人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

アガパンサスの流れ

2019.6.30(日)  雨のち曇り
e0181373_20270483.jpg
 この場所に立つと、アガパンサスの水色が遠景・中景・近景に配されて、水色の流れとまではいきませんが、水色つながりで奥行きが出て好きな花景色になりました。遠景はヤブツバキの下で、写真写りは悪いけれど、花も10本以上あります。
e0181373_20271467.jpg
 瓦の小道を中に進んで、振り返ると・・・白い蝶の群舞のようなガウラ、モナルダの白が幾分倒れかかり、その向こうに小さくツルハナナスが咲き始めています。
e0181373_20273001.jpg
e0181373_20344323.jpg
e0181373_20280998.jpg
 パーゴラの南側を覆ってもらおうと植えたツルハナナスですが、期待に応えてくれません。あまりにも少ない花。
e0181373_20274779.jpg
e0181373_20280064.jpg
 最初の写真は通路から右斜め前方。同じ場所から前方もアガパンサスからアジサイへと水色がつながります。色の流れは統一感のある広がりを感じさせてくれます。少々のゴチャゴチャも気にならない?(笑)
e0181373_20350755.jpg
 ウズアジサイは色褪せ、ソラナムは新たな小枝を伸ばし、その奥でジャスミン・ホワイトプリンセスの白い小花が咲き始め、季節の花のバトンタッチ。
 九州などで降り続いている大雨が気がかりですが、当地はほとんど降りませんでした。





by kochira703 | 2019-06-30 21:37 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)

初夏の庭もまた

2019.6.29(土) 曇り
e0181373_20591770.jpg
 メインガーデンのアガパンサスは他より遅れて、開花はこれから。横でトリトマが咲きました。ランタナとヘメロカリスと色合わせしたみたいですねえ。偶々です(笑)
e0181373_20592542.jpg
 反対方向から写すと、黄色のヘメロカリスも。これは今日が初開花。
 アガパンサスは花茎が半減。冬に葉を沢山切ったし、ラナンキュラスやビオラを植えるために根もいっぱい切ったし、痛めつけ過ぎたのでしょうね。
e0181373_20593598.jpg
 オレンジに黄色のラインの入ったヘメロカリスは、最初の頃に植えた気に入り。ここに移動してきたのは、一昨年だったか?
e0181373_20594317.jpg
 その前はメインガーデンの表側にあったのです。宿根ラナンキュラスを植えようと掘り返した時に、一部を奥の方に移したのです。
e0181373_21001414.jpg
 ユリやヘメロカリスやアガパンサスが咲き、アジサイもまだ綺麗で、思えば庭はいい時季を迎えています。なんて思えるのも、春の残骸がほぼ片付いてきたからでしょうね。
 こうして写真で見るとコリウスがいつの間にやら大きくなりました。
e0181373_21002064.jpg
 赤花ネムノキが暑さに伴って生き生きとしてきました。
e0181373_21000041.jpg
 今日の午前中は義母の部屋の片付け。おばあちゃんには捨てられないものばかり。根気の要る断捨離をEちゃんにも手伝ってもらって、これからの服や下着を取り出しやすいように詰め直して、とりあえず1回目終了。
 午後は息子に頼んで、ユキヤナギの株を掘り上げてもらいました。力仕事をしてもらったので、後は細い根を引き抜いたり、土中で朽ちた栗の木(2016年伐採)の根を取ったりしてから、コロカシアを植えました。1人だと途中で放棄して、何日もかかったことでしょう。
 どちらも若い力に助けてもらって、このところの懸案が片付き、ヤレヤレ。




by kochira703 | 2019-06-29 21:45 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

キリタがプリムリナに

2019.6.28(金) 曇り時々晴れ
e0181373_21182695.jpg
 一昨年に徳島のTさんからいただいたキリタ、と言ったら、どなただったかがキリタは名前が変ったよと。オープンガーデンの時のそんな記憶があったので、ネットで調べました。遺伝子学の研究により、2011年にそれまでのキリタからプリムリナと呼称を変えたようです。
e0181373_21183721.jpg
 ハクモクレンの下ではシナノアキギリが咲いています。
e0181373_21184837.jpg
 カンパニュラ・ピンクオクトパスは次々と花茎を立ち上げて、よく咲きましたが、これで終わりかな。
e0181373_21185319.jpg
 ハクモクレンが大きく濃い影を落とします。前面の空いた所に矮性ジニアを。
e0181373_21190066.jpg
 後方は葉物にしました。空いた所にコリウスを入れて少しでも明るく。
e0181373_21191058.jpg
 ゴシキドクダミ。
e0181373_21192144.jpg
 ヘーベ・ルバーブ&カスタード。夏が越せるかどうかが問題。
e0181373_21191546.jpg
 梅雨の合間の晴れた日なので、大いに庭仕事。ブルーベリー畑に入りやすいように、垂れた枝を持ち上げて、所々は糸も張って。
 鳥も学習するのか(?)黒糸作戦も効かなくなり、今年は僅かな実をほとんど食べられてしまいました。昨年も初めの頃はよく似た状況でしたが、今年はひどい。でも後半は被害が少なくなったことに、期待の糸を繋いで・・。
 ブルーベリーの茶色くなった葉を裏返すと、行儀よく並んだイラガの幼虫。今年もかなりな発生。昨年は根気よく退治したはずなのに、どこで子孫を残したのか?
 先日からカミキリムシも3匹見つけました。歩いていると目の前の枝先や棒の先に止まっているのですから、捕殺してくれと言っているようなもの。これも先を思いやられる現象です。今までこんなに出てくることなかった。きっと大量にいるのでしょう。
 芝生の中にはコニシキソウとカタバミを中心に小さな雑草。眼鏡をかけて抜きます。コニシキソウは抜けるけれど、カタバミは無理。よく見れば小さな実も付けているので、来年も大変です。
 夏はボヤキが増えます。読み飛ばしながらお付き合いくださいませ(笑)



by kochira703 | 2019-06-28 23:20 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

今年のアジサイ

2019.6.27(木) 雨
e0181373_20422344.jpg
 アジサイも花を沢山付けた枝が雨で倒れているので、最近撮った写真で使っていなかったのをアップします。
 青いウズアジサイが3株。どれもよく育ちました、と言うか、育ちすぎました。思い切って小さくしなければ。ウズアジサイはピンクのもあります。
e0181373_20421655.jpg
 黒軸アジサイもウズアジサイも挿し木したケースごといただいて、10年ぐらいになりそう。黒い軸がオシャレだとあちこちにもらわれていきました。
e0181373_20423968.jpg
 昨年の6月に従姉妹と一緒に横浜イングリッシュガーデンに行った記念にと買ったコンペイトウという品種。鉢植えで大事に管理して、この冬に地植えにしたから、しっかり育ってくれるでしょう。
e0181373_20404168.jpg
 今年の母の日プレゼントでもらったアジサイも横に植え、荒れた場所も来年は小綺麗にしたいと思っていますが・・・後ろはゴミ捨て場なのです。
e0181373_20403401.jpg
e0181373_20404966.jpg
 すぐ近くで斑入りの葉が綺麗なアジサイがしっかりしてきました。カイヅカイブキの下で瀕死状態になったので、挿し木で新天地に移動。
e0181373_20405641.jpg
 これはピンクの花だった気がしてブログを遡れば、一昨年に挿し木苗をいただいて3年目の初開花だと、可愛いピンクそのものの花がアップされています。それが今年は、紫からブルー。土によって色が変ると聞くけれど、これほど歴然とした変化があるとは!
e0181373_20411336.jpg
 そう言えばダンスパーティも綺麗なピンクだった。
e0181373_20410316.jpg
 庭植えのアジサイの数をざっと頭で数えたら40株近く。鉢植えで冬の来るのを待っているのも4株。手が掛からないし、場所を占めてくれるし、花期が長いし、その花色の変化を楽しめるし、もっと増やしていきたいと、去年も今年も3株ずつ購入。そのうち紫陽花園になったりして(笑)






by kochira703 | 2019-06-27 21:55 | 花木 | Comments(6)

入梅

2019.6.26(水) 晴れのち曇り時々雨
e0181373_22084350.jpg
 午前中は、これで梅雨に入るのだろうかというような日差しでした。雨が降り出したのは2時頃ですが、さほど降り続きはしませんでした。
 ブルーベリー畑に入って行きやすいように、ガウラ(白蝶草)を、一部を残して切り進んでいると、本物の蝶が舞ってきました。(左下に)
e0181373_22094872.jpg
 ピンクのガウラもやたらと背が高くなっています。雨が続くと背の高いのや茎の弱いのは倒れてしまうから、今の花景色も終わりかな。
 今年は史上最も遅い梅雨入りだとか。雨は欲しいけれど、蒸れて枯れる花も出るし、庭仕事もままならないし、やっぱり鬱陶しいなあ・・今年の梅雨はどんな降り方なんだろう?
e0181373_22085139.jpg
 ガウラ咲くブルーベリー畑の中の花壇。ピンクのアジサイの向こう側もモナルダ。花壇全体に広がってもいいのですが・・。庭仕事をしているとお隣さんが来て、「703さんが出来んようになったら、この庭もどうなるかなあ?」と。「そう思うて雑草に負けん花植えとるんよ」「今年はアジサイを増やしたわ」
e0181373_22101317.jpg
 モナルダはもう一ヵ所にも。2012年の5月に愛知県からいただいてきた挿し穂が、7月には花を咲かせたとあるから、8年目の花です。
e0181373_22104143.jpg
 アークトチスは4月の初め頃から未だに咲き続けています。通算すると、いったいどれほどの花の数だったのか?!算数の弱い私には想像もつきません(笑)
 先日株元を整理してすっきりさせたのですが、もうこれが最後の輝きかなあ!お疲れさん!!
e0181373_22095855.jpg
 ハクモクレンの下の花壇では、クレマチスのロウグチが咲いているのですが、残念ながら虫に囓られてまともなのが無い(涙)
e0181373_22103451.jpg
 今日が初開花は、古くからあるクレマチス。
e0181373_22111957.jpg
 右端の赤いコリウスの近くに写っているのですよ。私にしか分らない?(笑)
e0181373_22105802.jpg
 ガーデンルームから眺めると緑にスカシユリの朱色が映えます。山アジサイの青、ピンクのアジサイの奥には、オレンジのランタナに小花が点在して、ちょっといい感じに見えるのですよ。
e0181373_22110758.jpg









by kochira703 | 2019-06-26 22:57 | Comments(2)

オリエンタルリリーも開花

2019.6.25(火)  晴れ
e0181373_20490540.jpg
 メインガーデンの白のスカシユリが終わったら、次はイエローウィン。これはいつ植えたのかと過去のブログを見ると、2016年には写っているので、4年目の開花です。いつまでもは咲いてくれないオリエンタルリリーですが、イエローウィンは優れもの。
 こちらも何年経つか分らない。Naさんからのシルクロード。球根をだいぶいただいたのですが、今も残っているのはこれくらい。
e0181373_20491092.jpg
e0181373_20491738.jpg
 花ユリ・シルクロードの下の黄緑はブッドレア。気づけばいつの間にかその横で、昨冬に球根を植え込んだアリウムが開花。
e0181373_20493550.jpg
 ピンクアナベルは一昨年に白馬村の道の駅で買ったから、2年経過して草花のように貧相になってしまいました。でもまあ、絶やさないだけ良しとしなきゃ。
e0181373_20492973.jpg
 チユウキンレンは気温の上昇と共に蕾全体が膨らんで、生き生きとしていますが、先が見えてきました。次の茎が葉をぐんぐん大きくしています。
 その葉の向こうに写っている銅葉の里芋のような葉は、コロカシア。以前に愛媛の花友だちに送っていただいたのに、冬越しを失敗したのが気になっていたので、昨年の母の日プレゼントにリクエスト。品切れにつき1年遅れでやってきました。ユキヤナギを切った後に植えます。
e0181373_20482624.jpg
 (ピントが合っていませんが)早くユキヤナギの根を掘り起こして植え込みたいと思うのですが、なかなか。
 コロカシアの向こう、ホワイトジンジャーの葉の下にピンクが見えます。昨日ホースで水を飛ばしていたらチラと見えて、何の花弁かと不思議になって見に行くと、カラーでした!
 アメジストセージとアンソニーパーカーセージとが巨大に育ちすぎたのを整理して、その後にHCにあったのを植えた記憶が蘇りました。
e0181373_20483882.jpg
e0181373_20480814.jpg
 その近くでようやく株がしっかりしてきたマジカルシリーズのアジサイ。実家の母へのプレゼントのついでに買ったから、もう4,5年にはなりそう。日陰に埋もれていたのです。
e0181373_20481956.jpg
 Haさんにいただいた自生のハマナデシコ。
e0181373_20495354.jpg









by kochira703 | 2019-06-25 22:01 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

諭鶴羽のヤマボウシ

2019.6.24(月)  晴れ
e0181373_21280387.jpg
 一昨年一緒にヤマボウシを見に諭鶴羽山に登った方から、今年はヤマボウシが花をいっぱい付けていると聞いたので、見頃の時に連れて行ってとお願いしていました。
 それが今日の山行。頂上手前の木々も、枝に雪が積もったよう。
e0181373_21280826.jpg
e0181373_21281444.jpg
 ウリハダカエデやテイカカズラの花も見えました。
e0181373_21282264.jpg
 山頂から少し下った所に、諭鶴羽神社があり、その横の休憩所から見た沼島(ぬしま)。霞んでいなければ、その向こうに徳島が見えます。
e0181373_21282808.jpg
 諭鶴羽登山453回目という彼女が、一番に見せたかったのが、この木。ヤマボウシ広場と名付けられたこの場所は、右手斜面の上に平和記念塔があるのです。
e0181373_21283414.jpg
 平和記念塔への石段を上がって写すと、圧倒的な花数。感動しました。登山口からしばらくは杉が植林されていて、ヤマボウシが出てくるのは、7、8合目くらいから(かな?)ですが、中でも一番の堂々たる大木。きっと自生していたのを残して、周辺を整地したのだろうと想像しました。記念塔建立が昭和の終わりだったから、30数年ではこれほどには生長しないですよね?
e0181373_21284053.jpg
e0181373_21284912.jpg
 向き合ってもう1本のヤマボウシ。終盤に入ったからかピンクに染まっています。
e0181373_21285437.jpg
 ほの暗い下り道から後ろを振り返ってみた景色も素晴らしかったです。ロープが写り込まないように駆け戻ることも厭いません。何しろ最初の花を見た途端に、私の足取りは軽くなったそうですから(笑)
e0181373_21290050.jpg
 6時半に迎えに来てもらって、諭鶴羽ダムに車を置いて、登り始めたのが6時50分。頂上が8時7分だったか?頂上までは人に会うことはなかったのですが、神社には数人。登山姿のグループやら、長野県からの人やら。
 下り道では現役時代の知り合いの女性2人と、相次いですれ違い、「あら、まあ~!」。それぞれが別々で登っています。
 私より年上の彼女は、4月に屋久島に行くので足慣らしと、1月から諭鶴羽登山を始めて、今日は101回目だとか!登山を始めてから減量はできるは、血圧・血糖値・コレステロール値は下がるはで、ジム通いよりいいとおっしゃっていました。
 私を案内してくれた方も普段は1人で登っておられるので、私以外の3人は山での顔なじみなのでした。
 10時半には帰宅し、庭を一巡りしてもらったら、11時過ぎ。それから昼寝。目が覚めて遅めの昼食を食べたら、すぐまた昼寝。起きて3時のおやつを食べても、まだ眠れそう(笑)こんなことをしていてはイカンと、気力を振り絞って庭仕事に。水やりしながら後悔しきり。感動と後悔に満ちた一日でした(笑)
 そうそう、帰り道では鹿の親子にも遭遇したのでした。
e0181373_00221075.jpg




by kochira703 | 2019-06-24 23:03 | 花巡り | Comments(10)

タニカを切り戻す

2019.6.23(日) 曇り一時雨
e0181373_21114066.jpg
 軒下で越冬したユーフォルビア・ダイヤモンドフロストが、ちょうどいい具合。引かずに少し残していたロベリアもまだ見られます。       
e0181373_21125231.jpg
 以上の2枚はアーチの奥。アーチ左横で大きく生長していたグラス、タニカを、遂に切りました。6年間植えっぱなしだったのです。通路にまで覆い被さっていて、もう限界。
e0181373_21130633.jpg
 グラスが垂れて下がっていた、陰になる部分では何も育ちません。そこにコリウスを植え、後ろ側には山アジサイの植木鉢を並べて、何とか取り繕っています。
 タニカは固くて、電動の手持ち芝刈り機を出して来ましたが、絡んで使えず、鎌やら鋏やら。結局は鋏で時間かけて切りました。ドーム型になってしまったけど、これ以上無理!
 6日頃に切ったのですが、早くもツンツン伸びています。木も剪定すると自然樹形の美しさがなくなるのと同じで、元の姿の良さを損ねます。植え替えの方がいいのだろうと思いますが、手には負えません。
e0181373_21125965.jpg
 アーチをくぐってから左側を写しましたが、緑が鬱蒼としています。
e0181373_21131357.jpg
 瓦の小道を左に進むと、オレンジのランタナ。ピンクのランタナは繁殖力旺盛で、触ると痛くもあり、さすがの私も撤去。こちらは冬に切り戻すと、程よく収まっています。
 右の白い小花はギンバイカですが、留守中に見頃を過ぎていました。
e0181373_21121838.jpg
 ギンバイカの奥の白い木の幹はハクモクレン。その下でシナノアキギリが、これも留守中に見頃を過ぎていました。
e0181373_21122282.jpg
 瓦の小道を、ユーフォルビアから右方向に進むと、ヘメロカリスの咲く所。
e0181373_21114880.jpg
e0181373_21115521.jpg
e0181373_21124631.jpg
 更に進むとマユミの木の下でエクメア・ガモセパラが3度目の開花。ピンクの花が咲き終わると、赤に。これは、調べてもいませんが、萼が残るのでしょうか? 最後は褐色に変化。その3段階が一緒に。
e0181373_21120408.jpg
 今日は息子家族が賑やかにジャガイモ掘り。
 夕方に少しだけ雨。





by kochira703 | 2019-06-23 22:07 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

見頃のモナルダ

2019.6.22(土)  晴れ
e0181373_20540920.jpg
 93歳の加古川の伯母が、20日から池田の実家に泊まっていて、今日は家に帰ると聞いたので、帰りがけに寄ってくれるようにと、今朝の電話で誘ってみました。
 それから急いでとりあえず通路だけは掃き掃除。11時過ぎに到着して、半時間ほど庭を見てくれました。私に約束があって、11時45分には外出する予定だと言っていたために、慌ただしくて申し訳なかったのですが、大の花好きの伯母は喜んでくれたようです。
 アジサイやアガパンサスやユリがやはり今の見所ですが、それ以外の花をアップします。伯母が目を止めたのがモナルダ。夕菅さんからいただいて数年。あちこちに広がっています。 
e0181373_20544364.jpg
e0181373_20545695.jpg
 丸亀のHさんが「大型だから広い庭でないと」と言ってくださったビロードモウズイカ。ネットを検索してみれば侵入生物のリストに入っているようです。でもすっくと立つ、このかっこよさは捨てがたいですね。
 今日はこの辺りの終わった花も片付け始めました。 
e0181373_20550426.jpg
 こちらにもユニークな形の花。名前は何だったか?(後日記:ヘレニウム・オータム ロリポップでした)徳島のTさんからいただいたもの。手前の白はヘリクリサムです。
e0181373_20551016.jpg
 伯母と従兄弟を見送ってから、NさんFさんとランチに。その後には洲本の奥にあるアジサイ園に。TVで紹介されたとかで、行き交うのにも苦労するような細い山道に、たくさんの車が来ていました。
e0181373_20554281.jpg
e0181373_20552774.jpg
e0181373_20553441.jpg
 雨がないので、こちらのアジサイも苦しそう。



by kochira703 | 2019-06-22 23:00 | 宿根草・球根植物 | Comments(8)

ユリの季節

2019.6.21(金) 晴れ時々曇り
e0181373_22494341.jpg
 アガパンサスもユリ科の花。植えっぱなしで増えていくので、私は大いに助かっています。力強くすっくと伸びた花姿が気持ちいいですね。
e0181373_22495819.jpg
e0181373_22500688.jpg
 薄い水色のルリマツリの向こうにもアガパンサス。
e0181373_22551828.jpg
 ヘメロカリスもユリ科。このアプリコットカラーのヘメロカリスはふくよかさが好き。植えっぱなしにしていたら咲かなくなったので植え替えたところ、2年目の今年は2ヵ所で咲いてくれることに。やはり手入れは必要。
e0181373_22505614.jpg
 ちょっと個性派のヘメロカリスも。
e0181373_22510383.jpg
 ユリの咲くメインガーデン。いろいろ植えたけれど、強いスカシユリだけが残っていきます。オレンジのスカシユリは強いし、すっきりとして好きなので、最近ムカゴを採って植え始めました。
e0181373_22503659.jpg
e0181373_22504358.jpg
e0181373_22505039.jpg
 今日はゆっくり庭仕事。



by kochira703 | 2019-06-21 23:10 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)