人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト

2019.8.29(木) 曇り一時雨
e0181373_21004092.jpg
 午前中は駐車場の草引きと黒星病に罹ったバラの葉の除去。午後から義母を病院へ。術後の通院ですが、1時半の予約なのに、全て終わって帰宅したら5時前になっていました。家の方向に見えていた黒い雲の下に入り、大粒の雨打たれて帰宅。大慌てで外に干していた洗濯物を取り入れに行ったら、既にびしょ濡れ。
 雨は間もなく止んだのですが、ガーデンルームにも雨が降り込んでいて、両方の後始末をしていたら、写真を撮りに出る気も失せたので、昨日の写真です。
 鉢植えのユーフォルビア・ダイヤモンドフロスト。自然にこんもりとなるので、いい具合です。冬が近づくと切り戻して、軒下に置いて冬越し。成功率半々ですが、ダメ元で。
e0181373_21004655.jpg
e0181373_21005396.jpg
 Naさんがポット苗に仕立てたのを下さったので、カイヅカイブキの下の花壇に植えました。
 隣の花壇にはスズムシグサが咲いていました。ラン科のスズムシソウと間違わないようにスズムシバナと言うことが多くなっているとか。
 関西以西の山に自生している、キツネノマゴ科の多年草。うちの花壇でも3年目を迎え、こぼれ種発芽もあるから丈夫です。
e0181373_21010362.jpg


by kochira703 | 2019-08-29 21:55 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

サクララン

2019.8.28(水)  曇り時々雨
e0181373_20560762.jpg
 サクラランの今年4つ目の花が咲いていました。花数がこれまでより少ないのは、たぶん栄養不足でしょう。花友だちFさんが、この黒い植木鉢に観葉植物の寄せ植えをして、プレゼントしてくれてから6年になります。お洒落な葉の植物はだんだんと枯れ、唯一残ったのが、このサクララン。
       
e0181373_20561309.jpg
 観葉植物として使われている時はホヤという名前で、検索したら、1m位になれば花が咲くとあったので、空いた所に挿し木していたピレアなどを植えて、そのまま放置。ホヤの伸びる蔓を巻き付けていたら、遂に開花したのが16年。その時のブログに待つこと3年と書いていました。
 6年間も植えっぱなしで、いい訳ないだろうと思うのですが、上手く植え替える自信がなくて、どうしたものでしょうねえ?
e0181373_20561978.jpg
e0181373_20563588.jpg
 今日はランチ会、掃除、洗濯と、庭に出たのは写真を撮る時だけになりました。



by kochira703 | 2019-08-28 21:20 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

新旧交代

2019.8.27(火)  雨時々曇り
e0181373_20064730.jpg
 2014年の夏に、道路にせり出したカイヅカイブキの垣根の下枝を切ってもらって、透け透けになった所に、Naさんからいただいたトキワシノブの鉢植えを置てたから、5年が過ぎました。
 夏の終わりに古い葉が色変わりしながら枯れていきます。それと同時に新しい葉が出てくるので、葉が絶えることのないトキワのシノブなのですね。知らないうちに更新している、スムーズな新旧交代は素晴らしいですよね。
e0181373_20065553.jpg
 でも食指を伸ばしているような根を見ていると、砂岩の石垣が剥がれるのじゃないかと、ちと不安。門柱に伸びた根を他に移そうかしらね。
e0181373_20070279.jpg
 トキワシノブの中に違う葉が1本出ているのは、タマシダ。これまた恐ろしいほどの広がり方。
e0181373_20070892.jpg
 もともと玄関脇に植わっていたの(次の写真)を、3,4年前に移植。シダ類は強いですね。水やりも何もしないでほったらかしなのに。北向きの玄関だから、日の当たり具合がちょうどいいのでしょうね。
e0181373_20071613.jpg
 カットしていたトワダアシが再び伸びて新しい葉になりました。
e0181373_20072435.jpg
 今日はNさんが来てくれて、降ったり止んだりの天気でしたが、畑仕事をしました。私一人だと今日は中で一日ゴロゴロしていただろうに、引っ張られて夏野菜の片付け。用意周到、着替えまで持ってきてくれているのですから、ホント頭が上がりません(笑)



by kochira703 | 2019-08-27 21:25 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

「現の証拠」

2019.8.26(月)  晴れ
e0181373_20155348.jpg
 サトイモ科のコロカシア・ブラックマジックが元気です。しっかり育って、この冬を耐えてくれることを期待しているのです。冬越し出来れば、右の銅葉ヒマと左のチユウキンレンと合わせて、南国風のコーナーを作れます。
 コロカシアは、5月末に植えたセンニチコウと、昨年植えていたルドベキアのこぼれ種とが花盛りの花壇に植えています。その下に切れ込みの深い葉が茂っていますが、何だと思われますか?
 コロカシアを植える時に、横にあった小さな発芽苗。何だろうと思って、そのままにしていたら、尋常ではないほど生長して、花壇からはみ出すほど広がって、これで1本なのですよ。
 途中で正体は分りましたが、特に何も植えていないし、どこまで広がるものかと置いていましたが、もうさすがに抜きますね、ゲンノショウコを(笑)
e0181373_20160185.jpg
 写真は、「現の証拠」(笑)
e0181373_20160740.jpg
 このところ「亜熱帯化」の「現の証拠」みたいな植物ばかりですが、やはり厳しい夏にも元気な花は安心です。
 昨冬でダメになったと思っていたマンデビラにも下から芽が出て、花を咲かせてくれました。ブーゲンビリアとツーショット。
e0181373_20161879.jpg


by kochira703 | 2019-08-26 21:06 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

ホワイトジンジャーの花

2019.8.25(日) 晴れ
e0181373_19502616.jpg
 ホワイトジンジャーとかジンジャーリリーとかハナシュクシャとか言われます。これも熱帯系の植物だから、生育旺盛。ハナは綺麗なのですが、葉が生い茂って、草丈も私より大きくなります。おまけに倒れやすいとあって、庭の端に追いやられましたが、シマサルナシなどと一緒になって、ジャングル地帯をよりいっそう分け入りがたくしています。
 茶色いのがシマサルナシの実。
e0181373_19503574.jpg
 今日は南あわじ音楽祭の日。今年で8回目。初めて I ちゃんを連れて行きました。小学生以上入場可なのです。
 帰って来て昼寝をしたりしていたら、庭仕事は植木鉢数個に水やりと、白絹病のルドベキアと黄花コスモスを数本抜いたことと、セイタカアワダチソウを1本抜いただけ。ちょっと気合いを入れ直さなきゃ!
e0181373_19504225.jpg
 従姉妹と一緒に横浜イングリッシュガーデンに行った記念に買って来た、コンペイトウというアジサイ。今頃1茎だけ開花。アジサイが時季外れに咲くことはままありますが、問題なのは、コンペイトウとはまるで違うということ。青に白い縁取りがある八重の花だったのに、ピンクが混じった、なんの変哲のないガクアジサイ。この茎、しっかりしていたのに、6月には咲かずに今頃咲いて、どういうことなんでしょうね?様子見しか仕方ですね。



by kochira703 | 2019-08-25 20:25 | 宿根草・球根植物 | Comments(5)

里芋の花

2019.8.24(土) 曇り時々雨
e0181373_21171364.jpg
 池田の実家に行って珍しいものを見て来たのでアップします。長年里芋を植えてきた母にも初めてのことだと言います。
 「おまはんの持って来た牛糞を入れたら、葉が番傘のように大きくなって、見たことの無い花までさいてきたわ」と、電話で聞いたのは、もう1ヶ月も前のこと。(弟の撮った写真がラインで送られてきた日付は7月27日)
 それから次々と咲いているそうで、母はこんなに葉が茂って花まで咲いたら、芋が大きくならんかもしれんと、花は全部切っています。今日もスマホで撮った後、みな千切られてしまいました。
 赤目という種芋を買って植えたそうです。大きい葉は縦が7,80㎝くらい。草丈は私の身長を上回るので、160㎝くらいはあるでしょう。こんな大きな葉も見たことがありません。
e0181373_21172144.jpg
 ブログを書く前に「里芋の花」で検索したら、数十年に1回咲く珍しい花とか、天変地異の前兆とか出ているではありませんか。それが新聞記事にまでなっていました。
 でもいろいろ読んでいくと、どうやら天候のせい。もともと熱帯の植物の里芋は、現地では花を咲かせるのだけど、これまでの日本の気候では開花に到らなかったのが、最高気温が40℃を越えたり、ゲリラ豪雨が各地を襲ったりする近年の異常気象が示すように、日本の気候が熱帯に近づいているために、見たことも無い花が出現したのでしょう。
 近年各地で花が咲いたと、ブログなどの記事がたくさんあったので、これも温暖化現象の現れということなんでしょうね。



by kochira703 | 2019-08-24 21:49 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

ウコンの花

2019.8.23(金) 雨のち曇り
e0181373_21154837.jpg
 ウコンの花。10数年間手つかずのままで、ワサワサ茂っています。野菜畑の端で、その奥はシマサルナシ。もう立ち入ることができない状態です。
 ショウガ科クルクマ属のようですが、なるほど花はクルクマに似ています。
e0181373_21155672.jpg
 ノボタン・コートダジュールと、その向こうにシコンノボタン。シコンノボタンのバックが白く見えるのが、鳥除けのために張った防虫ネット。この列だけでもお盆までは死守したいので、どうせ張るなら虫も来ないようにと、目の細かいのにしたのです。
 来年は、もっと早くからネットを張ることに決めました。これまで黒糸で防除できると思っていたのですが、一昨年ぐらいから被害が拡大して、今年はアバウトですが収量の3割ぐらいは鳥に捧げた気がします。(食べられたのだけではなくて、落とされたのも含めて)
 果樹園のようなネットは、あまり美しくないと思って、張りたくなかったのです。それで目立たない糸を張り続けていたのですが、もう降参。私の健康と心の平安のために、何とか手立てを考えるつもりです。        
e0181373_21160783.jpg






by kochira703 | 2019-08-23 21:59 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

黄花コスモスの時季に

2019.8.22(木)  晴れ
e0181373_20070636.jpg
 クレマチス・ロウグチがまた咲いてくれました。可愛い形をした、控えめに咲くロウグチは大の好み。柿の木に添わせていますが、来年はどうしたものか?
e0181373_20071129.jpg
e0181373_20071776.jpg
 ハクモクレンの下の花壇。植えていたものがいろいろ消えて、地面が見えてきました。でももういい。早く涼しくなってくれるのをひたすら待ちます。
e0181373_20072432.jpg
 暑さをものともせずに伸びて、これからは黄花コスモスの天下。ロウグチが少し咲いても心躍るのに、黄花コスモスにはときめきません(笑)
e0181373_20073051.jpg
 黄花コスモスの下でサルビア・コクシネアの可憐な色。
e0181373_20073518.jpg
 終盤になって実も小さくなったブルーベリーを、ジャム用にと携えて、友達と約束しているランチに出かけていたら、途中で電話があり、お父さんが救急車で運ばれているので、今日は行けないと。そんな非常時によく電話くれたものだと、友人の冷静さに感心。私なんか、後からあーっとなりそう。絶対、そう(笑)
 幸いなことに大事には到らず、検査も異常はなくて、ランチ&ブルーベリーは明日に延期と相成りました。
 ちなみに今日のブルーベリーは、明日にでも持って行くつもりだった洋食店に。すると大きなタッパーで冷凍していたカレーを、ちょうどいい、これ持って帰って、と。こうして図らずもお店の絶品カレーが夕食となったのでした。



by kochira703 | 2019-08-22 20:39 | 1年草 | Comments(4)

復活!

2019.8.21(水)  曇り
e0181373_20314115.jpg
 今朝になると、カメラのレンズに付いていた小さな水滴が消えていたので、装着して試し撮りすると、昨日は動かなかったピント合わせも自動ででき、写真もご覧の通り。ダメになったと思っていたカメラが復活しました!
 ご心配をお掛けしました。濡れたのがレンズだけだったので助かったのですね。やれやれ。
e0181373_20314720.jpg
e0181373_20313415.jpg
 コバンソウの前に植えていたセントーレアが枯れました。那須高原から飛行機に乗ってやってきたネペタも消えて無くなっていました。高温多湿には弱いそうだから仕方ないですね。
 高温多湿で白絹病も多発。いろいろ手当もしてみましたが、この頃は諦めの境地。あまり心が悲しまなくなっています。
e0181373_20315843.jpg
 夏は南方系の植物に任せることにしましょう!




by kochira703 | 2019-08-21 20:46 | 花木 | Comments(4)

大失敗!

2019.8.20(火)  曇り
e0181373_20543739.jpg
 朝、庭に出ようとカメラを手にしてみれば、マクロレンズ。机周りを見回したら、標準レンズがない。一瞬の間を置いて、あーーっと心の中で絶望的な叫びを上げました。ガーデンシンクに載せた、黒いレンズの映像が脳裏にくっきりと浮かび出たのです。
 マクロレンズに替えてツユクサやキセル貝を撮った後、昼休みに中に入りました。また外に出て行くつもりだったのですが、思わぬ雨。その時に気づけば助かったのに、半日降り続く中に置きっぱなしですから、中にも水が入っていました。
 装着したら全体が白く霞んでいます。自然乾燥したらどうにかならないかと、レンズを寝かせて乾かしていますが、オート機能も作動しないし、もう買い替えかな?
 という訳で当分花のアップ写真が続くかも。ミズヒキソウとツリガネニンジン。
e0181373_20544498.jpg
 この夏に姫路のAさんが持って来てくださったホソバヤマジソ。北九州や中国地方の一部に自生する1年草で、絶滅危惧種だとか。これから10月くらいにかけて花が咲き上がって穂状になるようです。
e0181373_20550277.jpg
 元気がなくて枯れたのかと心配していたギョリュウバイに花が咲いて、ほっ。
e0181373_20550976.jpg
 ノシランの開花したのは、よくよく見ないと分らない。
e0181373_20551628.jpg
 今日の午後は研修会があって3時間ほど外出したけれど、後は庭仕事を合わせて5時間くらい。花壇に落ちているハクモクレンの枯れ枝や落ち葉を拾い上げたり、白絹病の土を処理したり、ガウラやルドベキアを切ったり。
 


by kochira703 | 2019-08-20 22:02 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)