<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

北海道秋景8~十勝千年の森・メドウガーデン 

2018.10.6(土) 曇りのち晴れ
e0181373_22043168.jpg
 世界で最も美しい庭と賞された「十勝千年の森」の、圧倒的な広がりを持つメドウガーデンの秋を見たいと、ちょっと無理をしてコースに入れました。多くの花は終わって種ができ、グラスは渋く輝いて、素晴らしい秋の花野の景色が展開していました。
e0181373_22044393.jpg
e0181373_22062472.jpg
 もちろん見頃の秋の花もあります。右のピンクはフジバカマみたいだったけれど・・左はペルシカリアだけど・・『十勝千年の森の庭仕事』という本を引っ張り出して眺めてみましたが、分らない花の方が多かったので、分った分だけ書いておきます。左のはペルシカリア・アトロサンギネア。細い花穂が綺麗な赤の、素敵な花でした。ペルシカリアはタデの仲間なので、基本的には強そうなので、もう一度トライしてみようかなと思います。
e0181373_22062818.jpg

e0181373_22063459.jpg
e0181373_22064831.jpg
 花の向こうの人影が同行3人の友人たちです。ここもほぼ貸し切り状態。他にも何組がいたのですが、広いから動線が瞬間的に交錯するだけです。
e0181373_22065111.jpg
 枯れた茎はセファラリア・ギガンティア。夏に来た時に薄い黄色の花が咲いていたのを覚えています。とにかく背丈が高いのです。
 黄色はルドベキア・フルギダ・ゴールドスターム。間を埋めている細葉はコレオプシス・ザグレブ。左の青緑の葉のかたまりは、うちにもあるムラサキセンダイハギでした。今は葉がほとんど落ちていますが、ここでは綺麗です。

e0181373_22065832.jpg
e0181373_22070424.jpg
 今回とても惹かれたのは、この白い花。白珠をこぼしたように光り輝いて見えました。ネット検索してみると、どうやらペルシカリア・アルバのようです。
e0181373_22072975.jpg
e0181373_22073907.jpg
e0181373_22073477.jpg
e0181373_22074442.jpg
 チカラシバの下には何が植わっているのでしょうね。常に次の用意をしていないと、こんなに美しく枯れた花野を維持はできませんものね。
e0181373_22080075.jpg
 北海道のガーデンを楽しみにご覧いただいている方に申し訳ないのですが、明日からブログを休みます。週末にはまた再開できると思います。










by kochira703 | 2018-10-06 22:54 | 花巡り | Comments(1)

北海道秋景7~大雪山銀扇台から三国峠へ

2018.10.5(金) 曇り時々雨
e0181373_20461842.jpg
 9月27日は主たる目的地の大雪山銀扇台に。青空も見えて気分はウキウキ。そしてこれがその景色。
 とは言え、銀扇台がどのポイントなのか、実は今もよく分りません。赤岳の登山口から15分程度上がった所という情報を頼りに出かけ、すれ違う人やガイドさんにも「もうすぐですよ」と言われたので、この辺りには違いないのですが、「台」といわれるような場所はありませんでした。人一人が歩けるだけの山の登り道。それも何の目印もない、全くの細道の途中。
 こう書きながらふと、見ている地点が「台」なのではなくて、見えている山が「台」なのだろうかと思いました。見えているのは赤岳の山裾かと思っていたのですが、どこかが「銀扇台」なのかもしれないですね。だんだんそう思えてきました。どなたかご存じの方、真相を教えてください! 
e0181373_20462624.jpg
 登りの細い道の途中で、立ち止まって景色を眺めて、そこから引き返しました。上から下りてきた人が、ここが絶景ポイントと保証してくれました。下の道で出会ったガイドさんは、今日が最高と太鼓判。観光客はこの辺りか、もう少し上がった所までで、それ以上は山登りの領域です。
 見ているうちに雲が下りてきたのを潮に、後ろ髪引かれながら帰りました。
e0181373_20463451.jpg
e0181373_20464768.jpg
 もうすぐここは深い雪に覆われるのですね。草紅葉も最後の色。
e0181373_20465343.jpg
 銀扇台は層雲峡から国道39号線を進み、シーズンには大雪湖からマイカー規制があり、シャトルバスに乗り換えるのですが、規制は24日で終了。車で大雪山観光道路を走ることが出来ました。層雲峡から1時間くらいの所に駐車場があって、そこから林道(次の写真)を10分程度歩くと、急な登りになります。
e0181373_20471761.jpg
 木の根元が大きなU字形になっているのは、雪の重みでしょうか?白樺林に感動しながら走って来ましたが、気づけばいつの間にかだんだんと幹が細くなっていきます。もうこの辺りのはシラカバではなくてダケカンバなんでしょうか?
 淡い柿色はナナカマドの葉ですが、信州の山で見るような真っ赤ではないのが不思議でした。
e0181373_20495249.jpg
e0181373_20495806.jpg
 車で下り始めてすぐに正面に、これまた絶景! 車を脇に止めて写真。
e0181373_20502489.jpg
 さらに次のカーブを曲がると、三脚を立てて写真を撮る男性。ここも絶景ポイントかもしれないと停車して、また歓声。「うるさくてすみませんね」と話しかけたのに返事がなかった男性に、近くにいた人が来て話した言葉は、日本語でなくて、(あらら、外国の人に見所を教えてもらったんだわ)と微苦笑。
e0181373_20504004.jpg
 そこから数㍍離れた場所もまた綺麗な色合いでした。
e0181373_20504500.jpg
e0181373_20505105.jpg
 観光道路を国道39号線まで戻って、273号線を走って三国峠へ。峠にぽつんとカフェがあるのですが、先の時間がどうなるか分らないから、ここではコーヒーだけを頼んで少しだけ休憩。峠からの景色は茫洋として、見渡す限りの森。
 だから次の写真は少し走った所で撮りました。黄葉は白樺! 日本離れした景色ですね。銀扇台も三国峠を越えるドライブルートも素晴らしい紅葉&黄葉でしたが、写真が色鮮やかさに欠けるのが何とも辛い(涙)
 でも実物を見た我々は、大興奮、大感激。「大満足!これで後はもうどうでもいい」「大雪森のガーデンと大雪山の紅葉は、最高だったわ」
e0181373_20505770.jpg
e0181373_20510301.jpg
       
e0181373_20510541.jpg
三国峠を出たのが12時過ぎ。それから2時間くらいだったか、行けども行けども森の中を走る道路。途中に人家もなく、ひっそりした糠平温泉郷があっただけで、北海道の広さと奥深さを感じました。
 2日目は「十勝千年の森」にも行く予定で、4時閉園、最終入園3時半だったので、午後から雨はよく降っていましたが、車もよく走りました。おかげで時間は十分に間に合いました(笑)









by kochira703 | 2018-10-05 22:19 | 花巡り | Comments(2)

北海道秋景6~大雪森のガーデン・周辺

2018.10.4(木) 雨
e0181373_20241410.jpg
 「大雪森のガーデン」の外構の植栽も素敵です。というか、旭が丘という周辺全体が高原風景で、非日常空間なのです。どちらを向いても「いいなあ!」
e0181373_20242050.jpg
 ガーデン巡りの最後にざーっと雨が来たので、ショップの中を見て回り、外に出た頃には傘も要らなくなっていました。1日目はここのヴィラ泊まりなので、部屋に。でも雲間から夕陽が差すのを見て、散策に。白樺の林、フウチソウとアサギリソウが交互に植えられたアプローチ。
e0181373_20243476.jpg
e0181373_20244499.jpg
e0181373_20245016.jpg
 階段の右手下にヴィラの黒い屋根が見えています。上がって行くとレストラン。
e0181373_20324016.jpg
 レストランの横にかすかな虹がかかりました。ここまで26日の夕方。
e0181373_20245935.jpg
 27日の朝。部屋の窓から見る景色です。朝の散歩に。
e0181373_20251117.jpg
e0181373_20331148.jpg
e0181373_20255556.jpg
 ガーデンの入り口方向です。
e0181373_20251764.jpg
e0181373_20260254.jpg
 うちでは花も咲かずに消えていきそうなペルシカリアですが、ここでは何とも素晴らしいボリューム。
e0181373_20260727.jpg
 タリクトラム・デラバイも消えてしまったなあ! 北海道ではどちらを向いても、憧れの花景色が展開しています。
 でもね、翌日行ったガーデンのナーセリーで、ガウラの苗をいいですねえと言うお客と、扱いが難しいけれど種も落ちるのでと勧める店員との会話が耳に入ってきて、心の中でクスリと笑った私でした。暑さをものともしない植物は、こちらでは繁殖力旺盛とはならないのでしょうね。人は無い物ねだりをしてしまう性分なのでしょうね(笑)
e0181373_20262505.jpg
 前から頼んでいた植木の剪定。小雨決行となりました。カイとハクモクレンとイヌエンジュの大きな木を剪定。
 そうそう、忘れないように書いておこう。植木屋さんとハクモクレンの下で話をしていた時に、アサギマダラがふわふわと、雨の中を。うちで休んで行きなよと言ったのですが、タイサンボクの方に飛んでいって消えました。それから気をつけていたのですが、フジバカマにも止まってはいませんでした。





by kochira703 | 2018-10-04 21:33 | 花巡り | Comments(4)

北海道秋景5~大雪森のガーデン・森の迎賓館

2018.10.3(水) 晴れ
e0181373_21052967.jpg
 「森の花園」から「森の迎賓館」へ。意識せずに歩いたのですが、写真を見ていると、境はこの辺りだったかなと思います。美しいフウチソウに誘われて、森のエリアに入って行ったような気がします。
e0181373_21053672.jpg
e0181373_21055273.jpg
e0181373_21060333.jpg
 ウッドデッキのような空間にはチェアがあって、大雪山系が見えます。眼下には続く3枚の写真ような秋草の花が満開でした。
e0181373_21060962.jpg
e0181373_21062200.jpg
 リンドウの横の淡いピンクはオカトラノオでした! 庭で見慣れているオカトラノオも北海道で見るとグレードアップします(笑)
e0181373_21063081.jpg
e0181373_21063643.jpg
 ミヤギノハギはどこのガーデンでもよく使われていました。
e0181373_21064181.jpg
e0181373_21064937.jpg
 赤いパラソルが効いています。
e0181373_21065301.jpg
 キレンゲショウマとレンゲショウマ。
e0181373_21065900.jpg
e0181373_21070695.jpg
 ヤマアジサイがまだこんなに綺麗!フウチソウもバッタに囓られてない!(笑)
e0181373_21071478.jpg
 山の緩やかな斜面を縫う小道をゆったりと歩きました。他のお客も何組かいましたが、広い空間では互いの存在が消えてしまいます。素晴らしい、正にナチュラルガーデンでした。
 「森の花園」には「カムイミンタラ」というエリアがあって、「神々の遊ぶ庭」という意味のようですが、そこだけではなくて全体が、本当に神々や妖精の遊んでいそうな、素敵な空間でした。
 




by kochira703 | 2018-10-03 21:41 | 花巡り | Comments(6)

北海道秋景4~大雪森のガーデン・森の花園

2018.10.2(火) 晴れ
e0181373_20094839.jpg
 「大雪森のガーデン」は大雪高原旭が丘にあり、旭川の「上野ファーム」から車で45分くらい走ります。ガーデンは「森の花園」と「森の迎賓館」のエリアに分かれていて、「森の花園」は上野砂由紀さんのデザインなので、上野ファームと同じ花も多いのですが、立地が高原だけに開花が遅くて、ちょうど見頃でした。4人とも「綺麗なあ!」「すごい!」と、歓声やらため息やら。
e0181373_20095403.jpg
e0181373_20100317.jpg
e0181373_20101471.jpg
e0181373_20102385.jpg
 奥に見えている黒い建物はショップやカフェ。違和感なく自然に溶け込んでいます。白樺の林が何とも素敵で、夢のような光景です。
e0181373_20104926.jpg
e0181373_20115747.jpg
e0181373_20110226.jpg
e0181373_20110983.jpg
e0181373_20112515.jpg
e0181373_20112952.jpg
e0181373_20114296.jpg
e0181373_20114793.jpg
e0181373_20184481.jpg
e0181373_20183441.jpg
e0181373_20183938.jpg
 写真をたくさんアップしますね。北海道はそうそう行ける場所でもないので、写真で楽しんでください。でもブログの写真では素晴らしさの10分の1も、100分の1も伝わりません(涙)









by kochira703 | 2018-10-02 21:23 | 花巡り | Comments(4)

北海道秋景3~上野ファーム 

2018.10.1(月) 晴れ
e0181373_20515077.jpg
 9月26日の上野ファームです。見て歩いたままに写真をアップします。
e0181373_20515692.jpg
e0181373_20520488.jpg
 白く長い花穂に魅せられてしまいました。キミキフガという、サラシナショウマの園芸品種のようです。いいなあ!こんな庭に憧れます。
e0181373_20521074.jpg
e0181373_20521545.jpg
e0181373_20522692.jpg
e0181373_20525230.jpg
 私の独断と偏見ですが、三尺バーベナが日本で一番綺麗に植えられていると思います。うちではすぐに倒れて、のたうち回ってどうしようもないのが、どうしてこんなに行儀よく並んでいるのでしょう?
e0181373_20530935.jpg
e0181373_20531961.jpg
e0181373_20542367.jpg
e0181373_20543389.jpg
 台風に備えて廊下の雨戸は閉めたのですが、自分の部屋の雨戸は、ひどくなったら閉めようと思っていたら、とうとう閉めることなく雨風が収まっていきました。
 でも台風一過の庭は、することがいっぱいで疲れた~、早く寝ようっと!






by kochira703 | 2018-10-01 21:24 | 花巡り | Comments(4)