人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

ゴマの収穫

2011.9.10(土)   晴れ
 今日はゴマを収穫。刈って、束ねて、乾かします。泥の付いたのは、水を掛けるだけではダメでした。ゴマのサヤはさすがに油分が多いのか、べとべとしているので落ちません。Nさんがバケツで洗ってくれました。
 二人で「去年どうだったか忘れたねえ」「成長がないねえ」と笑いながら作業しました。今年の教訓は、「もっと早く植えて台風までに取り入れよう」でした(笑)
e0181373_20224775.jpg
 
 写真中央のようにしっかり実の付いた状態のは、10本あるかなしか。でも去年よりはマシな気がします。サヤの細長いタイプと丸いタイプがありました。

 Naさんにいただいたトキワシノブの鉢植えを、玄関先のイブキの生け垣の下に置いていました。何年か置きっぱなしです。今年はよく葉が出て、まるで林のように直立。こんなの初めて見る気がします。
e0181373_20362389.jpg

こちらはオウゴンシダ。日陰の小庭のグランドカバーになっています。
e0181373_20363398.jpg

 これだけでは色気がなさすぎなので、4日前に写していたものですが・・・・キキョウとフロックス、切り戻していたらまた咲いてくれました。
e0181373_20534584.jpg
e0181373_20535345.jpg

by kochira703 | 2011-09-10 21:35 | Comments(0)

ブルーベリーで染めたスカーフ

2011.9.9(金)   晴れ
 Nさんの友人のH氏が、ブルーベリーの落果を草木染めに使うというので、二人でせっせと拾い集めていましたが、この度スカーフになって帰ってきました!! 泣きながら拾って捨てていたブルーベリーの実が、こんな風に生かされるなんて、素敵なことですね。
e0181373_19562068.jpg

 上品な藤色からの連想で、庭に出ました。カクトラノオも同系統の色です。
e0181373_2054313.jpg

 カクトラノオが群れて咲いてくれたのは、今年が初めて。Naさんからもらって数年、やっとそれらしくなりました。
e0181373_2055124.jpg

 カクトラノオをアップで写すとお茶目ですね。味噌っ歯が勢ぞろい?! 
e0181373_2055972.jpg

 アガパンサスの枯れた茎がいい雰囲気。
e0181373_207306.jpg

by kochira703 | 2011-09-09 20:19 | Comments(8)

台風一過のゴマ畑

2011.9.8(木)   晴れ
 去年はゴマが倒れないように、周囲をロープで2段に囲ったのですが、今年はしっかり立っていたので、必要を感じていませんでした。台風前も、もう収穫時期だから倒れてもいいやと、気軽でした。ところが倒れて初めて大変なことが分かったのです。
 うちの畑は砂地なので、風に倒され雨に叩かれたゴマは、地面にもぐって砂だらけ。種が弾いたら一緒に砂が混じります。砂まみれの種の選別なんて、あり得ません。台風前に手伝いに来てくれたNさんに、「まあ、いい」と言った自分のアホさ加減に、涙!
 今日はNさんと、倒れたゴマを起こしながらのロープ張り。天気予報の雨に期待して、雨で泥を流してもらう作戦(?)ですが、私の言うことを聞いていてはいけないと思ったのか、Nさんは水道のホースを引っ張ってきて、水を掛けていました(笑)
 あす無事に雨が降ったら、明後日は収穫かな。

(いよいよ写す花がなくなった、しゃーないニラでも)と、畑の端に行きました。
e0181373_2111870.jpg

 横で白のゼフィランサス、和名タマスダレが咲いていました。昔懐かしい花です。
e0181373_21101017.jpg

 メダカの甕の横にもあるはずと行ったら、もう満開。あっと言う間に咲く花ですね。一日おきにはエサをやりに行くのに気づいていませんでした。時季になると忘れずに咲き出てくれる花は有り難いですね。「来ましたよ~」と顔をのぞかせている風情で、愛嬌があります。
e0181373_21103450.jpg

e0181373_21102589.jpg

by kochira703 | 2011-09-08 21:44 | Comments(0)

秋の野の花 2

2011.9.7(水)   晴れ
 花が少ない今の庭、野の花がひっそり咲いています。ツユクサ、ツリガネニンジン、ヨメナ、タデ、ツルボ・・・・今日は変ったタデから。真っ直ぐな茎の伸びる勢いからしてシロバナタデかと思っていたら、咲いたのはイヌタデのような花。写真では分かりにくいのですが、赤に白が混じっています。草丈数十センチ。もちろん勝手に生えてきたのです。
e0181373_20133522.jpg

 キンミズヒキも夏の間ずっと咲いていました。
e0181373_20134292.jpg

 私の手を逃れたツユクサです。
e0181373_20135250.jpg

 白花月見草もぽつりぽつりと初夏から咲き続けています。
e0181373_2014871.jpg

 昨日ヒマラヤザクラが丸裸になっているのに気づき、じっと見上げたら、やはりいました。赤い毛虫、モンクロシャチホコが!嵐にも負けずに葉を食べていたのは、何もプレクトランサスの青虫だけではありませんでした。今日はシマサルナシに巨大イモムシ、杏にイラガの大群。去年がんばったから今年はいないのかと思ったこともありましたが、そうそう甘くはありません。
 図書館で『虫といっしょに庭づくり』(曳地トシ・義治 / 築地書館)を借りてきました。
by kochira703 | 2011-09-07 21:21 | Comments(0)

赤い実、白い実

2011.9.6(火)    晴れ
 今日は押し花のKさんが来て、ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト、ショウジョウソウ、ツルボ、ガウラ(白、ピンクの濃淡)を持って帰りました。帰ったあとで、前に要ると言っていたサンジソウ、シロバナタデを忘れたことに気づきました。二人もいて、おいおい!です(笑)
 サンジソウは赤い実も可愛いのですが、この実が弾いて、来年は大変です。
e0181373_21155389.jpg
e0181373_2116345.jpg

 シロシキブの実も落ちて、よく芽を出します。
e0181373_21161467.jpg

 赤い実、白い実のついでにアガパンサスの実。枯れかけた色合いが雰囲気出しています。
e0181373_21163557.jpg
 
 Kさんと南淡路の海岸線をドライブしましたが、松枯れのひどさ!!昨年も全山枯れたかと思うほどでしたが、今年は残っていた半分がまた枯れたという感じです。大きく育った立派な松が、赤茶色になっているのは心が痛みます。若木が育つのかもしれませんが、風格ある老松がなくなり、風景が変わってしまうのが残念です。
by kochira703 | 2011-09-06 21:43 | Comments(0)

初秋の花~ツルボ

2011.9.5(月)   晴れのち曇り
 今日は池田へ。吉野川の水は白濁した緑色で、普段と変わらぬ水量で穏やかに流れていました。映像で見る和歌山や奈良の濁流、奔流のすさまじさ! またしても大きな被害に言葉を失います。

 庭には初秋を告げるツルボが咲きました。数年前、突然すっと茎が伸びてきたと思ったら、花が咲き、植えた覚えもないのにこれは何と、とても感動したことを、この花を見るたびに思い出します。(でも植えないでは生えてくるはずもなく、忘れているんですよね!) 今年は花数が増えました。
 ツルボはユリ科の花なので、アップで写すと綺麗です。日本列島に広く自生しています。
e0181373_20134537.jpg
e0181373_20135398.jpg

 植えて何年も花が咲かなかった斑入りのヤブランを、冬に株分けしたら、花茎がいっぱい伸びてきました。やはり生育環境が悪かったのですね。
e0181373_2014427.jpg

 白花タデもたくさん花を咲かせています。勢いがありすぎるので、立派な茎は抜くことにしています。
e0181373_20141423.jpg

by kochira703 | 2011-09-05 20:47 | Comments(2)

台風の過ぎたあと

2011.9.4(日)   曇り時々雨
 降り続く雨が大きな被害をもたらした台風でした。当地は平穏に戻りましたが、みなさんの所はいかがでしたか?被害に遭われていませんように!
 実家の池田が、台風のコース上だったので電話したら、風はなく雨も大したことないとのこと。ドーナツ型台風だというのがうなづけました。どこが被害に遭うか、「備えあれば・・」は本当か、・・・・一気に何もかも覆すような近頃の自然災害。運を天に任せるしかない気がして、怖いですね。
 庭に出て一番驚いたのは、草花が倒れていたことではなく、大丈夫と思っていた西日除けが飛ばされていたことでもなく、千切れた木の葉の多さでもなく、プレクトランサスが丸坊主になっていたことでした。木曜日の夕方に隣家の I さんが目を止めたのが、プレクトランサス。綺麗だと言ってもらった花も、葉も、みな無くなっているではありませんか! じーっと見ると青虫が1匹。イブキの下とは言え、あの台風をものともせずに、せっせせっせとプレクトランサスを食べていたのです。何とたくましいことよ!
 右からカクトラノオ、左からツリガネニンジンが倒れかかっています。朝早くからクモはお仕事中! カクトラノオも真っ直ぐに立ち上がろうとしています。立ち直りの何と早いこと!
e0181373_21105965.jpg

 台風の間に咲いたのがカクトラノオ。これも石だらけの固い土の中に根を広げ、数年がかりでやっと、見栄えするぐらいになりました。
e0181373_2111814.jpg

 ツリガネニンジンは種が落ちるのか、根を伸ばすのか、初めての場所に顔見せです。
e0181373_21111760.jpg

by kochira703 | 2011-09-04 21:35 | Comments(0)

台風12号

2011.9.3(土)   雨
 台風がのろのろと、各地に大雨の爪痕を残しながら北上しています。当地も一日中激しい風雨が、吹き荒れてはほんの少し収まってを繰り返し、まるで波状攻撃のよう。
 子供の頃、台風はちょっとした“楽しみ”でした。高知県に上陸した台風が、実家の頭上を通って、日本海に抜けていくというのが、よくあるコースで、それまでの大嵐がピタッとやみ、青空が見え、台風の目に入ったこともありました。大人は台風対策で大変だったろうと思いますが、子供には退屈な日常に変化をもたらす、天然のスペクタクルでした。吉野川が氾濫し、濁流の中を大きな木が流されていく光景、竹藪が稲田のようだった記憶、台風一過の青空、そして蝋燭をつけて家族でトランプに興じた思い出。直接的な被害がなかったから、台風もなんだか年中行事のようでした。
 今回の台風は記録的な大雨だとか。この頃の自然災害は、“記録的”が多すぎて、甚大な被害に驚きます。台風が早く通り過ぎて、被害を拡大しませんように!

 Nさんがだいぶ前から「黄色のストレプトカーパス」を、「枯らしたら困るから返すわ」と言っていました。以前に私が「お宅のストレプトカーパス、枯らしたって言よったやろ。挿したのが付いたから、持って帰って」と渡したものだそうです。
 そう言われても、去年Nさん宅からもらってきたストレプトカーパスは、黄色ではありません。うちには黄色のストレプトカーパスもありません。おかしいと思っていたら、持って来てくれたのは、なんとキリタ!Aさんからもらって枯らしてしまったと悲しんだキリタです。
e0181373_23115986.jpg

 葉挿ししたのを、Nさんにあげていたのですね。お宅のストレプトカーパスだと、間違った情報とともに。
 本体を枯らした私は、またAさんに葉をもらって挿しました。7月上旬に挿したのに、芽が出ています。去年は花の後で枯らしてしまったのでした。今年も葉挿しで、危険分散しておかなくっちゃ!
e0181373_2312961.jpg

 ブログで記憶を遡っていたら、私はどうやら下の写真のアロマティカスを、ストレプトカーパスだと思っていたようです。おまけに実際に上げたのはキリタの鉢だったという、二重の間違いをしていたのです。何が何だか混乱していて、読んでいても分からないでしょう?まあ、どうでもいいことです!ホントにいいかげんでスミマセン(笑)
 改めて持って帰ってもらったアロマティカスも、Nさん宅の本体は枯れ、名札だけがあって、この度名前が分かりました。シソ科の多年草で、南ア原産のハーブ。いい香りがするので、葉をソースの材料にしたり、ハーブティにしたりするのだとか。スープミントの名前も。(受け皿に水をためると根腐れするそうですよ、Nさん!)
e0181373_23122328.jpg

 台風前に少しだけ鉢を家の中に入れました。ストレプトカーパスもまた咲き始めています。
e0181373_2312375.jpg
e0181373_23124387.jpg

 
 
by kochira703 | 2011-09-04 00:01 | Comments(0)

夏の花壇

2011.9.2(金)   雨
 台風12号の雨風がだんだんきつくなっています。まだ室戸岬沖の海上に中心があって、自転車の速度でのろのろ北上。通り過ぎるのをただ待つしかない台風なのに、長引くのは辛いですね。
 家の中から横殴りの雨を眺めて、いつもと流れる方向が逆だと、台風の渦を実感していました。木の枝が大きく揺れて、早くも千切れた葉が飛んでいます。
 夏の花壇は、思惑が外れて、真ん中に穴が開いてしまいました。調子よく大きくなっていたサンパチェンス3本がダウン。コリウスも数本。黄色くなっているユリも白絹病で枯れたかもしれません。
e0181373_204137.jpg

 枯れた後にコリウスの小さな苗を植えました。花瓶に挿しておくとすぐに発根します。
e0181373_204291.jpg

 サルビアもメランポジウムもこぼれ種。植えっぱなしのオリヅルランとピレアで、ここは手を掛けずに花壇になりました。
e0181373_2035260.jpg

 挿していた千日小坊とユーフォルビア・ダイヤモンドフロストを並べて植えてみました。どちらもすぐに根が出て、生長も早いのでいい具合。重宝します。アイビーゼラニウムの赤い花もまた咲き始めています。
e0181373_2042259.jpg

by kochira703 | 2011-09-02 20:30 | Comments(2)

ブルーベリーには水を!

2011.9.1(木)   曇り時々雨
 9月の初日は、台風の先触れのような雨と風が、何度かサーッと来ては過ぎていく一日でした。関東方面に行くとばかり思っていた台風が、今朝になるとこちらに向かってるとか。アララと思っていたら、Nさんが手伝いに行くとメールをくれて、午前の1時間をブルーベリー摘み。最後は雨に追い立てられて、中に入りました。
 去年の今ごろのブルーベリーは樹上でドライフルーツ。摘む気にもならなかったのですが、今年は干からびたのも少なく、完熟で甘く、最後まで摘めそうです。
 「ブルーベリーは梅雨時がいい」「ラビットアイ系は皮が硬く、種がきつい」などと分かったふうなことを言っていたのを、少々恥じています。十分な水やりをすれば、この時季のブルーベリーも甘くておいしいと分かりました。
e0181373_22122138.jpg

e0181373_22123197.jpg

e0181373_2212299.jpg

一花が咲いたばかりのシロタエヒマワリは台風に耐えてくれるでしょうか?
by kochira703 | 2011-09-01 22:13 | ブルーベリー | Comments(0)