花壇に降りかかっています。朝一番の仕事はそれを取り除くこと。拾い集めた花びらは、ブルーベリーの畝の間に敷きました。
e0181373_21085701.jpg
 ハクモクレン下の花壇はブルーの花をメインにしようと思ったところです。今はヘリオフィラとネモフィラとムスカリのブルーが咲いています。
e0181373_21090887.jpg
 昨秋にNaさんい大量にいただいたムスカリとラケナリアの球根を、隙間に埋め込んだのですが、ラケナリアは場違いでした。来年はどこかに引っ越します(笑)
e0181373_21091789.jpg
e0181373_21093475.jpg
 紫のムスカリ、白いアリウム・トリクエトルム、赤紫のプリムラは長年の住人。うちの花壇はとにかく先住民優先なのです。
e0181373_21094184.jpg
 ヘリオフィラかと思って蒔いたのが、出てきたらバージニアストックだったという大失敗をして丸亀のHさんにお願いしたら、沢山の苗をくれました。数本を固めて植えて支柱と紐で一まとめにしたのを3ヵ所に。綺麗に咲いてくれました。
 でも今が見頃。一番先に咲いたのは満開を通り越したので、4月第3週のオープンガーデンには片付けないといけないかもしれません。面影だけでもとどめてくれていたら、ヘリオフィラ談義も出来るのですが・・・。これからまた、オープンガーデンに花がなくなる~という、毎度毎度のボヤキが始まります(笑) 
e0181373_21095373.jpg
e0181373_21095940.jpg
 ラナンキュラス・ラックスも満開です。
e0181373_21101002.jpg
e0181373_21101435.jpg
 ブルーの花ではプルモナリアも花盛りです。
e0181373_21103328.jpg
e0181373_21104305.jpg







by kochira703 | 2019-03-25 21:53 | 1年草 | Comments(6)

野菜畑変じて・・

2019.3.4(月) 雨のち曇り
e0181373_20241262.jpg
 細い雨が降ったり止んだりで、庭に出る気が起こらず、台所仕事や病院や雑用やで一日が終わり、何となく物足りない気分。明日は頑張らなきゃ!
 雨に濡れたバージニアストックの色が、鮮やかに目に飛び込んできたので、もう1つのバージニアストックを写すことにしました。
 畑の脇。実はここでバージニアストックの種を蒔き、ごく一部だけ移植した先が、1枚目の写真。何百と発芽して、キチンと植えてもらえたのは一体いくらか。混み合っているから生長できないここでは、短いままで花を咲かせています。
 バージニアストックの向こうはアグロステンマ。これは移植しました。その奥のすっと伸びたのはアマ。一昨年まではタマネギを植えていた畝をつぶして、種蒔きをしたという訳です。
 リナリアはこぼれ種で勝手に生えてきたものです。
e0181373_20242437.jpg
 アマの方はいくらか移植したので、地面が見えています。でもこれも移植できないままに日が過ぎて、ここで花を咲かせても綺麗だ、来年はもっと広げようなどと考えています。野菜畑と花畑が一体となった庭もまた良し、かな?(笑)
e0181373_20243229.jpg
 今年のタマネギは暖冬だったせいか、生長が早いように思います。
e0181373_20244027.jpg
 ベルベットのような質感のある紫のビオラが、雨に濡れて一段と綺麗な色をしていました。こぼれ種のラグラスが膨張しています(笑)ここは畑の東の端。上の白いスイセンが西の端という位置関係です。
e0181373_20245339.jpg






by kochira703 | 2019-03-04 21:01 | 1年草 | Comments(6)

ヘリオフィラ

2019.2.25(月) 晴れ
e0181373_21013512.jpg
 丸亀のHさんのブログを拝見するようになったのは、このヘリオフィラに目を奪われたからです。見たこともない青い花や小さな花が、溢れるように咲いているのに惹かれて、お宅にまで押しかけたのが2010年のことでしたから、お付き合いも早や9年目になります。
 昨冬にもヘリオフィラの苗をたくさんいただきました。寒さに弱いからナイロン袋を被せていたら、しっかり育ってくれました。先月いただきに行ったファセリア・トロピカルサーフという青い花は、ポットに植え替えていたのを今日地植えしました。
 ヘリオフィラの後ろに見えるアマも青い小花で、これも初めはHさんからです。今年は青い小花がよく咲きそうで、ちょっとワクワクしています。
 ピンクの小花はバージニアストック。これも何年か前にHさんから。
e0181373_21014644.jpg
 Hさんからの花苗に付いて入って来たらしい、白いスミレ。今や勝手にあちこちで咲いています。
e0181373_21015564.jpg
 このビオラはHさんが種蒔きしたマンゴーアンティークという品種。ニュアンスのある素敵な色合いです。雰囲気が伝わる、いいネーミングですよね。
e0181373_21022428.jpg
 マンゴーカラーからピンクっぽいのやら赤味が強いのまで、色幅があるのも魅力です。クリスマスローズの隙間に植えたら、いい感じになりました。よかった~!
e0181373_21020787.jpg
e0181373_21060767.jpg
e0181373_21023070.jpg
e0181373_21025202.jpg

 






by kochira703 | 2019-02-25 22:14 | 1年草 | Comments(4)

野に咲く花のように

2019.2.5(火) 晴れ
e0181373_20032719.jpg
 細い茎が風に揺れるリナリアは、か弱そうでいながら実は逞しい。仮に倒れたとしても、そこから沢山の花芽を立ち上げて、一段とにぎやかに咲きます。そして種を落として咲き継いでいくので、庭が出来て以来20年近く、早春の庭を彩って、心爽やかにしてくれます。
 以前はタマネギを植えていたけれど、一昨年から場を花に譲った畑の一角。リナリアとアマとバージニアストックが咲いています。右の水色の花がアマ。
e0181373_20035674.jpg
 バージニアストック。これは種をここにバラ蒔きました。
e0181373_20034362.jpg
 花壇に移植するつもりだったのに、植え替えたのは少しだけ。
e0181373_21033149.jpg
 フユシラズも野に咲く花のように人を和やかにしてくれます。
e0181373_20033384.jpg
 もう春が来てしまったような暖かさ。気分的に急かされます。冬の間にしておくべきことがいっぱい残ってる!でもまだ冬ですよね(笑)


by kochira703 | 2019-02-05 21:14 | 1年草 | Comments(6)

ストック、プリムラ花盛り

2019.1.25(金) 晴れ
e0181373_20455429.jpg
 2日間頑張った自分へのごほうびランチに付き合ってと、Nさんにメールしたら、いつも忙しくしている彼女が幸いに予定無し。今日は淡路市の古民家レストランで、美味しいイタリアンをいただいてきました。帰りに「ここまで来たんだから、ラン展に行こか?」とNさん。「残念でした!ラン展は明日から。今日は植物園はお休み」と、リサーチ済み(笑)
 帰ってきて庭仕事。先日ホームセンターでふと目が止まって買ったシャラの木を植えました。ポットから抜くと根が頼りなくて、これはどうなるか分らないなあと思いました。
 予報では寒くなると言っていた今日も、太陽が出ているのでさほどの寒さでもなく、ストックやプリムラなどは今を盛りと咲いています。
 4月のオープンガーデン(4/20,21)にはストックとプリムラは抜かないといけないだろうから、その後は代わってビオラに生長してもらう算段ですが、どうなるかな?
e0181373_20460206.jpg
 スーパーの店先で買ったカンパニュラ・ベルフルールに花が咲いています。どんな感じになるのか、初めての花は楽しみです。
e0181373_20484133.jpg
 寄せ植えのビオラ。
e0181373_20462681.jpg
 明日は雪かもしれないとか。暖かさで咲き進んだ花たちがびっくり、かな?




by kochira703 | 2019-01-25 21:49 | 1年草 | Comments(6)