<   2018年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ブログをご覧いただいている皆さまへ

2018.7.10(火)  晴れ
 先日より写真の取り込みが出来ません。それが主たる理由ですが、気持ち的にも疲れていて、しばらくブログを休むことにしました。すみません。特に何かがあった訳でも、体の具合が悪い訳でもありません。いずれ再開したいとは思っていますので、その折にはまたお付き合いくださいませ。
 ブログを始めてちょうど9年が経ちました。庭仕事で見つけた、ささやかな感動を綴ることが、日々の大きな楽しみでしたが、庭の花も少なくなり、感動よりもストレスが増え(笑)、例えば、以前はイラガを退治することさえ、困ったと言いつつどこかで楽しんでいる部分があったのに、今朝はもう楽しんではいない自分に気づいたのです。そんな自分が、庭仕事を楽しむことをテーマにしたブログを書くのもしんどいし、第一写真が取り込めないし(これが理由の9割)、暑さ対策で早寝早起きもしなきゃいけないし、と思った次第です。
 
 
 
 
 



by kochira703 | 2018-07-10 14:33 | Comments(10)

家の中から

2018.7.6(金) 雨
e0181373_20215640.jpg
 「異常気象」という言葉を一般的に使うようになったのは、この10年くらいかと思いますが、「異常が異常でなくなりそうだ」などと言っているうちに、毎年毎年「これまでに体験したことのない」事態が発生し、甚大な被害を各地に引き起こしています。
 降り続く大雨は日本全土に大災害をもたらしていて、こんな広範囲の集中豪雨はこれまでにない事態。TVを見ているのが恐いほどです。この先もまだ降るとか。今も各地でとんでもないことが起こっているのではないかと不安で、気持ちが落ち着きません。
 小降りになった時に、畑のトマトが雨で裂けるだろうと、傘を差して収穫に出たのですが、案の定でした。うつむいて収穫しているうちに、傘で頭は濡れないけれど、背中から下はびしょ濡れ。それにひるんで、家の中から今日の花。
 ナツユキカズラがまた白くなり、ジャスミン・ホワイトプリンセスも誘引ができないうちに開花が始まりました。
e0181373_20220682.jpg
 ソラナム・ラントネッティは相変わらず満開。以上、南側の庭。
e0181373_20220205.jpg
 駐車場脇ではベゴニアとサルビア。
e0181373_20221290.jpg
 コウホネの花が咲かなくなったのは、植木鉢が小さいからだろうと思って、6月中旬に植え替えました。Naさん宅に野菜を貰いに行った時に、涼しげでいいですねと言ったら下さった、十和田アシかなと思うグラスの陰に、小さく丸く、コウホネの葉。もっと深く植えて水が溜まるようにすべきだったと、見るたびに思っています(笑)来年は花が見られますように!
e0181373_20221796.jpg
 うちの方は今のところ降っていませんが、洪水や土砂崩れの危険な地域こそ、一刻も早く雨が止んでくれますように!!!



by kochira703 | 2018-07-06 21:22 | 花木 | Comments(6)

雨中のフウラン

2018.7.5(木) 雨
e0181373_20212373.jpg
 雨音が大きくなったり消えたりしながら、ずっと降り続いています。近畿に線状降水帯という、1年前にも大災害をもたらした言葉が、TVから聞こえていましたが、大きなことにならねばよいがと、祈るばかりです。
 たっぷりと雨に濡れた風蘭(フウラン)は、「フ」が取れて雨蘭(ウラン)になっています(笑)長雨はよくはないんでしょうね。
 アンズの幹に括りつけたフウラン。まだ蕾もたくさん見えているので、楽しみ!
e0181373_20213040.jpg
 フウランの下の花壇で咲いている、淡色のヘメロカリス。今日が最初の開花。
e0181373_20214244.jpg
 天気予報を聞きながら、明日の明石行きを延期しました。病院にお見舞いに行くつもりだったのですが、無理に明日でなくてもとなったのです。
 各地の被害が拡大しませんように!!!





by kochira703 | 2018-07-05 20:55 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

モジズリの花

2018.7.4(水) 曇り時々雨
e0181373_22093632.jpg
 ネジバナという、そのままの名前より、モジズリという名前の方が好きです。「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れそめにし 我ならなくに」という和歌にちなんだ名前は、趣があると思われませんか?
 この歌と花とがストレートに結びついている訳ではないのですが、初恋の心が乱れ始めたというのが、淡いピンクの小さな花のイメージに重なりますよね?
 小さな植木鉢3つを地面に並べて管理していたのですが、今日見ると、1鉢の2本が茎が腐ったようで、根元から倒れていました。これはショック!
 マクロレンズに替えたついでに・・・。モナルダです。
e0181373_22095710.jpg
 トリトマも下から順に開花していくのですね。先が閉じているのは蕾ってこと。
e0181373_22094899.jpg
 ユウスゲ。去年は1本だった花茎が、今年は2本になりました。
e0181373_22103132.jpg
 ツルハナナスが清々しい花を咲かせています。
e0181373_22100322.jpg
 いったん終わっていたプリムラ・シネンシスに少しだけ花。この花が最初に咲いたのが1月の終わりでしたから、ずいぶんと丈夫な花なんですね。
e0181373_22101619.jpg


by kochira703 | 2018-07-04 22:53 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

ブルーベリー大手術のその後

2018.7.3(火) 曇りのち雨
e0181373_21502789.jpg
 倒れている白のモナルダを、今日の夕方半分に切りました。カシワバアジサイも赤いアジサイも、そろそろ手を入れなくてはね。写真は出かける前に撮ったもの。手前にラベンダーピンクのモナルダも咲いています。
 一番奥にチラと見えるのが、濃いピンクのフロックス。
e0181373_21503347.jpg
 反対側から写すとこうなります。手入れしてすっきりさせたいなあと、思うばかりで・・・。
e0181373_21504059.jpg
 モナルダが咲いているのはもう1ヵ所。しゃがんで作業していて、顔を上げたときに、白い花が揺れているのを見たりすると、ほっと安らぎを感じます。
e0181373_21505204.jpg
 ラベンダーピンクのモナルダは、白いのと通路を挟んだ反対側の花壇に。アジサイや銅葉ヒマといい感じで咲いているのですが、私の写真では色が上手く出てくれません。
e0181373_21510109.jpg
 近くにはフロックスも咲いています。この方向を写すとまだマシですが、
e0181373_21511301.jpg
 反対方向を写すと・・・ため息が出ますよ(笑) したいことは山ほどあるけれど、時間には限りがあり、体力と気力は年々衰え、ストレス溜まりますねえ!・・・と、これは毎年のボヤキですが、表現は同じでも中身の質が違ってきています。深刻!
 アジサイをいっぱい植えようかしらと思うこの頃です(笑)
e0181373_22104288.jpg
 そうそうヘメロカリスも手間がかかりませんでした。この種類は庭には一番の古株で、けっこうあちこちで咲いています。
 ロベリアをたくさんいただいて、あちこちに植えたのですが、そろそろ終わり。
e0181373_21512235.jpg
 水色と白のロベリアが、こんな場所でもいい感じで咲いてくれていたのを、一度も撮らなくて、ロベリアさん、ごめんなさい、という気分で、名残の花を写しました。
       
e0181373_21513258.jpg
 友人たちと徳島の佐那河内村まで出かけていました。向こうは雨と風ひどく、小さな川も濁流となっていて、急かされる気分で帰路に就いたのですが、淡路に渡ると道路も濡れていないし、時に薄日も差し込むしで、全然違う光景でした。
 家の近くまで戻った時に、冬にブルーベリーの手入れをしてくださった方から、大阪からの帰りで淡路の高速を走っているのだが、在宅なら寄らせてもらうとの電話。ちょうどいいタイミングで、その後のブルーベリーを見てもらうことができました。
 新芽が勢いよく出ていることを確認し、今後はたくさん出ている幹を減らし、1本の幹を太らせ、上へ伸びるのも抑えることで、収穫しやすくすることと実を大きくすることが出来ると、アドバイスしてもらいました。
 他の木も見てくれて、土がブルーベリーに合っているようで実付きがとてもいいということでした。私が今年は実の熟するのが早くないかと言うと、早い、みんなそう言っているとのこと。ラビットアイ系も色づいているから、ブルーベリーのためには早くカッと照って欲しいところ。雨ばかりだと甘くならないのです。
 ブルーベリーに糸を張る具合も興味を持って見ておられました。最初に熟した木はずいぶん被害があったのですが、他のは張る間もなく川崎に出かけ、帰って来て恐る恐る見たら、被害の形跡はありません。糸が張られて危険だとこの辺りの鳥に周知されたのか?(笑)
 そんな訳ないから、糸を張ろうとは思うのですが、その前にをイラガを捕らないと痛い目に遭うので、毎日葉を裏返しているのです。捕っても捕っても、いますねえ!

 



by kochira703 | 2018-07-03 23:06 | ブルーベリー | Comments(4)

横浜イングリッシュガーデン 2

2018.7.2(月) 晴れ
e0181373_21473073.jpg
 バラの二番花とアジサイが見頃だと、HPで見たので出かけたのですが、やはり違いますね。うちで咲いていた一番花より花も大きくて、数がはるかに多い(笑)
 赤いバラの横に、うちにもある赤いヘメロカリスが咲いていました。
e0181373_21473682.jpg
e0181373_21474323.jpg
e0181373_21474752.jpg
e0181373_21475366.jpg
e0181373_21475991.jpg
e0181373_21480643.jpg
 強い日差しを避けてガゼボで休憩。赤いバラの景色が最高でした。右手は芝生広場。水やり中だったので、カット。中には入れなくて、その周囲に園路と植栽。
 従姉妹はバラの時季の日曜日に、娘さんと一緒に来たのだとか。「そりゃあ、ものすご~い人出」だったそうで、「ゆっくり見て回れるこの時季は、いいなあ!」と。
e0181373_21481524.jpg
 もちろん咲いていない木も多いのですが、これだけ見事に咲かせられるのは、さすがプロの技ですね。
 帰ってきて見た駐車場のツルバラには、花が1つと、先がことごとく食べられた新枝。黒星病も!イラガも!
 昨日今日とブルーベリーやアンズのイラガ捕りをしています。今年はヤケに多い!





by kochira703 | 2018-07-02 23:17 | 花巡り | Comments(4)

横浜イングリッシュガーデン

2018.7.1(日) 晴れ
e0181373_22134069.jpg
e0181373_22132717.jpg
 お洒落にアジサイが展示されているのは、横浜イングリッシュガーデン。バラのトンネルになるメイン通路に、竹をダイナミックに使って、すだれや傘で和の演出。爽やかな空間になっていました。
e0181373_22131945.jpg
e0181373_22130541.jpg
e0181373_22183967.jpg
 川崎に滞在中の6月27日に、従姉妹を誘って行って来たのです。従姉妹が気に入った「春よ恋」。様々な色が混在して、一見綺麗に見えなかったのですが、よく見れば味わい深いというか、見応えがあるというか、魅力的なアジサイでした。
e0181373_22144043.jpg
 ショップに「コンペイトウ」というアジサイが値引きされていたので、ずいぶん悩んで購入。「持って帰られへん」「今は植え時じゃないから、枯らすだけかも」と言って、いったんそこを離れたものの、再びひそかに戻っていた私を、従姉妹が笑うこと! 紫の傘の前のが「コンペイトウ」のような気がしますが、さて?
e0181373_22132717.jpg
 これは何と素敵なと思った「スターリットスカイ」。初めは真っ青だったようです。
e0181373_22135833.jpg
 鉢植えだけでなく園内各所にアジサイが植えられているので、私には目新しい品種をたくさん見ることができました。このアジサイは「グリーンシャドウ」と名札があって、何故グリーンなんだろうと思っていたら、咲き始めのグリーンが赤に変化して、最後もグリーンになるらしいですね。
 アジサイは花色の変化が楽しめるのが素晴らしい、日本が誇るべき花木ですね。
e0181373_22145937.jpg
 カシワバアジサイも赤いのがあったり、葉が黄緑のがあったり、見て歩くのが楽しかったですねえ!
e0181373_22145128.jpg
e0181373_22152428.jpg
e0181373_22150887.jpg
e0181373_22155277.jpg
 アジサイとバラとランチが、楽しい語らいを彩ってくれました。










by kochira703 | 2018-07-01 22:57 | 花巡り | Comments(6)