人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ストレリチアの開花

2019.5.31(金) 曇り時々雨
e0181373_21233063.jpg
 朝の楽しみはカメラを手に庭に出て行くこと。そこで見つけたささやかな感動を写真に収めて、それがブログになります。今朝はまず、ストレリチアの3つ目の花を写しました。2,3日ずつずれて開花します。開花した日の紺色はとても鮮やかなのです。
 次はブルーベリー畑に2、3歩入った所。雑草が気になってしゃがんだ位置から、キョウカノコの花のピンクと葉の黄緑が綺麗でした。
e0181373_21240094.jpg
 角度を少し変えると、徳島のTさんからいただいて、去年も咲いていたこの花。名前が分ったのか、分らないままなのかも忘れています。
 この方向、写真はボケてはいますが、順にラグラス、クレマチス、ゼラニウムと花色が繋がって、いい感じに見えるのです。
e0181373_21240529.jpg
e0181373_21241138.jpg
 しばらくぼーっと眺めていましたが、やがて蚊に追い立てられて逃げ出しました。今日は急に蚊の数が増えた気がします。もう鹿児島が梅雨入りしたのだとか。明日からは6月。いよいよ鬱陶しい季節に入るのですねえ。  
e0181373_21241765.jpg
 当地も昼からは雨が降りました。大した雨ではなかったのですが、一時退避。
e0181373_21243145.jpg
 ユスラウメの赤い実が可愛いですね。懐かしい味です。
e0181373_21243760.jpg
 この色のヘメロカリスは今日初開花。
e0181373_21244594.jpg
 ムラサキセンダイハギは葉の量に比して、花が少なかった!
e0181373_21245222.jpg
 近所の花友だちKさんが、”食べられるホオズキ”の苗を持って来てくれました。どんなものなんでしょうね?ついでに庭を案内して、「ゴミは黙殺。綺麗な花だけ見てね」と頼みましたよ(笑)



by kochira703 | 2019-05-31 21:59 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

アカンサスモリスも

2019.5.30(木)  晴れ
e0181373_21162425.jpg
 昨日外から写したナツユキカズラを、今朝はパーゴラの中から。白い小花が光に煌めき、蔓がそよ風に揺れる、素敵な空間ができました。
e0181373_21163131.jpg
e0181373_21163900.jpg
 ソラナム・ラントネッティは一時の勢いは衰えましたが、花はまだまだびっしり。カシワバアジサイが大きく白くなってきました。写真右に写るのが、ストレリチア(極楽鳥花)。今年の開花はこの花1本。やはり肥料不足です。
e0181373_21164872.jpg
e0181373_21165463.jpg
 カリアンドラ・エマルギナタ(赤花ネムノキ)の大きくなった木を、地植えにしたせいで枯らしてしまったのが、一昨年。その時5㎝だった挿し木をガーデンルームで管理していましたが、先日から外に出しました。夏の暑さでしっかり育ってもらいましょう!
e0181373_21170162.jpg
 カリアンドラを置いたのはマユミの木の下。その奥にヘメロカリス。
 更に奥にアカンサスモリス。マユミや西洋ニンジンボクに葉陰になって、瓦の小道からは全く見えません。大きくなったのを移植する勇気がなくて、毎年このまま。代わりにこぼれ種の小さな苗を、この冬は他に移植しました。大きい花は存在感がありますね。それにこの花、風格がある。
 少しだけでも見えるように、ニンジンボクとマユミの枝をカット。
e0181373_21171178.jpg
e0181373_21171616.jpg
 今日も義母の病院等で外出の用多く、庭仕事が出来ず終い。1日には枯れた花も見てもらいましょう。枯れた花には種ができ、それが地に落ちて、命を繋いでいくのがナチュラルってもんです。と、居直って(笑)



by kochira703 | 2019-05-30 21:53 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

桃葉キキョウ

2019.5.29(水) 晴れ
e0181373_21360237.jpg
 カンパニュラ・パーシフォリアと言うより桃葉キキョウの方が覚えやすいですね。葉が桃の葉に似ているのです。
 この花の苗を見かけた時、桔梗も消えてしまったことだし、もう一度植えてみようか(過去に何回か失敗したことが・・)と思い、5株買ってまとめて植えたのですが、長く伸びた茎も仇敵ダンゴ虫に囓られて、1株だけ咲きました。
 きっと日陰過ぎたのでしょうね。他の植物も入り組んでいる所に割り込んで、密植し過ぎたとも思います。早い段階でおかしいと思って株元をかき分けてみたら、葉の付け根がじとじとと腐っているのもあって、だんだんと消滅。残っていたのもダンゴ虫でダウンしたのです(涙)
 この花壇は日当たりがよくない場所になったと、改めて思いました。昔の感覚で植えてしまったのが、失敗の元。
e0181373_21402075.jpg
 黄色の花は何だったか?こんな花が咲くとも知らず、高松で買ったのだったか?(後日記:教えていただいてリシマキア・リッシーと分りました)
e0181373_21361202.jpg
 黄緑の葉が綺麗だった、Fさんの作った寄せ植えに入っていたタナセツム・ゴールデンモス。4月のオープンガーデンが終わった後、寄せ植えを解体して、名前を知ればなるほどと思う、モス(苔)状の葉を地植えにしたら、茎が立ち上がって野菊のようなカモミールのような花を咲かせたのです。
e0181373_21355301.jpg
 以上はハクモクレンの下の花壇。通路を挟んだ向いに、キョウカノコがふんわり優しく咲いています。今いい感じの所です。
e0181373_21363586.jpg
 花友だちTuさんからいただいたオカトラノオは、毎年よく増えています。手入れが届かない、シマサルナシの棚の下、お任せしますと頼んでいます(笑)
e0181373_21364044.jpg
 ホタルブクロにもお任せしますと言ってあります(笑)
e0181373_21364737.jpg
 徳島のTさんからいただいてもう何年か、種が落ちて発芽したのを植え広げたら、あちこちで宿根したり、新たに咲いたり。丈夫で可愛い花は大好きです。
e0181373_21365662.jpg
 今はゼラニウムの時季でもありますね。手前のピンクは夫の祖母が育てていたもの。後ろの白と赤は実家の母のもの。多年草は助かります。
e0181373_21370922.jpg
 ナツユキカズラも落花が始まりました。何でもそうですが、盛大に咲くと花殻も大量で、掃くのが大変ですが、これは「雪」ですから、さほど気にしないでも済みます。
e0181373_21370405.jpg
 今日はHちゃんと2人で神戸にお出かけ。ランドセルの予約購入でした。9時半に出かけ、5時半に帰宅と、たっぷり遊んで楽しい1日でした。夜はみんなで義母の退院祝いの食事会。





by kochira703 | 2019-05-29 22:46 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

雨の庭

2019.5.28(火) 雨時々曇り
e0181373_20414711.jpg
 夜来の雨に濡れて、緑もいっそう勢いづいています。右の高木、タイサンボクに白い大きな花が今日の初開花。左ではヤマボウシの白も見えています。その下でヤマアジサイのブルーが色づいてきました。
e0181373_20420376.jpg
 このアジサイは淡いピンク。
e0181373_20420927.jpg
 これはダンスパーティー。
e0181373_20421539.jpg
 昨日の撮影ですが、シチダンカ。昨年は何故か枯れ込んでしまいました。
e0181373_20432801.jpg
 いただきもののシルバープリペット。斑入り葉だけれど緑の葉が出るので、切っていくように言われていたのですが、昨冬に手入れが出来なかったら、緑の葉だけでなく白い花もいっぱいに咲いていました。サルスベリの木の奥に植えていたのが、多分日光を求めてせり出したのでしょう。
e0181373_20422264.jpg
 以下も昨日の写真。キョウカノコのピンクとギョリュウバイの白い小花。
e0181373_20424402.jpg
 バイカウツギは白がくっきりと、やはりいい花木ですね。
e0181373_20432327.jpg
e0181373_20431497.jpg
 花が終わっても赤い実が楽しませてくれるのは、ユスラウメ。
e0181373_20454374.jpg
 ノリウツギは早やクリーム色の花が汚くなってきました。 
       
e0181373_20455317.jpg
 そうそう、雨が止んでいた昼間に庭に出たら、タイサンボクの下をアサギマダラが飛んでいました。いつも1匹。迷子になったのかしら、などと心配します(笑)





by kochira703 | 2019-05-28 21:08 | 花木 | Comments(2)

今日もアサギマダラが・・

2019.5.27(月) 晴れ
e0181373_21132172.jpg
 北海道では暑さでチューリップが立ち枯れたとTVが報じていて、そんなことが起こるのかと驚きました。暑さで線路が歪むかもしれないから列車が運休したとか!何と!! 今年もまた異常気象が続くのですかねえ。
 当地は風もあって耐え難いほどの暑さではありません。明日は暑さもひとまず落ち着くようで、何とか今の姿で6月1日まで持って欲しいものです。
 クレマチス・篭口の咲く下にはヒューケラやペラルゴニウム・シドイデスの小花。上の写真の左の青花はエキウム。右はビスカリア。
e0181373_21132858.jpg
 反対方向を写すと、ビスカリアの奥に、臙脂色のホタルブクロとオレンジ色のヘメロカリス。
e0181373_21134006.jpg
 ビスカリアのピンクは徳島のTさんから。バーベナ・リギダと一緒に咲いて、バーバスカムやウォードも残しているので、ゴチャゴチャです。
e0181373_21134999.jpg
 バーベナ・リギダはたくさん咲いているのですが、その良さを私には写せないのが、残念です。
e0181373_21140211.jpg
 ポピーマロウに続けてワインカップと言うと、みなさん「なるほど!」。素敵なネーミングですよね。アメリカからメキシコにかけての草原に咲いているそうです。国境の「壁」のことを思うとワインも苦くなってきますね。       
e0181373_21124344.jpg
e0181373_21130339.jpg
 オルラヤやムラサキツユクサは終盤で、替わってガウラが咲き出しました。ガウラ(白蝶草)で思い出しましたが、アサギマダラを今日も目撃。実は昨日はあまり元気がないように見えたのですが、今日は元気に、そして優雅に舞っていました。何かしら栄養になるものがあったのでしょうか?だったら嬉しいですね。 
e0181373_21141343.jpg
 この辺りはブルーベリー畑の中。オルラヤやマンテマは終盤で、替わってチドリソウ。同時に花が見頃になるといいのですが、なかなか難しい。・・・と、すべてこぼれ種なのに、何を言っているやら(笑)
e0181373_21145697.jpg
 終わった花畑をほんの少し片付けて、中に入ったら、気の毒なデルフィニウム。綺麗な水色なのに、もったいない!(涙)苗を数本買って来た時、この辺りがぽっかり空いていたんです。
 気づかないうちにニゲラも咲いていました。こんな植え方、もったいない!
e0181373_21144041.jpg
 スティパ・エンジェルヘヤーの名のとおり、柔らかな花穂。光と風とが戯れています。
e0181373_21151500.jpg
e0181373_21152466.jpg
 ロベリアは色が鮮明で、青や紺、水色と好きな色が連なっています。
e0181373_21583036.jpg
 矮性のヘメロカリス。
e0181373_21583546.jpg
 今日は義母が4ヶ月ぶりに帰宅。ほぼ元のように動けるので、元のような生活に戻ることが出来ました。高齢者が骨折すると寝たきりになることが多いようですが、一番いい状態まで回復出来たのは、幸運でした。








by kochira703 | 2019-05-27 22:21 | 小動物 | Comments(4)

トワダアシの地植え

2019.5.26(日)  晴れ時々曇り
e0181373_21462018.jpg
 私の背丈ほどにも伸びた、すっきりとした長い穂は、何の花か分りますか?
 実はこれ、トワダアシ。これまでシマアシなどと書いてきましたが、Naさんに尋ねてトワダアシと教えてもらっていたのに、テキトーなことですみません
 涼しげな斑入り葉に、新葉の時はピンクが色差して綺麗です。
e0181373_21460353.jpg
e0181373_21461259.jpg
 それを地植えにしたら、こんなに大きく育ちました。葉は綺麗だし、長い花穂も花壇をダイナミックにしてくれるし、気に入りの植物。雑草的に強いのですが、侵略的でも排他的でもないので、どうしようもなくなるまでは大事にしておきます。
e0181373_21464681.jpg
e0181373_21463961.jpg
 その下で咲くピンクはセントーレア、青紫の花の名は・・?(後日記:和名はソライロキキョウアヤメ、学名がアリステア・エクロニーろ教えていただきました。和名を読んで、どなたからいただいたか思い出しました。徳島のTさんからです)
e0181373_21472119.jpg
e0181373_21481957.jpg
 チョウジソウも咲いて来ました。手前にシランとホタルブクロが暑苦しく壁になって、ちょっと気の毒。いよいよ今年はこの辺りも植え替えないといけません。毎年どうにかしなければと思っているのですが(笑)
e0181373_21474592.jpg
e0181373_21473544.jpg
 トワダアシは数年前にいただいて、初めに地植えにしたのがこの辺り。タイサンボクの下です。地下茎で広がりますが、適当な間隔で発芽するので他の花ともさほど喧嘩しません。
e0181373_21485225.jpg
 今日はここに珍しいお客。旅する蝶が休憩にきてくれたのです。
e0181373_21483116.jpg
e0181373_21483682.jpg
e0181373_21484452.jpg
 今日は弟夫婦と姪夫婦が来訪。姪は一度来たことがあるのですが、結婚してからは初めてで、大阪からの帰り道、彼に庭を見せようと来てくれたのでしょう。大学まで野球部だったスポーツマンなので、花には興味もないだろうと思っていたら、とても熱心に見聞きしてくれて、意外や意外。やっぱり予断と偏見はいけません!
 みんなを見送って庭に戻った時に、アサギマダラを目撃。実は朝早くに、アサギマダラがオルラヤの花に止まった後、ブルーベリー畑に飛んでいくのを目で追いかけました。その蝶かも知れませんね。
 秋はフジバカマの花を咲かせて飛来を待っているのですが、春は何の花を植えたらいいんでしょうね。今日の2回の目撃では、どこでも吸蜜している風はありませんでした。長く止まっていたのはオンファロデスの種。
 つい先日TVでチラと見たのが、淡路島の北端でアサギマダラが飛来する、磯辺の白い花を保護しているというようなニュースの一部。好きな花が分れば植えてやりたい気がします。










by kochira703 | 2019-05-26 23:15 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

ナツユキカズラが見頃

2019.5.25(土) 晴れ
e0181373_20392616.jpg
 6年目になるナツユキカズラが、待ち望んでいたような美しさになりました。これまでで一番綺麗に咲きました。花自体はイタドリに似て地味ですが、一斉に咲いて白いドームのようになっています。繰り返して何度も咲いてくれます。
e0181373_20400690.jpg
e0181373_20401164.jpg
e0181373_20421701.jpg
 パーゴラの中から、枝垂れる花越しに庭を眺めると、初めてナツユキカズラを見て感動した、須坂市のガーデンソイルの風景が思い出されます。
e0181373_20402126.jpg
e0181373_20402809.jpg
e0181373_20403863.jpg
 ナツユキカズラの下にもミニのツルバラを引き寄せていますが、挿し木して育てた同じ花を、こちらはアンズの枝に誘引して枝垂れさせました。ソラナムもそうですが、枝垂れる花が好きなようです。
e0181373_20404432.jpg
e0181373_20404931.jpg
 すっきり、シャンと立つ花も好きですが・・(笑)
 ゴクラクチョウカが本日開花。
e0181373_20405482.jpg
 今日は小学校の運動会。
e0181373_21170601.jpg












by kochira703 | 2019-05-25 21:18 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

アジサイの季節到来

2019.5.24(金) 晴れ
e0181373_21363603.jpg
 去年、神戸の森林植物園で買って来たヤマアジサイの「藍姫」と「日向の青てまり」。買ったのが6月だったから、枯らさないようにと鉢植えにしていたら、以前から地植えのヤマアジサイより早く開花しました。
 咲き始めた時は「藍姫」なのに紫じゃないかと思って、がっかりして川崎に出かけたのですが、帰宅したらそれは青く色が変って、他の花も一斉に開花していました。どうやら色が変化するようです。
e0181373_21364254.jpg
 「日向の青てまり」は、日向なら当地より暑いだろうからと、それが理由で買った、水色がさわやかだったヤマアジサイ。でも記憶より色が濃い。これも変っていくのかもしれませんね。花2つが残念。
e0181373_21364992.jpg
 カシワバアジサイがだいぶ咲き進みました。バックはナツユキカズラ。白が目立ってきました。
e0181373_21365769.jpg
 ツルハナナスも清楚。友だちの庭の、元気いっぱいのツルハナナスのイメージが強くて、うちのは心許なくて仕方ありません(笑)
e0181373_21370330.jpg
e0181373_21370968.jpg
 朝は駐車場のバラの花殻を摘み、植木鉢に水やり。それから義母の帰宅に向けての打合会に出かけ、お昼を食べて、帰宅後はたっぷりと昼寝。3時頃から外に出ようと思ったけれど、日差しの強烈さに怯んで、中の掃除やら洗濯やら。1月下旬から入院していた義母も、リハビリも終わって、来週から自宅に戻るので、その準備です。
 4時半から7時半まで庭仕事。暗くなるまで作業なんて、気儘な生活が出来るのも、あと数日ですね。


by kochira703 | 2019-05-24 22:04 | 花木 | Comments(2)

3日のうちに

2019.5.23(木) 晴れ
e0181373_21201389.jpg
 10時過ぎに川崎の家を出て、帰宅が15時40分。5時間半は順調にいった方です。帰りは南淡路へのバスが1時間に1本程度だから、待ち時間が長くなることもしばしば。
 留守中の風が大きかったようで背の高い花が倒れていたり、華奢なオベリスクが傾いていたりして、けっこう無残になっていました。
 綺麗なところを探して・・・オウゴンシモツケとミニバラとマルバストラム。
e0181373_21202252.jpg
e0181373_21202874.jpg
 マルバストラムをはじめはこの花壇に植えていたのですが、もっと自由に広がってもらおうと、庭の外れのダイダイの木の下に。3、4年目の今年は思うように咲いてくれました。色合いが温かくて好みです。
e0181373_21204736.jpg
e0181373_21203838.jpg
 さてこれは何の花? 実はジャガイモの花。色がいいし、花弁のぼってり感も個性的?(笑)
e0181373_21205201.jpg
e0181373_21205910.jpg
 野菜畑と花畑との境。バックは終わった花畑。
 6月1日に、他地区のオープンガーデンの会が、淡路のオープンガーデン巡りをされるというので、コースに入っているからよろしくと連絡がありましたが、うちは花の残骸を見ていただくような状態。どうしたもんかと、今日帰ってきて悩ましくなっています。



by kochira703 | 2019-05-23 21:41 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

5月オープンガーデン終了

2019.5.19(日) 曇り
e0181373_20114918.jpg
 今年の初開花が今日で、5つも。鮮やかなオレンジ色で大輪だから、ヘメロカリスは注目されました。
e0181373_20120979.jpg
 ヘメロカリスの奥の通路沿いに咲く花をアップします。カンパニュラ・ピンクオクトパスは、如何にも蛸の足(笑)勝手に咲いたホタルブクロも、合わせたような色。自然はよく出来ていると感心します。でもまあ、もしこれが白のホタルブクロであっても、綺麗だと思うんですけどね(笑)
e0181373_20121330.jpg
 柿の木に登らせたクレマチス・ロウグチ。
e0181373_20122432.jpg
 オウゴンシモツケの花。
e0181373_20123947.jpg
e0181373_20124777.jpg
 アンズの木に登らせたミニのツルバラ。その奥にソラナム・ラントネッティ。これも賛嘆の声をたくさんいただきました。
e0181373_20131284.jpg
 ツルハナナスの花も清楚です。カシワバアジサイの蕾に白が出てきました。
e0181373_21351475.jpg
e0181373_21393571.jpg
 通路の一番奥はナツユキカズラ。咲き始めたばかりで、まだ積雪量が少ないのです。
e0181373_21551796.jpg
 後ろを振り返るとヘメロカリスのオレンジ色が見えます。
e0181373_21552521.jpg
 午前中の大勢が来られている時に、マイクロバスで25人が到着し、一時ごった返しました。Nさん1人でハーブティーを入れたから大変だったと思います。カウントしたのが96人で、お茶を飲まずに帰った人もいたようだから、100人以上だったのではないかとのこと。
 昨日は37人だったそうで、留守を預かってくれた3人の負担がまだしもだったので、よかったです。
 明日から川崎の娘宅に行ってきます。

 





by kochira703 | 2019-05-19 22:30 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)