<   2017年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

コルチナ・イングリッシュガーデン 2

2017.7.31(月) 晴れ
e0181373_20031352.jpg
 柔らかくなびいたグラスの間に、黄色のヘリオプシス・サマーナイト。黒い茎がお洒落です。以前に庭に植えて変な花だと思っていたリアトリスも格好良く、赤いヘメロカリスが景色を引き締めて、ああ、これが、草原に花が咲いているようなメドウガーデンというものなんだと感動し、一目で魅せられてしまいました。
 草刈り機で雑草の管理をしている友人は、もう草を刈るのはやめようかと言っておりました(笑)
e0181373_20033886.jpg
e0181373_20085049.jpg
 メドウガーデンからシュラブガーデンへ。
e0181373_20002585.jpg
e0181373_20004789.jpg
 アジサイは白とブルーに色が抑えられていて、とても爽やか。霧が景色をより美しく見せてくれます。
e0181373_20011243.jpg
 坂を上がった所がナチュラルガーデン。
     
e0181373_20013573.jpg
 一列に並んだユウスゲがすっきりと、赤黒いルドベキア(だと思うのですが)が印象的でした。あまり植え込んでいないのが、却って新鮮でいい感じでした。
e0181373_20021571.jpg
e0181373_20082175.jpg
 暑い! 降らない! 日中は巣籠もりしています(笑)






by kochira703 | 2017-07-31 21:09 | 花巡り | Comments(8)

コルチナ・イングリッシュガーデン 1

e0181373_21020717.jpg
 畳平のターミナルを10時50分発のバスで駐車場まで下り、もう一つの目的地の白馬村を目指しました。
 途中で安曇野の岩崎ちひろ美術館に寄りました。美術館も周辺も素敵で、優雅にティータイムをとりたいところでしたが、コルチナ・イングリッシュガーデンはホテルの庭。着いたらまずはガーデン、翌朝もまたと目論んでいたから、美術館はさっと見て、ひたすら北上。4時40分到着。ガーデンは5時閉園で入れず、がっくり(笑)
 コルチナ・イングリッシュガーデンは開園5年目。マーク・チャップマンさんが、スキー場でもある山の地形や景観と、伝統的なイングリッシュガーデンを融合させた、ナチュラルガーデンを創られたそうです。
 写真1枚目のエントランスガーデンからウォールドガーデンへ。
e0181373_21050510.jpg
e0181373_21053659.jpg
 25日は雨。それも結構な降り。おかげで霧に煙る幻想的なボーダーガーデン。パンフレットにガーデンの名前と写真があったので、勉強がてら書いておきます。何とはなく見聞きしているガーデンの名称ですが、きちんとは知らないのです。
e0181373_21024419.jpg
e0181373_21034126.jpg
e0181373_21061172.jpg
e0181373_21041175.jpg
e0181373_21063001.jpg
e0181373_15275059.jpg

コニファーガーデン&ロックガーデン。
e0181373_21044152.jpg
e0181373_21183016.jpg
 昨日突然写真がアップロードできなくなったのを、娘に遠隔操作してもらって、これまでとは違うやり方で出来るようになりました。やれやれ、楽しみが消えてしまわなくて、良かった!




by kochira703 | 2017-07-30 22:43 | 花巡り | Comments(4)

乗鞍岳~鶴ヶ池から大黒岳

2017.7.29(土)  晴れ
e0181373_14573043.jpg
 同行の友人たちは乗鞍に来たことはあっても、お花畑を歩くのは初めて、私は初めての乗鞍とあって、濃霧の中でも歩いて花が見られたので、大満足でした。一周後は、ライチョウと出合える可能性が一番高いという大黒岳に向かいます。写真の右端上部の道標まで、池の周囲を歩いて、正面の山を登るのです。
 登り口には、最近の熊との遭遇日が7月17日とあって、道々に警鐘棒(何て呼んだらいいのか?)が設置されているので、それを鳴らしながら、真っ白い中を歩いて行きました。残念ながらライチョウとの遭遇も、頂上からの槍穂の眺望もありませんでしたが、コマクサの群生を見られたので、これもまたいい思い出。
e0181373_14575226.jpg
 昨夜はちょっと横になってと思っているうちに、夜中まで寝てしまい、今日は変わった時間帯にアップしました。
 でも途中で、画像が取り込めなくなったので、とりあえずこれで。教えられた手順通りにパソコンが動いてくれなくなりました(笑)余計な所をおしたんでしょうねえ。困ったもんだ。

追記:鶴ヶ池から大黒岳への道端の花
 ピンクがヨツバシオガマ、黄色はアキノキリンソウ、白はオンタデかと。
e0181373_23103545.jpg
 イワキキョウ。
e0181373_23094144.jpg
 至る所にコマクサ。こんなにたくさん咲いていると、高山植物の女王の名を返上しなきゃならない?(笑)
e0181373_23101567.jpg
e0181373_23114399.jpg
e0181373_23111010.jpg
 黄色がウサギギク。ヨツバシオガマが見頃でした。
e0181373_23134850.jpg
e0181373_23140504.jpg
大黒岳途中のコマクサの群生
e0181373_23153899.jpg
 
 



by kochira703 | 2017-07-29 15:30 | 花巡り | Comments(10)

乗鞍岳畳平の高山植物

2017.7.27(木) 晴れ
e0181373_21332638.jpg
 23日の朝7時に出発して、車で宿泊地の平湯温泉を目指しました。進むに連れて重苦しい空模様。どこから雨になったのか、時間があるので立ち寄った高山では、傘を差しての街歩きでした。ホテルに入る前に平湯大滝を見に行った時には、本降りでした。
 翌日は、山は濃霧。バスの窓は前も横も真っ白。霧の海に浮かんで進む小舟のようでした。気温は12℃。バスターミナルで雨具を着て歩き始めました。
 ターミナル横の階段を下りていくと、ハクサンイチゲの大群落。白い花の向こうは濃い霧に溶け込んで、一体どこまで続いているのか分かりません。
e0181373_21534766.jpg
 1周30分程度の周遊路を歩いて行くと、霧はますます濃くなりますが、それはそれで滅多に味わえない、幻想的な風景です。
 黄色い花はミヤマキンポウゲだったか、ミヤマキンバイだったか?
e0181373_21343040.jpg
 パンフレットなどでよく見る雄大な眺めは望むべくもありませんが、足下にはミネズオウやコイワカガミ、アオノツガザクラなど、可愛い花が目白押しです。
e0181373_21341900.jpg
e0181373_21365807.jpg
e0181373_21345430.jpg
 霧中で夢中になってシャッターを押していると、カメラの調子がおかしくなって、クロユリの群生地に来たときには、写せなくなっていました。クロユリがこれほど群生しているのは、これまで見たことがありません。残念!ここのクロユリは草丈が低くて、昔の山行で見たクロユリと、イメージが全然違っていました。
e0181373_21344378.jpg
 周遊も終りに近づいた時、霧がさーっと流れて、バスターミナルの建物が見えました。歓声が一斉に上がりましたが、天の恵みは一瞬で辺りは再び濃い霧の中。
e0181373_21351411.jpg
e0181373_21352678.jpg
e0181373_21353439.jpg
 手軽に高山植物を見るなら、乗鞍か木曽駒がいいと教えていただき、立案した今年の花巡り。本当に見事な、高山植物のお花畑で感動しました。


by kochira703 | 2017-07-27 22:32 | 花巡り | Comments(10)

5年目のカノコユリ

2017.7.26(水) 晴れ
e0181373_21150658.jpg
 出かける前には蕾だったカノコユリが、ちょうど見頃になっていました。嬉しいことに昨年より花数が増えています。
 オニユリだかコオニユリだかも咲いています。フジウツギの紫、マーガレットコスモスの黄色の間。後ろにブルーベリーとフェイジョア。
e0181373_21151470.jpg
e0181373_21152300.jpg
 夏恒例の花巡りの旅。今年は乗鞍岳畳平の高山植物と白馬のコルチナ・イングリッシュガーデンを目当てに、梅雨明け10日の好天を狙って日程も決めたのに、3日間ついに太陽を見ず、幻想的な霧の花景色を楽しむしかない旅になりました。
 その雨雲は他所では大きな被害をもたらしたのだから、花を見させてもらっただけ有り難いと感謝しなければ、ね。昨夜帰って来て、夜のうちに雨が降ったようで、今朝は水やりに慌てなくてよかったのも、感謝です。
 花の写真はまた明日にして、まずは今日の庭の様子から。
 クレロデンドルム・ウガンデンセも見頃になっていました。
e0181373_21153215.jpg
e0181373_21154114.jpg
 これで最後のフウランが、開花中。ぽつりぽつりと咲いていたクレマチスのロウグチがふたつ。
e0181373_21155993.jpg
e0181373_21160545.jpg
 いったん休んでいた赤花ネムノキが、また開花を始めました。横でタカサゴフヨウの開花も始まりました。
e0181373_21155235.jpg
 


by kochira703 | 2017-07-26 22:13 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

2週間ぶりの庭

2017.7.22(土) 晴れ
e0181373_15071494.jpg
 昨夜川崎から帰って来ました。真夏の花たちは元気です。暑さの盛りに、今朝の花をアップして、夜は旅支度。明日の早朝から、恒例の夏の花巡り。2泊3日で信州です。帰って来たら高山植物をアップしますね。乞うご期待?(笑)
e0181373_15072363.jpg
 ルドベキアは庭の各所で大株になっています。モンシロチョウが2匹飛んでいたのを撮ろうとしたけれど。
e0181373_15073261.jpg
 ヒオウギとコオニユリ。暑さへの抵抗力を裾分けして欲しい(笑)
e0181373_15074109.jpg
e0181373_15080343.jpg
 左からツルハナナス→ソラナム→ジャスミン・ホワイトプリンセスと小花が揃いました。もっと頑張れツルハナナス!
     
e0181373_15082101.jpg
 メインガーデンのアガパンサスはまだ見られます。
e0181373_15082869.jpg
 それでは夕方からしっかり水をやって、行ってきま~す♪
 

by kochira703 | 2017-07-22 15:33 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

メインガーデンのアガパンサス

2017.7.8(土) 晴れ
e0181373_21154578.jpg
 メインガーデンのアガパンサスが見頃を迎えました。先に咲いたのはもう終わりですが、実もまた面白いのでしばらくこのままで。
e0181373_21225427.jpg
 明日からまた川崎に行くので、メインガーデンのアガパンサスを、いろいろ。
e0181373_21152394.jpg

e0181373_21155484.jpg
e0181373_21160508.jpg
 以下は、イエローウィンが咲いていた4日前の写真。
e0181373_21281175.jpg
e0181373_21280025.jpg
e0181373_21283735.jpg
 まだアップしたい花はあるのですが・・・モナルダのラベンダー色が綺麗!
e0181373_21171399.jpg
 好きなネジバナがとうとう残り1本になってしまったと、Naさん宅で言ったら、鉢植えにしてあったのをくれました。どの花がうちのか、すぐ分かる(笑)
e0181373_21171817.jpg
 ユーフォルビア・ダイヤモンドフロストの間からポピーマロウ。いいね!
e0181373_21170496.jpg
 これから開花するマーガレットコスモスに寄りかかって、ペラルゴニウム・シドイデス。ペラルゴニウムにも支柱代わりのしっかりした花が必要ですね。
e0181373_21165677.jpg
 斑入り葉のツユクサとブライダルベールのツーショット。ブライダルベールは鉢植えで垂れ下がらせるのが普通ですが、何でも地植え派の私ゆえ、隣家の玄関先から手折ってきたのが始まりで、あちこちに。今知ったのですが、ブライダルベールもツユクサ科らしいですね。仲良く見つめ合っている訳です(笑)
e0181373_21164323.jpg






by kochira703 | 2017-07-08 21:54 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

夏の1年草

2017.7.7(金) 曇り時々晴れ
e0181373_21453900.jpg
 メランポジウムやサルビアが大きくなり、ダリアも咲き始め、夏の花壇ができてきました。(アッ、ホース出しっ放し! 写す時には片付けなきゃあ・笑)
e0181373_21454960.jpg
e0181373_21473760.jpg
e0181373_21474267.jpg
 1年草の夏の花苗は、Naさんが種まきしてくれたもの。他にもジニア・マリーゴールド・ペチュニアが咲きそろって来ているのに、出かけるのを急いで、考え無しに撮ったものだから、ブログを書くときに困る(笑)
 今日は住民検診やら義母の病院やら何やら。外に出ると何かしらアホなことをしでかします。お笑いぐさに少々披露。
 ジョーシン電機に行ってカードを出したら、レジの店員さん「JAFカードですけど」。「Jだけ見て渡したんやわ」と照れ笑い。郵便局に荷物を出しに行って、「送り状忘れてきたわ。荷物預かっといて」。
 立場にある人がアホなことを言ったりしたりすると、端迷惑が大きすぎて困りますが、私がアホなことしても、周りの人に笑いを提供できて、けっこうなことじゃないですか!と、居直ったりして(笑)
e0181373_21455849.jpg
 ピンクのフロックスは終わりかけ。後ろにはルドベキア・タカオやサルビア・ガラニチカ。
 チユウキンレンカは今年は咲かない模様。赤いのはサワギキョウ。カメに植え込んで3年ぐらいそのままですが、咲いてきました。
e0181373_21473012.jpg

by kochira703 | 2017-07-07 22:34 | 1年草 | Comments(4)

アリマノウマノスズクサに実

2017.7.6(木) 曇り時々晴れ
e0181373_22123634.jpg
 アリマノウマノスズクサの実は先日もアップしましたが、今日2つ目の実を発見!実が若いからか、前のとは形が違います。
 前の実はトレリスの下の方。俵型のが見えています。今日のはその上方に、実の全体が写っていなかったのですが、長い柄が分かると思います。
 アリマノウマノスズクサをくださった姫路のAさんは、まだ実がならないと悔しがっていました。希少植物愛好家のAさんの親分格(?・笑)の方も実物を見たことがないとか。これからどうなっていくのか、注目度が高まりました(笑)
     
e0181373_22124578.jpg
 ブルーベリー畑の草を引き、ジギタリスをカットして、進んでいった先に”発見”したのが、「掃きだめに百合」の2つ目。
 ゴミの中から咲いたユリは、庭のどのユリよりも大きく、色鮮やかに、立派です。前のスイセンノウの間に草丈低く咲いていたのと同じ花に見えますが、これが何故こんな場所にあるのか、一切、思いもつきません(笑)
e0181373_22131584.jpg
e0181373_22130890.jpg
 さらにブルーベリー畑で"発見”するのが、イラガ。今年は発生が多く、まだ小さい今のうちにできるだけ退治しておかないと、先が思いやられます。
e0181373_22132250.jpg
 オープンガーデンの時に枯れているのに気づいてショックを受けたブルーベリーの木。まだ一部残っていますが、やがてダメになっていくような気がします。他にもこんな状態の木が何本か。それらはテッポウムシが原因で、年ごとに弱っています。でもこの木はテッポウムシが入った跡も見えないのです。
 原因が分からなくて突然に枯れたこと、味のいい実がたくさんなること、これが大ショックを受けた理由。
e0181373_22133143.jpg
 九州の豪雨災害のすさまじさに、胸塞がる思いがしています。毎年毎年、甚大な被害が次々と発生して、それに巻き込まれた方々の苦難を思うと、言うべき言葉も見つかりません。


by kochira703 | 2017-07-06 23:09 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

オープンガーデン研修旅行 2

2017.7.5(水) 雨のち曇り
e0181373_21093861.jpg
 鬱蒼とした木々、古色を帯びた壁、ノウゼンカズラの明るい柿色が際だって、まるでヨーロッパの古い家のよう・・・
e0181373_21100016.jpg
 でも電線に、隣の家は・・・
e0181373_21103160.jpg
 もっと引いて写すと、よく分かります。ここも住宅街の一区画。家とフェンスの前に、写真のような壁を立て、異空間を創り上げていたのです。
e0181373_21104134.jpg
e0181373_21095151.jpg
e0181373_21101767.jpg
e0181373_21101083.jpg
 ベニヤ板にモルタルを塗り、よくは分かりませんが、ペンキも何回も塗り重ねて、削ったり磨いたり、さまざまな方法を駆使して、本物と見紛うばかりの仕上がりです。発泡スチロールでスレートや岩も出来上がります。ただただ感心するばかり。究極のDIYガーデンです。
 道路を挟んで家の前に、工房を開いておられて、そこでギャザリングという寄せ植えの方法を習いました。
 もちろんこのレンガの壁も作り物。
e0181373_21105322.jpg
e0181373_21110489.jpg
 対照的な2つのガーデンを訪問し、どちらにも目を見張り、寄せ植えを習い、満足して帰ってきました。今日はバスで隣り合わせた方が、花苗や挿し穂を取りに来られました。町中の地蔵堂やダム周辺に花を植えておられるというので、協力したくてお誘いしました。こんな交流も研修旅行の目的の一つです。



by kochira703 | 2017-07-05 22:25 | 花巡り | Comments(8)