人気ブログランキング |

<   2019年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

レモンマリーゴールド

2019.11.19(火)  晴れ
e0181373_21300645.jpg
 レモンマリーゴールドが咲き始めました。去年植えたばかりなのに、灌木のようになっています。手の行き届かない場所を任せようと思って植えたのですが、半分にしないといけません。凄いボリューム。まあ、ひととおり咲かせてから。
 その向こうに赤く見えているコキアを、今日はNさんに手伝ってもらって片付けました。可愛い色になったサルビア・コクシネアも涙を呑んで抜きました。畑の中に出てきているのは仕方ない!
e0181373_21301745.jpg
 ツリガネニンジンはいったん咲き終わった後、新しく伸びてきました。
 午前中はコキアを抜いたり、トマトやナスを片付けたり。コキアは捨てるには嵩張るので、午後から大半を燃やして、すっきりした所を耕して、作業終了。
e0181373_21302657.jpg
 写真が寂しいので、畑の周りのツワブキとノジギクを。
e0181373_21304025.jpg
e0181373_21294558.jpg





by kochira703 | 2019-11-19 21:45 | 宿根草・球根植物 | Comments(0)

ブルーベリーの紅葉

2019.11.18(月) 晴れのち曇り一時雨
e0181373_21250343.jpg
 ブルーベリーも紅葉が進みました。畑には白いノジギクとガウラ、黄スイセン、引き残った黄花コスモス、ピンクのオキザリスが咲いています。
e0181373_21251541.jpg
e0181373_21255206.jpg
 ノボタンとマーガレットコスモスの咲く方向から。階の木など他はまだ緑です。
e0181373_21261734.jpg
 ボケの花。
e0181373_21263422.jpg
 白から紫に色が変っていくビオラ。真っ白だった咲き始めの花にも、筆で刷いたような薄紫が見えています。14日には左端のは真っ白だったから3、4日で色づき始めるのですね。
e0181373_21265701.jpg
 昨日の避難訓練とその後の防災授業とで、小学校は代休日。その I ちゃんに加えてHちゃんは発熱。ばあば保育園の開園日となり、ちょうどいい休養日です。
 雨が降るとの予報で期待していたのですが、夕方に申し訳程度の雨。先日の雨も大したことなかったから、しっかり降って欲しかったのに残念でした。




by kochira703 | 2019-11-18 22:05 | ブルーベリー | Comments(4)

紅葉と春の花!

2019.11.17(土) 晴れ
e0181373_22311166.jpg
e0181373_22313123.jpg
 カシワバアジサイが紅葉。バーバスカムが急に咲いてきた感じでびっくり。さらにびっくりはその下でアークトチスが咲いていたこと。ここは庭の東の端。しばらく西の方に関心がいっていたので、蕾に気づきませんでした。春と気温的には同じなんでしょうね。
e0181373_22315985.jpg
 黒い葉はコロカシア。地植えで大株になったのは、そのまま冬越しに挑戦させます。こちらはバックアップ用の鉢植えです。
e0181373_22311861.jpg
 今日は避難訓練の日。9時の緊急放送で近くの避難場所に集合し、町内会長さんの挨拶を聞いて解散。その後小学校に集まっていろいろあったようですが、パスして庭仕事。途中からお隣さんに手伝ってもらって、バス停横の小さな花壇に苗を植えてきました。こちらも夏は諦めていたので、雑草の片付けからスタートです。春にはNaさんのビオラとナデシコとで明るくなるはず。その後ろにはアニソドンティアがうちのより元気に咲いています。
 早めに庭仕事を切り上げて、神戸までお通夜に行ってきました。
 


by kochira703 | 2019-11-17 22:54 | 花木 | Comments(0)

小春日和

2019.11.16(土)  晴れ
e0181373_20431784.jpg
 今日の仕事はサルビア・イオダンタのトンネルの向こう。白いはずのセメントの通路に黒く盛り上がっているのは・・・
e0181373_20435084.jpg
 ハツユキカズラの残骸。
e0181373_20435700.jpg
 10数年かけて根を広げたハツユキカズラでした。蔓を伸ばして花壇の中に入って行くのは、毎年除去はしていたのですが、外にはみ出したのが幾重にも盛り上がって、限界に来ていました。蔓を鋏で切りながら力任せに引っ張っても、なかなかすんなりとはいきません。
e0181373_20440952.jpg
 疲れたら空を見上げて・・・実は今朝、昔お世話になった方の訃報を知らせる電話があったのです。夏の終わりにお見舞いに行って、また来ますと言いながら、急にどうこういう状態ではなかったから、つい延び延びになって、でも18日こそはと決めていた、その日がお葬式の日になってしまいました。
 永遠の別れは突然にやってきて、自分のルーズさを悔やんでも悔やみきれない、取り返しの付かない不義理をしてしまったと、空の彼方に旅立った方のことを思いながら過ごしました。
e0181373_20444653.jpg
e0181373_20445511.jpg
e0181373_20450550.jpg
e0181373_20451719.jpg
 ハツユキカズラの根は、それはもうビッシリと固くて、この細長い花壇の周囲をぐるっと巡っていました。切れる所を切って、主な根を引きむしって、でも抜けたような気がしません。
 花壇の縁の仕切りから10㎝幅くらいを、根が埋まるだけ掘って、ビオラを並べて植えました。深く耕してやれない時は、気の毒だけど頑張ってなと、内心で声をかけるのです(笑)
 それから全体に牛糞堆肥をうっすらと撒いて、とりあえず様子見することにします。通路には、行き所のなかったラケナリアのプランターを並べました。置きながら、ビオラが陰になるかと心配になったのですが、これもまあ様子見です。
e0181373_20453377.jpg
 作業をしていると I ちゃんが来てしゃがみ込み、二人して背中をお日さまに照らされていると、「暖かいなあ、もう冬やのに春みたいや」と言います。「こんな気持ちいい日を小春日和って言うんやで」と、グッドタイミングで素敵な言葉を伝えることが出来ました。さあ、覚えているかな?



by kochira703 | 2019-11-16 21:47 | 宿根草・球根植物 | Comments(2)

今日もガーデニング三昧

2019.11.15(金) 晴れ
e0181373_20450735.jpg
 銅葉ヒマの葉がまだ綺麗だから、2本カットして3本はそのままに。葉の向こうに青空を眺めるのは最高です!
 寒いという予報だったから構えていたけれど、暖かい一日でした。でも昨日三原方面に行った時、風のきつさに驚いたのでした。やはり後ろの山に守られて、うちの庭は暖かいようです。
 一昨日の夕方メランポジウムを取り除いた後に、昨日はここまで植え込んで、2枚目は今朝の写真。今日の午前中は、チューリップとムスカリの球根を植え、オンファロデスのこぼれ種発芽を拾い上げて植え、ダンギクも移植し、3枚目の写真となりました。
e0181373_20452875.jpg
e0181373_20453980.jpg
 ネコちゃんも日なたぼっこで、暖かそう。アヤメの焦げ茶色の実はいい感じなので、切らずに残しておきます。
e0181373_20455583.jpg
 コバノズイナがいい色に染まってきました。今年は朝夕の寒暖差が大きいから、色が綺麗なんですって。
e0181373_20460796.jpg
 コバノズイナの奥を入った所に置いていたヤコウボクの植木鉢。花が終わった後、半分隠すように置いていたら、夏に枯れているのを発見。水が好きな植物だったようで、反省しきり。にも関わらず、そのままそこに放置。ところが最近、再び花まで咲いているのを見つけて、驚くやら感動するやら。
 ヤコウボクの後ろの空き地には、先日までセイタカアワダチソウが花盛りで、傷んでしまったスダチの木が実をつけていたのです。数年前まで手入れにきていた小父さんは、今は入院中なのだとか。業者に頼んで、全部除去して防草シートを敷いてもらったようです。業者さんとフェンス越しに話をした時に、ヤコウボクの花に気づいたのでした。
 「夜香る木」だからこんな所に置いては香りを楽しめないし、寒さには弱いようだから、移動しなきゃね。
e0181373_20461349.jpg
 昼からは柿を収穫(と言っても20個ぐらい)し、器量のいいのは少ないのですが、荷造りをして送ったあと、ボランティアで道の駅のプランター3つに、Naさんからいただいた苗を植え込んできました。
e0181373_20463237.jpg
 夕方1時間ほどは花壇の周囲で、ゴソゴソ。キヨスミヤマシラギクがピンク(色の写りが悪くて、そう見えないのが残念)になってきました。花期も長いし、強いし、この花は優れもの。
e0181373_20464063.jpg
e0181373_20464786.jpg


by kochira703 | 2019-11-15 21:35 | 宿根草・球根植物 | Comments(0)

半月ぶりの雨

2019.11.14(木)  雨のち晴れ
e0181373_20374719.jpg
 早朝の目覚めに、思いがけない雨音。10月29日以来です。これまで2回も、予報で雨を期待したのに空振りだったことがあり、今回もどうせ降りはしないと思っていたら、7時頃には短時間ですが、サーッと降ってくれました。写真は自室から庭を。
 昨夜は肩や背中や腕が痛く、おまけにうつむいての作業続きで胃液が逆流しているから、今日は庭仕事を休みにして、溜めていた外に出る用事を済ませ、整体にも行ってこようと決めて眠ったのでした。でも濡れた地面を見ていると、考える間もなく手が動いていて、植え替えを始めていました。もうこれは病気(笑)見境が無くなる。
 メランポジウムとセンニチコウを抜いた後に、いろいろ植え込みました。アジサイや宿根草を植える所は再度深く掘り返したり、別の場所から掘り上げて移植したりしたので、結構な手間。痛みと気持ち悪さとを誤魔化しながら、トータルで4時間は働いたかな。
 キチジョウソウが開花。
e0181373_20381279.jpg
 センニチコボウも極小の花を付けています。
e0181373_20382661.jpg
 あまり写すものがないので、庭の外れにも。うちの「ジャングル地帯」です。
e0181373_20384368.jpg
e0181373_20390185.jpg
e0181373_20391128.jpg
 するべきこと満載でしょう?! 出来ていない所は目を瞑って、綺麗になった所を見ることにしましょう! 
 咲き進むと白から薄紫に変色するビオラ。反時計回りに、順に色が変化しているのが分ります。
e0181373_20392060.jpg


by kochira703 | 2019-11-14 21:14 | 宿根草・球根植物 | Comments(6)

秋色アジサイ

2019.11.13(水)  晴れ
e0181373_20202374.jpg
 マジカルシリーズというラベルの、黄緑にピンクが差したアジサイを買ったのが、2015年の春。ノカンゾウ・ジンジャーリリー・セージ類に埋もれて、消えてしまったかと思った時期もありましたが、4年目の今年はしっかりして、花も咲きました。
 夏の花はピンクがちで、黄緑色も黄色のよう。買った時の色とは全然違いました。土によって発色が違ってくるようだから、仕方ないですね。秋まで咲かせると翌年の花は諦めなくてはいけないというので、1本だけ残しました。それが赤く色づいたのです。
e0181373_20231288.jpg
 横でコバノズイナが紅葉してきました。
e0181373_20205019.jpg
 場所はここ。銅葉ヒマの奥。褐色の葉はミョウガ。昔に植えていたのをだいぶ前に除けたのですが、少し残ってだんだん育ち、まあいいかと置いていたら、今年はミョウガの収穫までしましたよ。何でもありですね(笑)
 中央がコバノズイナ。左端がカンナ。その間にアジサイがあります。
e0181373_20212880.jpg
e0181373_20214482.jpg
 今日は遂にメランポジウムを抜きました。私が植えたセンニチコウを押しつぶして、後から出てきたこぼれ種の方が勝利するとは!
 前にせり出してきているトワダアシとホタルブクロの根をカットし、整地をして、さあ何をどう植えたものかと思案しているところ。
e0181373_20215470.jpg
 ここは先日キンギョソウとチューリップの球根とビオラを植えた所。
 昨日はハクモクレンの下の花壇に、ミヤマオダマキ等を植えました。今日は、数日前にカンパニュラを植えた、モクレンの下の花壇半分にビオラ、庭の入り口にストックとビオラと、いただいた苗を植え込んでいっています。
 雨が全然降らないので土がパサパサです。
e0181373_20220788.jpg


by kochira703 | 2019-11-13 21:08 | 花木 | Comments(2)

菊日和

2019.11.12(火)  晴れ
e0181373_20000216.jpg
 今日は正に菊日和。日差しを背に浴びて花壇を掘り返していると、上着を脱いでしまうほどの陽気。いい気持ちで庭仕事が出来ました。
 でも明日からは下り坂で、金曜日からは冬の寒さなのだとか。全くもって秋が短か過ぎますね。今年の秋は台風と大雨で大変だった(他の地方ですが、他人事で無く心配しました)し、過ごしやすい穏やかな時期は減るばかり。
 さて、嵯峨菊の瀟洒な姿と正反対なのが、庭の小菊たち。1枚目、家の北側の駐車場脇に咲きあふれているのは、昔からここにあった園芸品種の白い小菊。
 次のは南の庭で変化してきたノジギク。これは花弁が長くて綺麗です。花が小さかったり、花弁が短かったりするのは、秋の終わりに引き抜いておきます。選抜されて綺麗なのばかりになりそうですが、何故かそうでもないのです。
e0181373_20002411.jpg
e0181373_20003045.jpg
 臙脂が消え、白と黄色とピンクの3色になってしまいました。
e0181373_20010077.jpg
e0181373_20004803.jpg
e0181373_20010758.jpg
 もっと姿よく切り戻していけばいいのですが、夏には栽培放棄するから、メチャクチャです。それでも咲いてくれることに感謝しなければね。
 次はNaさんが先日レンタルしてくれたドーム菊。丹精込めて作って、綺麗なドームに蕾がびっしりの状態で、「持って帰ったら」と言ってくださるのですから、感謝感激です。お客さんや通りすがりの人も、「綺麗やなあ」と目を止めます。
e0181373_20001024.jpg




by kochira703 | 2019-11-12 20:49 | 宿根草・球根植物 | Comments(4)

大覚寺の嵯峨菊

2019.11.11(月) 曇り
e0181373_19334987.jpg
 かつては門外不出となっていた、大覚寺の嵯峨菊。江戸時代には各地で菊作りが奨励され、江戸、伊勢、肥後、美濃等の古典菊が作出されていました。江戸・肥後と並んで三大名菊と賞されていた嵯峨菊は、もともとは大沢池辺りの野菊だったそう。嵯峨天皇が手折られたそれを、長い歴史の中で、品種改良し栽培様式を洗練させていった、「雅な」菊です。
e0181373_19335843.jpg
 御殿の上から観賞するためでしょうか、草丈は2mと高く、花の数も上から3・5・7輪と決まっています。葉についても何か書いていましたが、ため息が出て、覚えるのはストップしましたよ(笑)
e0181373_19342101.jpg
e0181373_19343366.jpg
e0181373_19344122.jpg
 大沢池の周囲全部が昔は大覚寺境内だった等々、講師の先生の諸々の説明を聞かず、綺麗な紅葉の色に見入って写真を撮っていました。
e0181373_19350324.jpg
 でも真面目に聞いてもいるんですよ。聞いたことの大半は、右から左だけれど(笑)今回覚えたのが、金の蝉。
 江戸時代に東福門院和子が住まいしていた御殿を下賜された、寝殿造りの建物に、蔀戸(しとみど)を上げた時の留め具に、金色の蝉がいました。何のための飾りかというと、防火のおまじない。蝉が飛び立つときに・・・と聞いて、笑ってしまいましたが、昔の大工さんや職人さんは火事にならないようにと、祈る気持ちだったんだろうなと思ったことでした。
e0181373_19351478.jpg
e0181373_19352447.jpg
 嵯峨御所とも呼ばれ、皇族が門跡(住職)を務めてきたので、立派な勅使門や、寝殿造りの優美な佇まいなどに、格式の高さがうかがえます。また生け花の嵯峨御流の家元だけに、和服姿の女性も出入りして、お寺の雰囲気とは違うものがありました。

 この11月末で民生委員を若い人に替わってもらうことになりました。2期6年を手伝ってもらった協力員さん2人と、今日は解散会のランチに出かけました。務めはなくなってもランチ会は続けようって(笑)



by kochira703 | 2019-11-11 21:22 | 花巡り | Comments(6)

紅葉進む仁和寺

2019.11.10(日) 晴れ
e0181373_22280853.jpg
 「もう一度学ぶ日本史」ツアーの第6回は、門跡寺院の仁和寺、大覚寺と、門跡寺院ではないけれど、待賢門院ゆかりの法金剛院に行ってきました。
 桜の紅葉と仁和寺二王門。
e0181373_22281599.jpg
 国宝の金堂。寛永年間に御所内裏の紫宸殿を移築したもので、檜皮葺は瓦に替えているけれど、紫宸殿としては最も古い建築なのだとか。
e0181373_22282957.jpg
 モミジも色づき始めて、この辺りはいい感じでしたが、やはり京都の紅葉は勤労感謝の祝日の頃ですね。
e0181373_22284388.jpg
 朝の8時半に出かけて、夜の8時過ぎに帰宅。義母はゆっくり寝たいというので、1食だけテーブルに用意し、夕食は息子家族に頼んで出かけました。こんな日があっても、というよりあった方が、義母も楽しいことでしょう




by kochira703 | 2019-11-10 22:53 | 花巡り | Comments(4)