人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

キキョウラン

2019.2.28(木) 雨
e0181373_21205247.jpg
 終日よく降りました。これで庭の緑が一段と増すことでしょう。
 10時前だったかに徳島のTさんから電話があって、「ロベリアの苗は要らないか?洲本の友人の所に行くので、帰りがけに寄ろうと思うが、在宅か?」というようなことでした。「ロベリアは実は昨日Naさんからいただいたばかり。それも100本近くありそう」と話したので、ビスカリアやアロンソワなどいろいろと持って来てくださいました。
 こちらも4、50本はありそうで、さあ植え込み作業が大変、などと嬉しい悲鳴が上げられるのも、みなさんのご厚意のおかげです。本当に感謝に堪えません。
 雨で外に出られず台所の片付けをしていたら、病院から病室移動の連絡。これまでリハビリの病室の空きを待って、一般の病室にいたのです。また説明を聞きに来てくれということだったので、明日は池田に行くからと思って、急遽また病院に。
 行きには支払いに立ち寄ったり、帰りにはイチゴをやろうというNさん宅に行ったり、ガソリンを入れたりしていたら、写真を撮るのをすっかり忘れていました。
 一昨日の写真が1枚だけ残っていたので・・・寒さでピンクに染まったキキョウラン。ビオラと色合わせしたみたい(笑)



by kochira703 | 2019-02-28 22:55 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

椿泊の椿自然園

2019.2.27(水) 曇り
e0181373_20591554.jpg
 素晴らしいガーデンを見た後、さらに南下して、椿町の椿自然園に行って来ました。車1台が通れるだけの細い山道を上がると旅館があって、そこのご主人が作られた椿園のようです。椿泊という素敵な地名から想像するに、この辺りにはヤブツバキがたくさん自生していたのでしょうね。そこに世界中のツバキを植栽して、700種類以上あるのだとか。
 最初に感動したのが、小さなピンクのツバキ。踏むのがもったいなくて、除けて歩きました。橘湾を見下ろす山の上です。淡路島も見える時があるのだとか。 
e0181373_20593945.jpg
 2枚目は北方向。3枚目は南方向。暖かくて、景色もよくて、珍しいツバキの花をたくさん見て、入場は無料。申し訳ないから食事をしました。眼下の海で今朝獲れたお魚は、美味しかったですよ。
e0181373_21223960.jpg
e0181373_20592666.jpg
e0181373_20593379.jpg
e0181373_20594461.jpg
 花を見上げて歩いていても、山野草に目敏いNaさんは見つけました。黄色の花が3つ。花径5㎜ほどです。見にくいですが、スミレも。もう一つ、何とかリンドウだと教えてくれなければ、私なんか踏んで歩くところでした。
 中央左寄りに白い花。黒っぽい葉の左です。
e0181373_21000398.jpg
 これだけでは見にくいから、恥ずかしながらピントが合っていないのも・・ 帰って調べたらコケリンドウらしいです。
e0181373_22080795.jpg
 屋内と温室にあった、ベトナム原産のツバキ。葉が日本のツバキとは違って、ビワの葉みたい。
e0181373_20595072.jpg
e0181373_20595690.jpg
 椿が本格的に開花するのは3月になってからのようですが、今年は開花が早くて、十分に楽しめました。それにしても植えにも植えたりと、2つの訪問を振り返って、4人で感嘆しきり。クリスマスローズや椿への情熱に感動しました。



by kochira703 | 2019-02-27 22:45 | 花巡り | Comments(8)

クリスマスローズのオープンガーデン

2019.2.26(火) 晴れ
e0181373_20223725.jpg
 何年か前から徳島のオープンガーデンのことはネットで見ていたのですが、「要予約」がネックになっていました。でも冬場のガーデン巡りは他にはないからと、今年は思い切って連絡を取り訪問させていただきました。
 クリスマスローズとアジサイをテーマに、年2回開催されているお宅です。クリスマスローズを販売して収益金を国境なき医師団に寄付すると知ってはいたのですが、行ってみると想像を遙かに超えるスケール。1枚目に写っている倍くらいは、ポットの数がありました。これらはみな種を採取して育てられたものだとか。すごい!素晴らしい!!そのパワーに圧倒されます。
       
e0181373_20224507.jpg
 このお洒落な庭は12年前から自分で作ってこられたのだとか。素敵ですね。
       
e0181373_20225430.jpg
e0181373_20233634.jpg
 奥の方には地植えのクリスマスローズもありました。
e0181373_20232338.jpg
e0181373_20230801.jpg
e0181373_20231784.jpg
 今はまだ彩りがありませんが、よく見るといろいろな芽が出ていました。春になると芝生が緑になって、周囲に花が咲いて、いい感じになりそうです。
 玄関前にはお気に入りを飾っているとか。どれも素敵なクリスマスローズでした。
e0181373_20234255.jpg
 この小さなブラックのは、近くに置いてあったのを写し損ねていますが、もっと大きな花からだとか。とても上品で、雰囲気のいい、魅力的な花でした。交配していくと、いろいろなのが生まれるから、面白いでしょうね。
e0181373_20234905.jpg
e0181373_20242957.jpg
 帰りの車の中で、紫陽花の時にも寄せてもらおうねと話したことでした。


by kochira703 | 2019-02-26 21:20 | 花巡り | Comments(8)

ヘリオフィラ

2019.2.25(月) 晴れ
e0181373_21013512.jpg
 丸亀のHさんのブログを拝見するようになったのは、このヘリオフィラに目を奪われたからです。見たこともない青い花や小さな花が、溢れるように咲いているのに惹かれて、お宅にまで押しかけたのが2010年のことでしたから、お付き合いも早や9年目になります。
 昨冬にもヘリオフィラの苗をたくさんいただきました。寒さに弱いからナイロン袋を被せていたら、しっかり育ってくれました。先月いただきに行ったファセリア・トロピカルサーフという青い花は、ポットに植え替えていたのを今日地植えしました。
 ヘリオフィラの後ろに見えるアマも青い小花で、これも初めはHさんからです。今年は青い小花がよく咲きそうで、ちょっとワクワクしています。
 ピンクの小花はバージニアストック。これも何年か前にHさんから。
e0181373_21014644.jpg
 Hさんからの花苗に付いて入って来たらしい、白いスミレ。今や勝手にあちこちで咲いています。
e0181373_21015564.jpg
 このビオラはHさんが種蒔きしたマンゴーアンティークという品種。ニュアンスのある素敵な色合いです。雰囲気が伝わる、いいネーミングですよね。
e0181373_21022428.jpg
 マンゴーカラーからピンクっぽいのやら赤味が強いのまで、色幅があるのも魅力です。クリスマスローズの隙間に植えたら、いい感じになりました。よかった~!
e0181373_21020787.jpg
e0181373_21060767.jpg
e0181373_21023070.jpg
e0181373_21025202.jpg

 






by kochira703 | 2019-02-25 22:14 | 1年草 | Comments(4)

またまたヤサイゾウムシ

2019.2.24(日) 晴れ
e0181373_21035309.jpg
 今はやっぱりクリスマスローズ。華やかです。茎が伸びて、花が増えて、見応えがあります。枯れたと嘆いていた場所も、これだけ咲けば満足としましょう。
e0181373_21064480.jpg
 いつもの場所から写すと、クリスマスローズが疎らになったのが分りますが、残ったのが頑張っているし、新たに咲いたのもあるし、種が落ちて小さな苗が出来ているし、消えるのを悲しむ必要もありますまい。(と、言い聞かせて)・・盛者必滅、会者定離・・ガーデニングには悟りが必要です(笑)    
       
e0181373_21040209.jpg
 アシュード・ホワイトフィズというクリスマスローズは、5年前に横浜から苗を持ち帰ったもの。木の根の張った所で頑張っています。
e0181373_21041550.jpg
e0181373_21042320.jpg
e0181373_21043018.jpg
       
e0181373_21043839.jpg
 リナリアも咲きそろい、奥のストックへと、赤紫の花の流れができ、自己満足。
e0181373_21045425.jpg
 さすがのスイセンも順に終盤に。
e0181373_21050197.jpg
 今日は10人ほどで食事会、その後病院にも行ったので、庭仕事は半日ほどでしたが、とてもショッキングなことが判明。人参にいたヤサイゾウムシ。隣の大根にはいなかったと書きましたが、朝の光でよく見ると、いたのです!
 人参のゾウムシは濃い緑でした。大根のゾウムシは乳白色ないしは薄緑。色の違いは人参と大根の違いなんでしょうね。
 土をかき混ぜて虫を探しながら、ゾウムシを初めて見たと思ったのは、勘違いだったと思い始めました。この白い虫には見覚えがある、大根も初めよく葉が食べられて、虫取りをした。その時にこんな形のもいた。それに今季が初めてではない気がする。そうと気づかなかっただけで、きっと畑中に生存しているのだろう。農薬には弱いそうだけれど、今更使いたくはないし、土を全部調べることも出来ないから、見つけたら捕殺するくらいのことで、のんびりいくしかない。また52匹を捕まえて、そう思いを定めたことでした。

 

 





by kochira703 | 2019-02-24 22:02 | 小動物 | Comments(8)

1週間ぶりの庭

2019.2.23(土) 晴れ
e0181373_21181302.jpg
 1週間ぶりに見る庭は、花色が増えて、早春の明るさに満ちていました。中の花壇で、ネモフィラが初花。ヘリオフィラの花数も少し増えて、嬉しいブルーの花々です。
e0181373_22142885.jpg
e0181373_21182635.jpg
 その花壇の左奥では、ジンチョウゲの芳香が漂い、その下で福寿草が咲き出していました。
e0181373_21190197.jpg
e0181373_21190833.jpg
 その近くのミニアイリスと、シクラメンコウム。
e0181373_21191515.jpg
e0181373_21195226.jpg
 まだ片付けていないフウチソウの前で、黄色のオキザリス。この軽やかな感じは好きなのですが、咲かせると後が大変。小さなのがいっぱい出てきます。
e0181373_21231413.jpg
e0181373_21233633.jpg
 こんなふうにたくさん花が咲いて、早春の庭らしくなっていたのも嬉しかったのですが、今回の一番の喜びは、セツブンソウ。何と、2つしか咲いていなかった場所に、小さな蕾を持ったのが2つと葉っぱだけなのがいくつか。最初に咲いた場所でも、カウントしていない葉が出ているような気がします。球根が7つあると喜んでいましたが、倍以上ありそうなと、内心にやついております。
e0181373_21200118.jpg
 一昨日の夜に川崎から帰って来て、昨日は義母の転院のために7時半に家を出たのですが、帰宅は夜の7時半近く。手術した病院を9時半に退院し、10時にリハビリのため転院と聞いていたから、昼過ぎには終わるだろうと思っていたら、諸検査と診察を待つ時間の長かったこと! 診察が終ったのは6時半でした。という訳で、帰ってゆっくり庭を見ようと思ったのが、思わぬ誤算となりました。
 そうそう、ヤサイゾウムシ。今日も62匹。ジャガイモを一緒に植えようということになって、息子と孫たちと、ニンジンを抜いた後を掘ったら、いるのです!
 エサも無くなったのに、どうして生存するのでしょうね?まだサナギにはなっていない、幼虫の姿です。どんな生態なのか?まだ残っていたら、ジャガイモも食べられるのでしょうね。困ったことです。







by kochira703 | 2019-02-23 22:44 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

発見と感動(笑)

2019.2.16(土) 曇りのち雨
e0181373_21562174.jpg
 1週間ほど前に、忘れているからこそ発見と感動があると書きました。それがこちら! いただいたセツブンソウの球根を、リスク分散の意味で、2ヵ所に分けて植えていたのですね。
 先日、跨いだ足の下に目に引っかかるものがあって、その小さな白をまじまじと見つめたのです。それがセツブンソウの蕾と分った時の感動は如何ばかりか! よくぞ踏まなかったことです(笑)
 この場所ではエビネが育っています。だから環境的には最良の、昔からのバベの大木の下。でもその木も昨年遂に枯れて、切り株になりました。この夏からバベの木陰ができなくなったのは、思わぬ誤算かもしれません。でも他よりはよさそうだから、このまま置いておきます。
 セツブンソウは初め2輪しか咲かず、もっとあったのにと悲しんでいましたが、後から3つ。そして思いがけない所から2つ。合わせて7つになりました。これで納得!
e0181373_21562647.jpg
 シラユキゲシは今日の開花です。
e0181373_21563771.jpg
 ヘリオフィラは2、3日前から。セツブンソウと一緒に撮ろうと待っていたのです。
e0181373_21564210.jpg
 何てことのないクロッカスですが、何故か咲くと嬉しくなります。
e0181373_21563314.jpg
 プランターに球根を植え込んでいたラケナリアも咲き始めました。
e0181373_21565152.jpg
 ヤサイゾウムシの続き。昨日調べた土をまたかき分けて調べたら、出てきたのが104匹。少し残していたニンジンを引いたら、そこからは155匹。昨日と合わせると、600匹近くいたということになります。
 今日は日の光で見たので、見落としそうに小さなのもサナギらしきも分かりました。時期を違えて産卵しているようだから、まだどこかにいるかもしれません。
 昨夜もう一つ気になっていたのが、隣の大根の畝。こちらには見つからなかったので、ほっとしました。バラゾウムシも厄介な害虫。ヤサイゾウムシも何にでも付くようだから、これから先が、恐ろしや~(涙)

明日から川崎に。週末にはブログ再開しますので、またよろしく!


by kochira703 | 2019-02-16 22:44 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

またまたクリスマスローズ

2019.2.15(金) 曇り
e0181373_21374901.jpg
 この時季に始まるのが、「また」をいくつも付けてのクリスマスローズのアップ(笑)なかなか他の写真がないのです。「冬の貴婦人」クリスマスローズは美しいし、致し方ないのです。
 最初に植えたのがカイヅカイブキの下。数も一番多くありますが、かなり消えて、代替わりしたのもあります。
e0181373_21375538.jpg
e0181373_21380134.jpg
e0181373_21374132.jpg
 その次に多いのが、イヌエンジュの木の下。クリスマスローズの小道を作りたかったのですが、先に植えていた左側が、かなり消滅。クリスマスローズが進む足元に咲きあふれる夢は、儚く消えました。でもまだあることを喜びましょう。
e0181373_21381127.jpg
e0181373_21381790.jpg
e0181373_21382283.jpg
 メダカの甕の脇にも大株になったのが2株消え、1株に。
e0181373_21382832.jpg
 物置の前は植えて新しいので今年も元気に咲いてくれました。
e0181373_21383663.jpg
 ところで、こんな虫をご存じですか?
 昨年からニンジンの葉が食べられているのは気づいていました。虫取りもそこそこしたのですが、この頃は葉がほとんど無くなっていました。写真の褐色の筋がニンジンの枯れた葉です。葉が無くてはこれ以上大きくもなれないから、全部収穫しようと思ってニンジンを抜いたら、小さな青虫のようなのがコロンコロンと出てきました。周囲の土を手で掻くと、土の中にもいっぱいいます。
e0181373_21384973.jpg
 土を動かしては虫を拾い上げて、どんどん捨てたのが次の写真。さほど動きもしないのですが、袋に数えて入れたら、結局全部で300匹近く。1m四方ぐらいの所だけで!尋常じゃないと思って、じっとしていると胴震いするほどの寒さの中を、2時間近くは辛抱しましたが、途中で諦め、また明日することにしました。
e0181373_21384383.jpg
 ニンジンの葉が虫に食べられることなんて、これまでに無かったことです。青虫のようなのが土の中にいるのも、初めて見ました。一体何なのか?! あれこれキーワードを変えて検索し、やっと見つけたのが、ヤサイゾウムシ。
 幼虫は冬に活動し、葉や茎から中にまで喰い入り、土中で淡緑色のサナギとなるのだとか。体色は乳白色のものが多く、緑色のもあるそうだから、これに違いないと思います。単為生殖で秋から翌春にかけて長期間卵を産むそうで、1匹につき1000個の卵だとか! 明日は本腰を入れて調べる必要がありそうです。思いがけない仕事ができました(涙)
 







by kochira703 | 2019-02-15 23:35 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)

シマサルナシ剪定終了!

2019.2.14(木) 曇り
e0181373_21001333.jpg
 前に剪定に来てもらったのが1月23~24日。絡まった蔓はみな切ってくれたので、それから3週間、筋を見て間引き剪定をしては、肩や腕が痛くなって休み、でも他の作業をしていても気にはなり、またシマサルナシに戻りを繰り返していたのですが、昨日もう手伝ってもらうしかないなと、植木屋さんを頼みました。
 思い切って減らしたので、すっきりとしました。植木屋さんも何度「すっきりしたな」と言ったことか(笑)昨年は蔓を伸ばしてみようと、柿や山桃の木に絡みついたのも放置し、フェンスのもあまり手をかけなかったのです。だから今季は文字通りのジャングルでした。
 軽トラに剪定枝を山盛りして帰る時に、一緒に見た前の家の枝垂れ梅。一番の見頃かな。7,8分咲きです。去年より半月早いですね。
e0181373_21002065.jpg
 芭蕉の木も3本だけにしたので、明るくなりました。次の写真2枚が右から左に並びます。緑の小山はシマサルナシの落ち葉の上に、ヤブランを抜いたのを放りかけたもの。手前の畑の端に10数年前に植えたのがびっしり広がっていたので処分しました。
e0181373_21002958.jpg
e0181373_21004878.jpg
 まだ枝が錯綜しているように見えますが、実際はそうでもないんですよ。
e0181373_21003519.jpg
 カメラの電池切れで、これはスマホ撮影。
e0181373_21033932.jpg
 今日は植木屋さんと一緒に動いて、切るポイントを指示したり、自分でも切ったりしました。蔓が長いので、2人して先がどうなっているかを確認し合いながらの作業でした。植木屋さんが「これが自分のうちだったらイヤになって止めてしまうわ」「よう守りしとるよ」と言ってくれました。でも3時のお茶がすんだら、動くのは口だけになってしまいました(笑)



by kochira703 | 2019-02-14 21:35 | シマサルナシ | Comments(6)

花も実も葉も

2019.2.13(水)  晴れ時々曇り
e0181373_21472257.jpg
 2011年に植えたビバーナム・ティナスです。メタリックブルーの実の横に、また花が咲きました。ピンクの丸い蕾と白い花が可愛いのですが、枝はわさわさ茂るのに花数が少ないからぱっとしません。
e0181373_21472635.jpg
 紅梅は散り始めました。シコンノボタンは暖冬のおかげで地上部が枯れずにすみました。緑の葉が寒さで銅葉に。
e0181373_21475324.jpg
 花の少ない時季には葉色でも楽しみましょう!コルジリネとツリージャーマンダー。
e0181373_21480062.jpg
 茶色がコプロスマ。ウンナンオウバイが黄色くなって落葉中。
e0181373_21480603.jpg
 植え込んだり、切ったり、引いたり、集めたり、行き当たりばったりに庭仕事(でもないですね、庭遊び!)をしていましたが、3時頃、衝動的に植木屋さんに電話。「明日空いていませんか?」こんな頼み方は初めてですが、幸いに「いいですよ」ということで、明日は頑張ります!
 
 





by kochira703 | 2019-02-13 22:33 | 花木 | Comments(4)