人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ボンテンカ初開花

2019.9.30(月)  晴れのち曇り
e0181373_21040617.jpg
 サルビア・アズレアのブルーがしみじみ美しい。アズレアは空色の意味だとか。1回は切り戻したのですが、途中から中に入っていけなくなるから、細い茎が曲がって倒れ、てんでに咲いています。綺麗なスカイブルーに促されて、今日はこの小道沿いの草むしり。
e0181373_21041295.jpg
e0181373_21041592.jpg
 瓦屋さんの処分場で拾ってきた、長短あるレンガ(みたいですが、瓦工場でもレンガを焼くのかな?)を敷いた小道が、春以来久しぶりに向こうまで開通しました(笑)先日も片付けを途中で投げ出していたのです。
 引きむしったのはエリゲロン、シオン、雑草。アズレアだけはそのまま花を咲かせます。アズレアは切り戻し1回では到底ダメで、2回、3回と切り戻して姿よく、今度こそはと思うのでした(笑)
e0181373_21044882.jpg
 レンガの小道の端からメインガーデン方向を見ると、チェリーセージとアメジストセージ。アメジストセージはようやく花穂も伸びて、色が出てきました。
e0181373_21042105.jpg
 丸亀のHさんに3年ぐらい前にいただいたボンテンカが、今年初めて花を咲かせました。勢いよく伸びた枝に、うつむいて開花。アベルモスクスやハイビスカスと同じ、象さんの鼻をしているから、アオイ科の花とすぐ分りますね。
e0181373_21044026.jpg
e0181373_21043666.jpg


by kochira703 | 2019-09-30 21:45 | 花木 | Comments(4)

「2019ガーデンコンペ・ひょうご」

2019.9.29(日) 晴れ
e0181373_20191605.jpg
 季節外れの写真ですが、今日は「2019ガーデンコンペ・ひょうご」の表彰式に行って来たので、写真部門への応募写真4枚をアップしました。
e0181373_20192518.jpg
e0181373_20195618.jpg
e0181373_20200279.jpg
 今年で27回を数える「ひょうごまちなみガーデンショー」のイベントの一環に、写真部門があって、「コミュニティ・職域緑化」「家庭緑化」「学園緑化」のそれぞれで審査。「風の通る庭」は「家庭緑化」で県議会議長賞をいただきました。
 Nさん、Sさんと一緒に、明石公園内の寄せ植え等の展示作品を見てから、講演(宮本里美さん、和田博幸さん)を聴き、それから表彰式だったので、一日仕事でした。
 行く前に写した、応募写真とは打って変わった、惨状を呈している現在の庭。勝手に生長してるルドベキアの黄色い花沿いに通路はありますが・・・(汗) モナルダの茶色い花殻が面白いですよね?! そろそろここにも分け入って行かないといけません。分け入っても分け入っても、青い山ならぬ緑の叢(くさむら)です(笑)
e0181373_21265581.jpg
 コレオプシス・レッドシフトは倒れたまま。
e0181373_21271487.jpg
 先日4本咲いたヒガンバナがまた2本。野辺のヒガンバナが満開になってきました。昨夜雨が降ったようで、このところ地植えの花には水やりをしないですんでいます。
e0181373_21272191.jpg
 来春の花盛りを夢想しながら、片付け作業を頑張らなくっちゃ! さあ出来るかな?(笑)









by kochira703 | 2019-09-29 21:48 | Comments(8)

ピンクのダンギク

2019.9.28(土)  曇り
e0181373_21120352.jpg
 ピンクのダンギクですが、未だに思い出せません。他にもヤブツバキとブルーベリーの間で、こぼれ種で増えているのに、今日気づきました。ここには青紫のダンギクもあります。
 一度も写してもらえなかったマリーゴールド(笑)
e0181373_21121153.jpg
 同じ花壇で爆発的に咲いたタマスダレ。先日ハマオモトヨトウの襲撃から救出してやったお礼に、盛大に咲き誇ってくれたのだと信じています(笑)
e0181373_21125058.jpg
e0181373_21121811.jpg
 メダカの甕の横にもタマスダレ。バックは黄花コスモス咲くブルーベリー畑。
e0181373_21122342.jpg
 今年のシロタエヒマワリは花弁が不揃い! 去年はこんなのは無かったから、突然変異ですね。
e0181373_21122813.jpg
 2つの花が合体して泣きそうな花も。
e0181373_21123109.jpg
 全体を写せないのは、先日の台風用に不細工な支柱をして恥ずかしいから。また台風が来るそうだし、面倒だからそのままにしとこうかと(笑)
 今日はシロタエヒマワリの奥の花壇の片付け。アブチロンに葉巻虫が付いて、これまでも切ってはいたのですが、増えるばかりで見苦しいことこの上ない。
 10年ぐらい前に一株植えたアブチロンが、横8mあるフェンスに沿って蔓を伸ばし、更に直角に曲がって3mぐらい伸びていました。接地した所に根を下ろすので、どんどん広がるのです。それを切り詰めました。
 先日植木屋さんに、庭が出来た20年前からのヒラドツツジを伐ってもらいましたが、その落ち葉にも白絹病の菌核がびっしり。辺りのホトトギスやアジュガやシオンなどは罹患していますが、アブチロンは元気。ゴミ袋2つ分処分しましたが、まだ残っています。
 うちで元気に育つ、数少ないクレマチスの下でも白絹病。これは今季最大のショックかも。いつまでも暑さが去らない9月は、虫と白絹病の被害の拡大月間。困ったもんです。


by kochira703 | 2019-09-28 22:06 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

彼岸花を紅白で

2019.9.27(金)  曇り
e0181373_21342797.jpg
 前に見た時には一向に気配がなかったのに、今日はこんな開花に出合えました。日陰の小庭。息子家族の玄関前なので、ここに住んでいた時には毎日眺めていたのですが、母屋に引っ越してからは滅多に通ることがありません。
 去年のブログを見ると、3年連続18日にアップしていると書いていました。今年は27日。開花が例年より10日遅いのですね。
e0181373_21343326.jpg
 ついでに多肉を地植えした通路から庭に入って行きました。ここが表の入り口です。いつもは裏口入園(笑)
e0181373_21344000.jpg
 ミズヒキはいったん根づくと、引っ張っただけでは抜けないから困ります。好きで植えたのですけどね。
e0181373_21345474.jpg
 花壇のペチュニアは姿が乱れたので、もったいないと思いつつ処分して、先日もらった葉ボタンを植えました。
e0181373_21345909.jpg
 アーチの上にはシマサルナシが鈴生りになる予定だったのですが、実が生ったのは、ここに見えるだけ。茂った蔓を切らないでいたら、実が生るのだろうか、軒下にまで伸びて、切らない訳にもいかないしと、悩ましいシマサルナシの蔓です。
e0181373_21350306.jpg
e0181373_21350944.jpg
 サツマビジンが今日は全部開花。この前、色がボケているとケチを付けた私に、どうだと言わんばかりに綺麗に咲いています。ヒガンバナはやっぱり真っ赤なのがいいと思ったけれど、サーモンピンクの縁取りのある、優しい色のヒガンバナも美しいと実感しましたよ。
e0181373_21351631.jpg
e0181373_21352130.jpg
 ブルーベリー畑の手入れ。合間にメダカの鉢の水替え。
 水が、これまで見たことも無いような茶色になっているのが、この間から気になっていました。春には13匹いたメダカが、夏には9匹。それが今日は6匹に。その代わり生まれたばかりのように小さなメダカが6匹。世代交代が進んだのでしょうね。




by kochira703 | 2019-09-27 22:07 | シマサルナシ | Comments(4)

青空と一緒に

2019.9.26(木)  晴れ
e0181373_20163157.jpg
 明日から天気は下り坂という天気予報があったので、今日は青空バックの写真を撮りました。ソラナム・ラントネッティとジャスミン・ホワイトプリンセス。
 シコンノボタンとノボタン・コートダジュール。
e0181373_20164502.jpg
e0181373_20165091.jpg
 銅葉ヒマも青空に綺麗だとカメラに収めたら、異変が・・・葉が無くなってしまった一枝。よく見ると、アンズにいたヒロヘリアオイラガ。
e0181373_20170150.jpg
 写真の右下に1匹、左上に2匹。10数匹を捕殺しました。これまで木の葉に付くとばかり思っていましたが、草も食べるのですねえ! 思ってもみなかったから、気づかないうちに最大級に育っていました。葉をみな食べて、太い葉脈だけ残しています。
e0181373_20170651.jpg
 黄花コスモスとルリマツリ。
e0181373_20171408.jpg
 カリアンドラ・エマルギナタ。バックの右は楷の木、左は白木蓮。
e0181373_20171918.jpg
 今日も用があって庭仕事が出来ませんでした。でもまだこう暑くては、本格始動もママなりませんね。

 今日初めて写真のトリミングをしてみました。偶々クリックしたら、以前に娘が触っていた画面が出てきて、あれこれいじり、自分でもこんなことができるのかと驚きましたよ。1枚目の写真は色と光を、2,3枚目は電信柱の傾きを修正。面倒くさくなって、それでお終い。



by kochira703 | 2019-09-26 20:40 | 花木 | Comments(4)

ピンクのヒガンバナ&ダンギク

2019.9.25(水) 晴れ
e0181373_20032107.jpg
 ヒガンバナは発芽から開花まで1週間ですね。6本のうち3本が咲いていました。野にあるヒガンバナもそれくらいか、蕾が多いか。今年はいつまでも暑いからか、いつもより遅いですね。
 リコリス・サツマビジンの球根を2014年の夏に植え、秋には咲いたと書いているので、6回目の開花。昨年は2本しかなかったのが、一気に6本。どうなってるの?!
 野のヒガンバナより色が薄く、ちょっと迫力に乏しい?(笑)
e0181373_20033166.jpg
e0181373_21131205.jpg
 リコリス・サツマビジンの近くに咲いていた、ピンクのダンギク。今年が初めて?数本の花茎があるから、2,3年経っていそうですが、いつ植えたのか、どなたからかの頂き物か、全然思い出せません(汗)
 紫のダンギクはブルーベリー畑の住人として認めています(笑) 美しい色が写真に撮れないのが残念です。
e0181373_21131587.jpg
e0181373_21132039.jpg
 秋咲きスノーフレークは雰囲気が全然違いますが、ヒガンバナ科。丸亀のHさんにいただいて4年目。うつむいて咲く、ベル型や星型の花は可憐でいいですね。
e0181373_21132718.jpg
 新天地を求めて移動した球根は、ひっそりと咲いていました。
e0181373_21133192.jpg
 朝のうちは軽い疲れに身を任せ、カメラを持って庭をブラブラ。のんびりしていたら、I ちゃんが体調不良で早退してきて(帰宅後は寝て過ごして今は元気になったのですが)、午後遅くには義母の通院の付き添いで、I ちゃんを残して出かけ、いつものようにバタバタとした一日となりました。 
 I ちゃんの寝ている間に、出たり入ったりして、大根の種蒔きだけ済ませました。
 





by kochira703 | 2019-09-25 21:38 | 宿根草・球根植物 | Comments(0)

無鄰菴(むりんあん)の庭

2019.9.24(火) 曇り
e0181373_21200461.jpg
 昨日から友人Haさんと京都へ。以前から行こうと話していたのが、なかなか日程が決まらないでいたのですが、23日~24日なら二人とも何とかなるということで、急遽。
e0181373_21205510.jpg
 カメラを持って行こうかどうしようかと迷って、重いから止めたのを、向こうに行ってから悔やみました。写真は山形有朋の別荘・無鄰菴の庭園。
e0181373_21212608.jpg
 造園家・7代目小川治兵衛の作庭。山形有朋の希望の1つは東山を借景、2つ目は川の流れ、3つ目は芝生・・・であったと、庭を掃除していたスタッフの方が、写真1枚目のビューポイントまで来て説明してくれました。山形は日本庭園に故郷の野山を感じたかったそうです。
 写真2枚目は、琵琶湖疎水を引き入れて、3段の滝。ここが庭の一番奥です。滝の向こうは車が行き交う道路だとは思えません。滝の水は3枚目の流れとなって、母屋の方にと続きます。
 スマホ写真を何とかパソコンに3枚だけ移しましたが、何をどう操作すればいいのか、未だに分らない、たまたま移ったので、疲れるからもうこれで終わり(笑)
 そうそう、無鄰菴に行きたいと思って行ったのではなく、歩いていたら目の前に出てきて、何年か前に大きな木を伐って東山が見えるようにしたという、雑誌の記事を読み、興味を持っていたのでした。





by kochira703 | 2019-09-24 21:50 | 花巡り | Comments(4)

台風の通り過ぎる前に

2019.9.22(日) 曇り時々雨
e0181373_20584024.jpg
 台風17号が東シナ海から日本海に向けて進んでいる今日、卒業50年後の同窓会が池田でありました。初めて出席しましたが、参加は49人。半世紀前の高校は1クラス55人、教室はすし詰め。普通科5クラスでしたが、既に20人が他界とのことで、物故者名を見ながら、軽いショックを覚えました。
 互いの老顔に、高校生の表情と懐かしい時間が蘇り、あっという間の3時間でした。小・中・高と一緒だった3人で話が出来て、今はもう無い、小さな中学校の同窓会も開きたいねとなったのが、これまた嬉しい収穫です。
 台風が近づいているので、4時過ぎには実家を出てきました。午前中池田に行く途中15分間ぐらい、土砂降りで周囲が真っ白な中を走るという、恐い体験をしたので、ひどくならないうちに帰ろうと思ったのです。
 幸いに帰りは雨も大したことはなく、こちらは全然降ってもいませんでした。でも早く帰ってきて正解。走りすぎて間もなく、鳴門の橋が通行止めになったようです。
e0181373_20584658.jpg
 台風が通り過ぎると背の高い花は倒れるだろうからと、シオン、シロタエヒマワリをまず撮影。シロタエヒマワリは開花し始めたばかりなので、とりあえずの支柱をしましたが、果たして? 
e0181373_20585088.jpg
e0181373_20585613.jpg
 ダンギクの薄紫の花色が綺麗になっています。
e0181373_20590823.jpg
 通りがかりに、おや面白いと。アリマノウマノスズクサが絡むトレリス越しに。
e0181373_20591487.jpg
 オルトシフォンも咲きそろってきました。
e0181373_20592257.jpg
 咲いているかと期待したヒガンバナは、まだ。茎だけが伸びています。
e0181373_20592725.jpg
 




by kochira703 | 2019-09-22 21:40 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

コリウス

2019.9.21(土) 曇り
e0181373_20443644.jpg
 初秋のメインガーデンは、コリウスの深い赤が印象的です。3種類植えたのですが、赤だけ大型化しました。意図して置いた訳ではないけれど、ブーゲンビレアやカリアンドラも赤系で、いいアクセント。
e0181373_20444413.jpg
e0181373_20445265.jpg
e0181373_20445864.jpg
e0181373_20450525.jpg
 一昨年は壺の上にシマサルナシが数珠なりだったので、昨年も今年も、再びの夢を見たいと細心の注意を払って誘引したのにも関わらず、無念の敗退(笑)
e0181373_20452909.jpg
 アーチのてっぺんに少しだけ実が生りました。いたずらに空を掴もうとする蔓が邪魔になって、切ってしまうのが良くないのですかねえ?
e0181373_20451516.jpg
e0181373_20451158.jpg
 今日は淡路花祭2019秋のオープニングイベントで、スウェーデン生まれの庭師、日本国籍を取得した村雨辰剛(むらさめ たつまさ)さんのトークショー。
 世界史の授業で日本に興味を持ち、高校時代にはホームステイ、その後日本に移住し、日本の伝統文化に関わる仕事をしたいと、造園業のアルバイトからスタートしたそうです。でも今は日本庭園を造る家はなく、解体する仕事が多いのが残念だと話していました。
 遠い異国の若者が、日本の伝統文化の奥深さを尊び、受け継ぐ仕事をしてくれているのに、当の日本人の暮らしからは伝統的なものが消えている・・・難しい問題だなと思っていたら、「最後の質問」に手を挙げたのが、男子高校生。造園科3年で庭師になりたいが、アドバイスをというふうなものだったのには、会場からどよめき。若い人が伝統文化の担い手として、その世界を目指してくれるのは有り難いですね。




by kochira703 | 2019-09-21 21:46 | 1年草 | Comments(5)

カリアンドラ・エマルギナタ

2019.9.20(金)  曇りのち雨
e0181373_21183678.jpg
 消えたものを嘆いても仕方ないのですが、一昨年の夏のカリアンドラ・エマルギナタが忘れられません。いただいたのを鉢植えで管理すること4年。大きく生長したのを地植えにして、満開時には百個もあろうかという花が咲いて、それはそれは見事だったのですが、冬を越せませんでした。小さな挿し木苗が1本あったのが幸いでした。
e0181373_21184055.jpg
       
e0181373_21184487.jpg
 今日は午前中植木屋さんが来て、"ジャングル地帯”に分け入ってもらいました(笑)しなきゃいけないと思っていたことを頼んで、剪定枝などのゴミも捨ててもらって、最後にはイラガ退治まで・・・肩の荷がずいぶん軽くなりました。
 昨日伐ったイヌエンジュだかエンジュだか。切り口が綺麗なので、何に使う当てもないのですが、幹を切り分けて残してもらいました。
e0181373_21185340.jpg
 ブルーベリー畑を這わしていたホースと鳥除けネットとの片付けを、先日Nさんに頼んでいましたが、植木屋さんが午前中で終わるので、お昼のお弁当を持って来てくれることに。
 ところが12時前から雨がぱらつき始めたのです。本降りにならないうちに急いで作業を片付けていたら、中に入ったのは1時半にもなっていました。
 お昼を食べ、TVを見ながらお喋りし、一時は庭にも出たのですが、出た途端に雨が大粒になり、「また出直すわ」(畑仕事もしてくれるつもりだったようです)と言ってNさんは帰っていきました。
e0181373_21185851.jpg
 メインガーデンの奥のヒガンバナが終わった時、(もう一ヵ所のヒガンバナ・・遅いなあ・・?)と考えて、慌ててアベルモスクスの植木鉢を移動したのが、1週間くらい前。3日前には10㎝ほどの花茎(ちょうど写真の左ほどの)が、1晩で伸びてきて、それが今日は蕾を膨らませました。明日辺り開花しそうだから、芽が出て花が咲くまで4,5日しかかからないのですね。
 隣の赤いのはガーベラです。



by kochira703 | 2019-09-20 22:15 | 花木 | Comments(6)