人気ブログランキング |

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

日が傾くまで

2月8日(月)

 e0181373_20475342.jpg
寒アヤメ

 前のとは別の一群れに咲いた、3番目、4番目の花です。
 背丈の割に花が大きくて、花弁もこの寒い時分に無防備な感じで、傷まずに咲いているのを見るとほっとします。

 
e0181373_20503163.jpg
 ボケが満開です。
 今花盛りなのは、ボケ、スイセン、ギョリュウバイです。






 


e0181373_2141542.jpg
 今日はNさんが来てくれて、シマサルナシの剪定枝の片づけ。
 枝からイラガのマユ、蛾のサナギ、カマキリの卵など、いろいろ見つかります。
 Nさん曰く「ここは虫のデパート」

e0181373_20505341.jpg
 今日も日が傾くまで、よく働きました。
 
 外で過ごしていると、太陽の位置でほぼ時刻が分かるようになります。
 その予測が少々ずれても問題にならない暮らしです。
by kochira703 | 2010-02-08 21:33 | 花木 | Comments(2)

梅、一輪

2月7日(日)

 「梅一輪一輪ほどの暖かさ」の句がぴったりの今日でした。庭の梅が開花しました。
 「春告草・はるつげぐさ」という和名のように、梅は、春の到来を感じさせてくれます。ちなみに「春告鳥」は鶯。「春告魚」はニシンだったり、メバル、イカナゴ、サワラだったりします。
 淡路島の生活実感としては、イカナゴがまず春を告げてくれます。鰆(サワラ)も、文字からすぐに連想します。ニシンは、北国の人には近い存在なのでしょうが、思いも浮かびませんでした。釣り人にはメバルなのでしょうか。

e0181373_2045437.jpg
 両親が金婚式のお祝いにもらった、鉢植えの紅梅を、地植えにして9年。
 華やかな色です。








e0181373_20513295.jpg
ちょっと貧相ですが、白梅も、暖かさにつられ花開きました。
 去年は実が数個しかなりませんでした。寒い時期だから受粉させる方がいいと聞きました。
 梅干し用にもっと数が欲しいので、トライしてみます。

e0181373_20535849.jpg

by kochira703 | 2010-02-07 22:31 | Comments(4)

春は名のみの

2月6日(土)

 TVニュースで見る東北地方の大雪に驚きましたが、こちらも風がきつく、寒い一日でした。
 寒い日には動く仕事をしようと、シマサルナシの剪定枝を、通路に運び出し、そのついでにゴミ捨て場も、ブロックを積み直しました。ここに草木を投げ込んで、腐葉土を作るつもりです。夏前に囲った部分は、下の方が既に腐葉土になっていました。
e0181373_20542416.jpg
 クリスマスローズのつぼみがいっぱい。
 友人の押し花作品に変身する予定です。
 








e0181373_2125484.jpg
以前にもアップしましたが、きれいな色になる途中だったようで、ノシランの名誉のために再掲します。
 今年はなぜか実落ちがひどくて、姿は美しくないけど・・・きれいな青紫色です。
by kochira703 | 2010-02-06 21:16 | Comments(3)

春待つ庭

2月5日(金)

 いよいよ新しい花がなくなったので、庭のあちこちを写しました。

e0181373_2152327.jpg
 桜草が咲きそろってきました。
 細い葉はムスカリかなと思っているのですが・・・・
 左上の白はスイートアリッサム。大きかったのを切り戻しました。



e0181373_21535485.jpg
パンジーだったか、ビオラだったか?
 株は小さいけど花が咲き始めました。
 ジギタリスは冬中咲き続けました。
 マーガレットも健在です。




e0181373_21582189.jpg
 ありふれた花だけど、ノースポールもかわいいですね。











e0181373_221391.jpg
小さいのは背丈10㎝足らず。
 それでも花を咲かせて、かわいいもんです。
by kochira703 | 2010-02-05 22:20 | Comments(3)

立春の光の中に~ネコヤナギ

2月4日(木)

 「早春賦」を口ずさみたいような、「春は光から」という言葉どおりのような、立春の一日でした。
 寒いから力仕事でもしようかと、年末に半分終えていた踏み石を完成しました。
e0181373_21102924.jpg
 ここも小道だったのですが、イブキジャコウソウが伸びて広がり、それはそれでいいかと、石を並べることにしたのです。







e0181373_2112879.jpg
 中央の明るい枝がネコヤナギです。
 生花に使ったのを花瓶に挿したら発根して、こんなに大きく育ちました。
 毎年、50㎝くらいに切り戻すのですが、新しい枝が2m近く伸びます。


e0181373_2145094.jpg
枝の先から銀色に光り始めました。
 その輝きを撮りたかったのですが、残念ながら、これという1枚になりませんでした。
 
 風に揺れて、早春の息吹を送ってくれています。
 
by kochira703 | 2010-02-04 21:23 | Comments(2)

南半球から来た植物

2月3日(水)

e0181373_20515224.jpg
 ウエストリンギアが、小さなつぼみをいっぱい付けています。
 オーストラリア原産の半耐寒性常緑樹です。







e0181373_20533033.jpg
ギョリュウバイは、今を盛りと咲き誇っています。
部屋の中から寒風に揺れるギョリュウバイを見て、時々思うのです。






e0181373_21125594.jpg
 原産地のオーストラリアは、今は夏。
 植物の体内に刻まれた、遥かなる母国の、種の記憶が、寒さに負けずに、花を開かせるのだろうかと。




e0181373_205349100.jpg
e0181373_2054189.jpg

 
by kochira703 | 2010-02-03 21:17 | 花木 | Comments(2)

リュウキンカ~セランダイン?

2月2日(火)

 早春の庭を彩る、「リュウキンカ」。今日、第1号が咲きました。

e0181373_2142451.jpg
 インターネットで調べてみると・・・・
 立金花 湿原や沼地に自生する多年草とあります。
 ?・・・Naさんにもらって9年。あちこちで増殖し続けています。水やりなんてしなくても平気です。
 どうも違うようだと思って、更に検索していくと、どうやらこれは園芸種のリュウキンカで、セランダインという名前の外来種のようです。
 ところが、ややこしいことに、セランダインは、花びらのように見えるガクが、5~7枚で、ヒメリュウキンカ(レッサーセランダイン)は8~10枚と、書いているのがありました。
 うちのは8枚以上あります。ではレッサーセランダインかと言うと、そうと断定もしづらいのです。ヒメリュウキンカと言ってもらったのもあって、「姫」と付くような小さなものです。まだ咲いていません。
 いったいどちらなのか、どこかですっきりと納得いく説明を見つけたら、また紹介します。

e0181373_22371071.jpg
 キンポウゲ科の花で、ラナンキュラスの仲間だそうです。
 テカテカとしたツヤがあります。
 日が照ると開き、陰ると閉じます。
 まん丸の蕾がかわいいです。黄色の艶やかな花も、すっきりときれいです。


 
by kochira703 | 2010-02-02 22:55 | Comments(0)

2番目のクリスマスローズ

2月1日(月)

 終日、雨。寒くて暗い一日になりました。
 雨の中、写真を撮りに出る元気がなかったので、ここ2、3日の間に撮った写真をアップします。

e0181373_21133436.jpg
クリスマスローズ

 数年前、鳴門の椿園のおじさんにもらった、小さな実生苗から生長。
 おじさんの自慢は、どこよりも早くからクリスマスローズを育てていることでした。

e0181373_2120843.jpg
リナリア

 あちらに1本、こちらに2本と、少しずつ咲きだしました。
 一斉に咲く日が待ち遠しいです。






e0181373_21244973.jpg
プリムラ

 前にも書きましたが、背丈が低いので、寄せ植えに使うと、脇役になってしまいます。
 プリムラだけにしてかわいらしさが集まった一鉢に。12月からずっと咲き続けています。

 
 昨日からの雨で、草花もぐんと伸びることでしょう。
 明日は寒いらしいけど、草引き、植え替え、張り切って、いきます!
by kochira703 | 2010-02-01 21:50 | Comments(6)