人気ブログランキング |

カテゴリ:花巡り( 117 )

諭鶴羽のヤマボウシ

2019.6.24(月)  晴れ
e0181373_21280387.jpg
 一昨年一緒にヤマボウシを見に諭鶴羽山に登った方から、今年はヤマボウシが花をいっぱい付けていると聞いたので、見頃の時に連れて行ってとお願いしていました。
 それが今日の山行。頂上手前の木々も、枝に雪が積もったよう。
e0181373_21280826.jpg
e0181373_21281444.jpg
 ウリハダカエデやテイカカズラの花も見えました。
e0181373_21282264.jpg
 山頂から少し下った所に、諭鶴羽神社があり、その横の休憩所から見た沼島(ぬしま)。霞んでいなければ、その向こうに徳島が見えます。
e0181373_21282808.jpg
 諭鶴羽登山453回目という彼女が、一番に見せたかったのが、この木。ヤマボウシ広場と名付けられたこの場所は、右手斜面の上に平和記念塔があるのです。
e0181373_21283414.jpg
 平和記念塔への石段を上がって写すと、圧倒的な花数。感動しました。登山口からしばらくは杉が植林されていて、ヤマボウシが出てくるのは、7、8合目くらいから(かな?)ですが、中でも一番の堂々たる大木。きっと自生していたのを残して、周辺を整地したのだろうと想像しました。記念塔建立が昭和の終わりだったから、30数年ではこれほどには生長しないですよね?
e0181373_21284053.jpg
e0181373_21284912.jpg
 向き合ってもう1本のヤマボウシ。終盤に入ったからかピンクに染まっています。
e0181373_21285437.jpg
 ほの暗い下り道から後ろを振り返ってみた景色も素晴らしかったです。ロープが写り込まないように駆け戻ることも厭いません。何しろ最初の花を見た途端に、私の足取りは軽くなったそうですから(笑)
e0181373_21290050.jpg
 6時半に迎えに来てもらって、諭鶴羽ダムに車を置いて、登り始めたのが6時50分。頂上が8時7分だったか?頂上までは人に会うことはなかったのですが、神社には数人。登山姿のグループやら、長野県からの人やら。
 下り道では現役時代の知り合いの女性2人と、相次いですれ違い、「あら、まあ~!」。それぞれが別々で登っています。
 私より年上の彼女は、4月に屋久島に行くので足慣らしと、1月から諭鶴羽登山を始めて、今日は101回目だとか!登山を始めてから減量はできるは、血圧・血糖値・コレステロール値は下がるはで、ジム通いよりいいとおっしゃっていました。
 私を案内してくれた方も普段は1人で登っておられるので、私以外の3人は山での顔なじみなのでした。
 10時半には帰宅し、庭を一巡りしてもらったら、11時過ぎ。それから昼寝。目が覚めて遅めの昼食を食べたら、すぐまた昼寝。起きて3時のおやつを食べても、まだ眠れそう(笑)こんなことをしていてはイカンと、気力を振り絞って庭仕事に。水やりしながら後悔しきり。感動と後悔に満ちた一日でした(笑)
 そうそう、帰り道では鹿の親子にも遭遇したのでした。
e0181373_00221075.jpg




by kochira703 | 2019-06-24 23:03 | 花巡り | Comments(8)

北関東花巡り2019~筑波実験植物園

2019.6.13(木) 晴れ
e0181373_22031835.jpg
 今回の旅行地を北関東にしたのは、つくば市に転居した友人を訪問するのが目的でもありました。つくば市には国立科学博物館筑波実験植物園(つくば植物園)があります。絶滅危惧種等の多様な植物を収拾保全し、植物多様性の研究をしているそうですから、珍しいものばかり。
 行った時の温室の見頃植物は、1枚目の赤い植物、皇帝アナナスでした。ブラジルの高地の岩壁に生育し、開花までに10年かかるというから、この機を逃しては2度と見ることのない植物です。赤い花茎のようなのが5mも伸び続け、クリーム色の花を500個くらい付けるというから、この倍近くなりそう。
 2枚目の赤い花はヘリコニア・ロストラタ。
e0181373_22033412.jpg
 カカオは木の幹や枝から直接花が咲いて実になるようです。
e0181373_22463898.jpg
e0181373_22034270.jpg
 温室の中には珍しいものばかりですが、所詮異世界。見慣れた花の方が興味深く見て歩けます。友人が見所を案内してくれました。何しろ14万㎡もある広大な敷地ですから、どこをどう歩けばいいのか途方に暮れます。
e0181373_22041286.jpg
e0181373_22040316.jpg
e0181373_22042211.jpg
 温室の外にはエキナセアやジギタリスのような感じの花も見かけましたが、黄色は長い実が角のようだから、ツノゲシとか。
e0181373_22041722.jpg
 池の周りを歩いて、クレマチス展も見て、いろいろ勉強ができそうな、さすが国立科学博物館の実験植物園だと思い、少々後ろ髪を引かれつつ、友人宅に向かいました。
e0181373_22044312.jpg
e0181373_22045362.jpg
e0181373_22044838.jpg
e0181373_22050099.jpg
 新居が建って1年にもならないのに、家の周囲には素敵な花壇やお庭や菜園が、ぐるりとセンス良く配され、木々や花が早くも生き生きと育っていました。
e0181373_22051543.jpg
e0181373_22052351.jpg
e0181373_22053167.jpg
e0181373_22053968.jpg
 12時から4時半まで、ゆっくりさせていただいて、温かいおもてなしを受けました。友人ご夫妻が新しい地での生活を楽しんでいらっしゃる様子を拝見し、嬉しく思いました。
 茨城空港からの夕景色。筑波山が見えているのだと思います。夕陽の沈むのを眺めながら、しばし旅の余韻に浸りました。
e0181373_22054473.jpg
 明日から川崎に行ってきます。ブログを休みます。









by kochira703 | 2019-06-13 23:49 | 花巡り | Comments(6)

北関東花巡り2019~リーフ ハウス

2019.6.12(水) 晴れ
e0181373_22082536.jpg
 コピスガーデンの次に向かったのが、リーフ ハウス。以前にグラスに興味があってネット検索していた時に読み始めたこちらのブログ。ファンになって機会があれば訪れたいと思っていました。入り口からしていい感じです。ガーデンの小道を通って、一番奥にお店。
e0181373_22083209.jpg
e0181373_22084042.jpg
e0181373_22085557.jpg
e0181373_22084748.jpg
e0181373_22090654.jpg
e0181373_22091329.jpg
 こちらの家がお店ですが、商品の花苗はガーデンの随所に置いてあります。
e0181373_22091916.jpg
 次の写真の中央に商品が写っています。この苗はこんな場所に植えたらいい、大きく育ったらこんな風になる、ということが分るようにして、あちこちに置いてくれているのです。素晴らしい販売方法だと思われませんか?!
 でもよほどの信念がないとできない販売方法ですよね。お店は一番奥。ガーデンにお店の人はいない。悪意のある人が車まで持って出ても、多分分らない。
 園内を巡ってショップ前まで行くと、「那須マミーの庭」のご夫婦が来ておられたのです。我々の話をしていたところだと。(前日、リーフ ハウスに行くという話をしたのでした)再会できたおかげで、ゴヨウツツジを紹介してくださったお礼を言うことができて、よかったです。
e0181373_22100753.jpg
e0181373_22093720.jpg
e0181373_22094560.jpg
e0181373_22095462.jpg
e0181373_22100082.jpg
 思っていたとおりの、というよりそれ以上に植物愛に満ちた園芸店だったので、何か記念に買って帰りたくなって、今回の旅で気になったネペタ苗を購入。見てきたものとは種類が違うそうですが、丁寧にいろいろ教えてもらい、好感度さらにアップでした。
 この日6月3日も那須に泊まり、翌4日は那須を出発して、寄り道しながら茨城空港に戻り、夜の便で帰ります。




by kochira703 | 2019-06-12 22:41 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~コピスガーデン

2019.6.11(火) 晴れ
e0181373_21284850.jpg
 コピスガーデンはバラの最盛期。見事に咲き誇るバラはどれも美しく、香り高く、どちらを見てもうっとりするような花景色でした。
 中でも惚れ込んでしまったのが、この紫のバラ。名前を確かめて来ないところが私だと、ブログを書きながら反省。
e0181373_21290801.jpg
e0181373_21491832.jpg
 花の色は場所によってか、咲き進み具合か、個体差か、違いがありました。
 もう一つ好みだったのが、一重のバラ。色違いもあります。
e0181373_21291766.jpg
e0181373_21292695.jpg
 一番素敵に感じた花景色が、こちら。
e0181373_21293591.jpg
e0181373_21295039.jpg
e0181373_21222809.jpg
 木に登ったバラも素敵でした。
e0181373_21301279.jpg
e0181373_21301971.jpg
e0181373_21302829.jpg
e0181373_21314649.jpg
e0181373_21312552.jpg
e0181373_22083115.jpg
e0181373_22081655.jpg
e0181373_22082410.jpg
e0181373_21315140.jpg
 斑入り葉のヤマボウシもいいですね。
 コピスガーデンとは雑木林の庭という意味。深い森の中のような、池のある景色。池の奥の林の中では、ササユリも咲いていました。春にはブルーベルが一面に咲くようです。
e0181373_21322390.jpg
e0181373_21323152.jpg
e0181373_21323788.jpg
 コピスガーデンの外観。近くであれば四季折々に訪れて苗を買って帰りたいのですが・・・
e0181373_21325200.jpg
e0181373_21330060.jpg
 なんと言ってもやはりバラは美しい!






by kochira703 | 2019-06-11 22:11 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~藤城清治美術館

2019.6.10(月) 晴れ時々曇り
e0181373_20460958.jpg
 これはシロヤシオではありません(笑)
 シロヤシオを見て歩いた後は、藤城清治美術館へ。その前のお宅に見事な咲きっぷりハクウンボクがあって、しばし足を止めて見上げました。
 ハクウンボクは足利フラワーパークで初めて見たので、北関東に多いのかと思ったら、全国に自生しているようですね。でも全然知らなかった。エゴの花が集まって房のように咲くから、エゴより華やかです。
       
e0181373_20461800.jpg
e0181373_20462367.jpg
 藤城清治美術館は林の中にあります。案内の黒猫が可愛く導いてくれます。
e0181373_20463205.jpg
e0181373_20463956.jpg
 作品には感動しましたが、館内撮影禁止につき、園内にある小さな教会の、藤城さんデザインのステンドグラスをアップします。
e0181373_20464807.jpg
e0181373_20470444.jpg
e0181373_20471107.jpg
 休憩がてらベンチに腰掛けて、ステンドグラスを鑑賞してから帰ろうとすると、入る時に見かけた若い女性が、白い子犬を抱いて佇んでいました。後ろ姿が絵になっていました。無断撮影も許してくれるでしょう。
e0181373_20472002.jpg
 今日は池田の実家に行って来ました。行く前に撮った庭の写真をアップします。
e0181373_21102077.jpg
 また新たな開花が始まったナツユキカズラ。
 ホタルブクロも最盛期。バックはアナベルとルドベキア・タカオ。
e0181373_21110600.jpg
 那須高原ではオルラヤもガウラも程よく収まって、いい感じに咲いていましたが、うちのガウラは切り戻しもしなかったから2m近く。カワラナデシコも楚々と咲いてほしいのに・・。冬に投げ込んだ牛糞堆肥のせいでしょうね。
e0181373_21111450.jpg
e0181373_21194067.jpg
 気に入りのスカシユリが今朝の初開花。他のスカシユリも咲いています。 
e0181373_21102728.jpg
e0181373_21105901.jpg
e0181373_21105243.jpg

 



by kochira703 | 2019-06-10 21:40 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~ゴヨウツツジの山

2019.6.9(日) 晴れ
e0181373_21223801.jpg
 「那須マミーの庭」でゴヨウツツジが見頃だと聞いた時には、それがどんな花かも知らなかったのですが、ホテルでパンフレットを見たら、空中のゴンドラの横に真っ白の花の写真。「シロヤシオ」とも言われる花が、約3万本も群生しているのだとか。「アカヤシオ」の美しさを目にしたことがあるだけに、迷わず、明日はまずゴヨウツツジを見に行こうとなりました。
 ゴンドラに乗り1410mの山頂駅に到着。一周約45分の遊歩道を散策しました。
e0181373_21222941.jpg
e0181373_21224620.jpg
 すれ違った人に今年は花が少ないと聞いたと、Nさん。開花も遅れたそうですが、そのおかげで我々は見頃に出合えたのですね。ラッキー!
 向こうに見えるのが茶臼岳。
e0181373_21230730.jpg
 なるほど五葉。
e0181373_21225979.jpg
e0181373_21231702.jpg
 ダケカンバの白い木肌は、山に来た気分を高めてくれます。同行の友人たち。
e0181373_21232437.jpg
 山頂駅から時計回りに進んだのですが、後半になって沢山の花で白く浮き立つ1本が現れて、思わず歓声。
 でもこの幹のねじれ具合!風雪厳しいんでしょうね。
e0181373_21233887.jpg
e0181373_21513411.jpg
e0181373_21234753.jpg
 コースの中で一番見応えあったのが、3本ぐらいかたまって咲いていたこの場所。やはり日当たりが要るのですね。森の中は花が少なめでした。
e0181373_21240495.jpg
e0181373_21241557.jpg
 足元にはマイズルソウやスミレなども咲いていました。これは何だったか?(後日記:ユキザサと教えていただきました)
e0181373_21242186.jpg
 那須のオープンガーデンに行き、自然の地形を生かした、素晴らしいナチュラルガーデンを拝見し、そこから導かれてシロヤシオと初めて出合いました。教えて下さったオーナーご夫妻に感謝しなければと、みんなで喜び合ったのでした。



by kochira703 | 2019-06-09 22:20 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~那須のオープンガーデン

2019.6.8(土) 曇り時々晴れ
e0181373_21182677.jpg
 那須高原なら涼しいだろうから、オープンガーデンもまだ実施しているんじゃないかと、ネットで検索してみました。見つけたのが「那須マミーの庭」。
 日の設定は早くから調整して、宿も決めてはいたのですが、コースの詳細をつめたのは、このところ何かと忙しかったので、行く直前。同行の友人には神戸空港に向かう車中で日程を知らせるというバタバタ。お天気保証付きの703ツアーだと、みんな安心して任せてくれているのです(笑)
 那須のメインストリートのような所から、東北方向の別荘地に「那須マミーの庭」はありました。800坪あるというから、ガーデンのスケールが違います。
 家の壁をモッコウバラが一面に覆い、柱にはバラやクレマチス。庭の中心に満開のエゴの木。足元には憧れのアストランティアやミヤコワスレ。
e0181373_21184185.jpg
e0181373_21184974.jpg
 ピンクがアストランティア。ガーデン巡りでよく見かけますが、高温多湿に弱い。育てたくても育てられない憧れの花なのです。
 オルラヤもここでは草丈低く、瀟洒で、厚かましくありません。
e0181373_21185548.jpg
 都忘れもうちでは定着してくれません。白もいいなあと言いながら見ました。ホワイトガーデンですね。
e0181373_21193936.jpg

e0181373_21193187.jpg
 園路を通って小橋を渡り、斜面を登るとガーデン全体が見渡せ、絶景です! 立っている斜面にもさまざま植えられていて、アジサイが咲いたり、曼珠沙華が咲いたりした時には、いい遠景になるのでしょうね。
e0181373_21195673.jpg
e0181373_21200264.jpg
 斜面の下には小川が流れていて、クリンソウやカザグルマが咲いていたりします。正しくナチュラルガーデン。
e0181373_21202538.jpg
 カザグルマは日本に自生するクレマチス。花の大きさに驚きました。以前に種をもらって芽が出たのに、消えてしまったのが悔やまれる。こんないい花だと知っていれば、もっと必死で見守ったものを!
e0181373_21201852.jpg
e0181373_21201371.jpg
e0181373_21204076.jpg
e0181373_21204795.jpg
 丁寧な説明を受けながら、園内を案内していただきました。山野草から始めたということでしたが、敷地全体が山野草の自生地みたいな、環境のいい場所で愛情いっぱい育てられた植物は、いきいきと美しく咲いて、素晴らしいオープンガーデンに出合えました。
 オープンガーデンは個人的になさっていて、淡路のように組織化されてはいないとのこと。4月から11月までの、日曜午後と月曜午前に実施されているようです。紅葉も素晴らしいだろうなあと想像しながら、たまたま近くだったホテルに向かいました。






by kochira703 | 2019-06-08 22:28 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~ティーガーデン ナチュール

2019.6.7(金)  雨のち曇り
e0181373_20453950.jpg
 那須高原に到着して、まずはティータイム。美しいガーデンがあるとネットで見つけたカフェへ。駐車場に車を止めてこの外観を見れば、たちまちに期待が高まります。
 店内に入って見えたのが、芝生の向こう遙かに続くガーデン。先にガーデンを見せてもらっていいかと許可を得て、飛び出しましたよ(笑)
e0181373_21023085.jpg
 手入れの行きとどいた芝生庭から、一段下がってまた芝生の両側にボーダー花壇。白と紫を基調にした、趣味のいい植栽が広がっています。
 エリゲロンも石とよくマッチして、うちのとは別物のように素敵な表情です。
e0181373_20454609.jpg
e0181373_20455510.jpg
 この度の旅行で一番気になったのが、この紫の花。行く先々で見頃の美しい花姿に出合いました。聞けばネペタだと。帰ってきて調べたら、ネペタ・シックスヒルズジャイアントのよう。丈夫な宿根草で、大株に育つとありましたが、高温多湿には弱いとも。好みの花なので、一度試してみたいと思います。
       
e0181373_20460382.jpg
 ガーデンの先には小さな池があって、これからが楽しみ?
e0181373_20461793.jpg
e0181373_20461091.jpg
 振り返ってカフェを眺め、横の砂利道を引き返しました。
e0181373_20462888.jpg
e0181373_20463913.jpg
 白をベースに紫を配し、時に黄色とピンクが差し色として入るという、抑制の効いた植栽は、これだけ多種多様な花がある中では、しようと思っても出来ることではないですね。オーナーはポリシーをしっかり持って庭作りをされているのでしょう。敬服!
 道端に咲いていたのは雑草なのか、グラスなのか?ブルーグレーの色が綺麗。
e0181373_20470132.jpg
 ガーデン散策の後、ティータイム。
e0181373_20464833.jpg



by kochira703 | 2019-06-07 21:39 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~A&Wボタニックガーデン2

2019.6.6(木) 晴れ
e0181373_22074064.jpg

 フジやツルバラが登っている棚の柱が、とても洒落ていると思いません? 多分ですが、薄い石を積み重ねながら捻れを出しています。そこにフジの太い蔓が絡まっていっても、石の重厚さがしっかり受け止めています。

e0181373_22074646.jpg

e0181373_22080979.jpg

 ゲートから真っ直ぐに貫く園路の左右に、テーマのある小さな(と言っても十分に大きいのですが)ガーデンが並んでいるのですが、前回はそれだけを見て、ガーデンの半分近くを占める「ウッドランド」のエリアをスルーしてしまったのでした。
 チケット売り場でもらったパンフレットを、普通は見ながら歩くでしょう?後からそれを見てしまったと思っても、後悔先に立たず。
 20,000㎡もある敷地に展開している、本格的なイギリス式庭園に対して、半分しか見ないのでは失礼ってもの。きちんと調べていなかったのを反省して、今回の旅はまずはここからスタート。
 北海道の真鍋庭園みたいなコニファーガーデンから、橋や東屋のある、広い池のエリアへとつながっています。園路を歩いていると、森の中を散策しているようで、街中のホームセンターの施設だとは思えません。近ければ何度でも来るのにねえ!
       
e0181373_22083383.jpg
e0181373_22082876.jpg
e0181373_22085834.jpg
e0181373_22091348.jpg
e0181373_23031353.jpg
       
e0181373_23032718.jpg
e0181373_23033307.jpg
e0181373_23402566.jpg
e0181373_22084166.jpg
e0181373_23032050.jpg
e0181373_23033930.jpg
e0181373_23034690.jpg
       
e0181373_23040117.jpg
 今日もパソコンがなかなか言うことを聞いてくれず、時間を浪費。でも行方不明だった写真が見つかりました。ヤレヤレ。
 









by kochira703 | 2019-06-06 23:57 | 花巡り | Comments(4)

北関東花巡り2019~A&Wボタニックガーデン

2019.6.5(水) 晴れ
e0181373_22560083.jpg
 1年前に足利フラワーパークのフジ、ひたち海浜公園のネモフィラを見ようと、北関東花巡りの旅をした時、肝腎の所を見ないで帰って来たのが何とも心残りで、アンディ&ウイリアムズ ボタニックガーデンを再訪しました。
 神戸空港から茨城空港へ。そこからレンタカーで、着いたのが昼前。前回は4月末。1ヶ月違う庭はバラの花で装いも新たです。
 咲き誇るバラのガーデンの美しさには感動しますが、私などはともするとその華々しさに気圧されてしまいます。その点で、A&Wボタニックガーデンは広い空間に高い木々、バラの色彩も程よく溶け込んで、素晴らしかったです。
       
e0181373_22221314.jpg
 バラの仕立て方もいろいろあるようです。こんなのもいいなと思いました。
e0181373_22364273.jpg
e0181373_22562330.jpg
 バラの手入れをしていましたが、真夏の暑さになって開花も急ピッチで進むから大変でしょうね。いい季節をゆっくり楽しませて欲しい。
e0181373_22563008.jpg
e0181373_22563940.jpg
e0181373_22565710.jpg
e0181373_22565041.jpg
e0181373_22570323.jpg
 写真もたくさん撮ったのですが、今日は何故かパソコンへの写真の取り込みが上手くいかない。あちこちクリックしていたら、これだけアップ出来たけれど、途中からまた同じように操作しても出来なくなりました。今日はもう遅いから、これでおきます。
 夏の花の苗が出来たからと連絡をくれていたので、Naさん宅にもらいに行ってきました。数えていないけれど、思い浮かべると10数種類。本数にしたら・・・300本以上?
 植えるためにはまず片付けないと、というボヤキが再開します(笑)



by kochira703 | 2019-06-05 23:33 | 花巡り | Comments(2)